役立つ入浴方法!入浴の効果は?

入浴は一日の疲れを取ってくれる「至福の時間」ですよね。入浴することで医学的にも健康効果があると言われています。今回は、入浴することで得られる健康効果について紹介していきたいと思います。

 

お風呂の3つの効果とは

お風呂に入ることで、とてもリラックスした気分になりますよね。これはお風呂に入ることで、身体に温熱・水圧・浮力の物理作用が働くためです。効果的な入浴をするにはこの3つの作用を上手に利用することが大切です。その3つの作用について説明していきます。

 

温熱作用

お風呂に入ると体が温まります。これが「温熱作用」です。温熱作用の効果で皮膚の毛細血管や皮下の血管が広がり、血流が改善されます。それによって、体内の老廃物、コリや疲れなどがとれます。また、慢性的な腰痛や肩こりなどの痛みを和らげたり、筋肉の柔軟性を高めてくれる効果もあるのです。

脳や内臓などの身体の内部の温度のことを深部体温といい、その温度が1度上がれば免疫力が5~6倍もアップすると言われています。

〇42℃~44℃の高温浴の場合

血圧や心拍数が急上昇し、交感神経の緊張を促し、活動的にします。

〇35℃~38℃の微温浴の場合

血圧や心拍数がゆっくり下がり、副交感神経が働きます。精神的にも落ち着き、リラックスした気分になれます。これは高齢者などにおすすめの入浴方法です。

 

浮力作用

お風呂やプールに入っていると、体が浮きますよね。水中にある物体は浮力が働き、お湯につかると体重は約9分の1程度になります。

水やお湯の中では体を支えていた筋肉を休ませることができ、緊張がほぐれます。それと同時に緊張からくる脳への刺激も減少し、心身ともにリラックスすることができます。リラックス状態になると、自律神経が整い、女性ホルモンの分泌も促される効果もあるようなのです!

 

水圧作用

お風呂でも水圧をうけますよね。この圧力は胴回りは3~6cmも小さくなるほどなんです!首まで浸かることで、約560kgもの圧力がかかります。この水圧は健康効果となにか関係があるのでしょうか。

お湯に浸かっている体の部分には静水圧がかかるので、血圧やリンパの流れがよくなり、心臓の動きが活発になるのです。

また、お風呂で正座をすると骨盤のバランスがよくなるため、ゆがんだ骨盤を正すこともできますよ。骨盤が正しい位置に戻ることで、内臓の位置も元に戻り、ポッコリお腹などの解消も期待ができます。

1 2

 

 

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別