オーガニックは本当に体にいいの?

最近ではオーガニック食品や、オーガニックコスメなど、「オーガニック」という言葉をよく耳にしますよね。なんとなく体によさそうなどとイメージは湧いても、具体的にオーガニックについて意味を知っている人は少ないかと思います。

今回は、オーガニックについて紹介していきたいと思います。

 

そもそも「オーガニック」とは

オーガニックとは、有機と同じ意味です。化学肥料や農薬などを一切使わずに育てられた食物や畜産物、それらを使用した加工品などに使われます。有機栽培で作られた食物や畜産物は有機JAS認定を受け、認定を受けたものをオーガニックと呼ぶことができます。

日本で以前は明確な基準がなかったのですが、日本農林規格が改正され、「農薬や化学肥料などの合成化学物質を使用せずに作られ取り扱われた農産物で、過去3年間に合成化学物質を使用した耕地で作られた農産物ではないこと」などといった厳しい規定があります。認定を受けた食品には、JASマークというものがつけられるようになりました。

注意したいのは、酒類やコスメ、コットンなどには有機JAS認証がないことです。たとえば有機農産物でできたみりんでも、有機JAS認証がないアルコールが使われていれば、そのみりんには認証がつきません。

また、現在有機JAS認証で決められているのは、食品だけになります。コスメやコットンなどは食品でないため、有機JASの認証がつかないのです。

 

オーガニック=無農薬ではない

 

オーガニック=無農薬というイメージの方が多いかと思いますが、実は違うのです!有機認定される栽培方法の中には農薬の使用自体は認められているのです。

農薬と言っても、化学合成されたものはNGで、天然原料によるものはOKという考え方です。なので、オーガニック=無農薬ではありませんが、極力農薬を使用しない、安心安全な方法であると言えます。

1 2

 

 

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別