ハッサクに含まれる栄養素にはいろいろな効果があった

みなさん果物のハッサクを知っていますか?ハッサクは爽やかな酸味の中にほのかな甘みが楽しめる果物となっています。ハッサクは皮が分厚いということから、皮を剥くのが面倒だと感じる方もいるかと思います。しかしそんなハッサクには嬉しい働きがたくさんありました。

今回はハッサクについて紹介します。

 

ハッサクを食べて得られる効果

ハッサクには美容と健康にいいと言われています。

・疲労回復
・肌のハリを持たせる
・ダイエット作用
・風邪予防
・免疫力を高める
・便秘改善

などといった効果があります。

ハッサクの旬の時期としては2~3月となっていてい、ちょうど風邪が流行っている時期ですよね。ハッサクは免疫力を高める効果もあるため、風邪を引きやすい時期にはピッタリの果物となっています。

 

栄養素も豊富!

ハッサクに含まれている主な栄養素は、

・クエン酸
・オーラブテン
・ビタミンC
・ナリンギン

が挙げられます。

〇クエン酸の働き

・乳酸の生成を抑える
・血流改善
・老廃物を分解して排出
・胃の動きを活発にする
・尿酸値を減少
・疲労回復
・痛風予防
・食欲増進

などがあります。

よくスポーツをするときにクエン酸入りのドリンクを摂取する方がいるかと思いますが、クエン酸には肥満の原因となる乳酸などを燃焼する作用があります。

その他にもミネラルやビタミンなどを糖質などと一緒に摂取することで吸収率を高めてくれることもあります。

〇オーラブテンの働き

・免疫力を高める
食欲抑制作用
・発がん抑制作用
・コレステロール値を抑える
・中性脂肪を分解
・ダイエット作用
・アンチエイジング
・がんの予防

があります。

オーラブテンには強い発がん抑制作用があります。ハッサクの皮を使ってマーマレード風にしてみたりするといいかもしれませんね。

1 2

 

 

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別