生活習慣改善で髪質をよくしよう

サラサラの髪は誰もが憧れますよね。良くしたいとは思っても、どうすれば改善されるのか…と悩んでいる方も多いと思います。今回は「生活習慣改善」で髪質を良くしていく方法を紹介していきます。

 

髪質改善とは?

 

髪質改善の本来の意味は「髪の毛の状態整える」ことを言います。髪の毛の健康状態は、ホルモンバランスと髪の毛の扱い方で大きく変わってくるのです。内側から健康になると丈夫な毛が生え、髪の毛の扱い方に気を付けるだけで直接傷つくことを防いでくれます。これが綺麗な髪の毛を作るために必要なのです。髪質を改善することで、以下のような効果が得られます。

 

生活習慣の見直し

 

忙しくなると、疲れてしまってお風呂に入らなかったり、寝るのが遅くなってしまったりなんてこともあるはずです。こういった生活が続いてしまうと、髪にもダメージが蓄積されてしまいます。

寝不足はホルモンバランスの乱れが起きやすく、お風呂に入らないままだと皮脂が毛穴に詰まり、血行不良・髪の毛の水分量が減少してしまうのです。それがくせ毛やうねりの原因となってしまいます。髪質を改善するためにも、できるだけ早く寝る、ゆっくりとお風呂に入ることが髪質を改善するためには必要になってきます。

ですが、ただたくさん寝たからといって髪質良くはなりません。「質の良い睡眠」を心がけることが大切です。まずは、自分に合った高さの枕や、マットレスを準備し、少しでもリラックスして寝付ける環境を整えましょう。

 

食生活の見直し

 

コンビニ食や外食、インスタント食品が続いてしまっている方は注意が必要です。髪質を改善するために積極的に摂っておきたいのは、亜鉛やタンパク質などが含まれている食品です。

〇亜鉛が多く含まれている食品

亜鉛は取り入れたタンパク質をアミノ酸に合成するために必要なミネラルです。亜鉛の効果を発揮するためにも、タンパク質やビタミンも同じように摂取することで効果が発揮されます。亜鉛を含む食べ物は、牡蠣やレバーなどがあります。亜鉛は不足しないように積極的に摂り入れることをおすすめします。

1 2

 

 

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別