辛いマタニティブルー…。どう乗り越える?

妊娠を機になるといわれているマタニティブルー。待ちに待った赤ちゃんが生まれて嬉しいはずなのにも関わらず、気持ちがどんよりしたり、不安で眠れなくなったり、涙もろくなったりすることが多いと言われていますよね。具体的にマタニティブルーとはどういったものなのでしょうか。

今回はマタニティブルーの原因や症状、対策法について紹介していきます。

 

マタニティブルーとは

マタニティブルーとは、妊娠中の女性または出産後の女性に多く見られる情緒が不安定な状態のことを指しています。

出産の疲れや慣れない育児による疲れ、睡眠不足、育児に対するプレッシャー、孤独感などがマタニティブルーとなる要因です。それ以外にも、産後に急激にホルモンが低下することがマタニティブルーの原因に大きく関わっています。

妊娠中は女性ホルモンを始めとしたホルモンが胎盤で作られています。しかし、出産を機に胎盤が体外に出されることがきっかけで、ホルモンは急激に減少してしまいます。こういったふうに急激なホルモンの低下に体がついていけなくなり、多くの女性がマタニティブルーになるのです。

一時的なトラブルではありますが、症状が現れるのは妊娠中だけとは限りません。産後もマタニティブルーになる可能性はあります。

妊娠中であれば妊娠初期や妊娠後期、産後であれば出産の数日後から10日以内に症状が出やすくなっています。

マタニティブルーはPMS(月経が開始する3~10日ほど前に体や精神的に不快な症状)の症状が思い人がなりやすいと考えられています。

 

 

マタニティブルーの主な症状

マタニティブルーの症状は人それぞれですが、主に以下のような症状が見られます。

・不安で眠れない
・やる気が出ず、体がだるい
・自己嫌悪に陥る
・外に出るのが億劫
・食欲不振
・わけもなく涙が出る
・八つ当たりする
・怒りっぽくなる
・感情の起伏が激しくなる
・落ち着きがなくなり、集中力が欠ける

・何もしていないのに気がふさぐ

などが挙げられます。

自分でも自分の気持ちがわからなくなり戸惑う人も多くいます。

 

 

マタニティブルーと産後うつは別!

マタニティブルーと産後うつは別物です。産後うつは産後数週間から数ヵ月経ってから発症します。「うつ」は気分の落ち込みや自信が持てないなどと悲観的に考えてしまうなどといった症状が現れます。産後うつも、うつと同じです。

マタニティブルーは一過性に対して、産後うつは2週間以上(長くて数ヵ月)継続するのが特徴となっています。

マタニティブルーは病気ではないので、時間が経過すると治りますが、稀に産後うつになることもあります。

 

1 2

 

 

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別