ヨガの効果を高める方法○

皆さんヨガをしたことありますか?

最近では心と体の健康や美容を目的として、普段の生活の中にヨガを取り入れている人も増えてきています。ヨガのスタイルも目的によって、ホットヨガ、マタニティヨガ、ビーチヨガなど様々な名称で広がっています。

このようにヨガが一般的に認知された昨今ですが、運動の苦手な方や最初に挑戦したヨガがハードな種類だったため、ヨガに対して難しいイメージのある方多いのではないでしょうか。

今回はそんなヨガについての、多岐にわたる効果と、日常に取り入れやすい優しい方法をご紹介します

 

そもそもヨガとは?

ヨガ(またはヨーガ)は古代インド発祥の伝統的な修行のひとつです。

根本にあるのはあらゆる宗教に通じる思想であり、もともとヨガは瞑想に近い精神統一の方法でした。ヨガのベースになっているのは、その呼吸法による精神統一です。

古典的なヨガのスタイルは、海外での健康ブームによって近代的なアレンジやお洒落なイメージが加味され、ファッション雑誌などでも取り上げられ、世の女性に広く知られるところとなりました。

「ヨガ」とはサンスクリット語で「つながり」を意味し、心と肉体と魂が繋がっている状態を理想的な状態としています。呼吸・姿勢・瞑想を組み合わせて、心身の緊張をほぐし精神の安定と霊的な成長を目指すものです。

ヨガの理想とする世界は、あらゆるものの調和・統一・バランスをあらわし、身体・心・呼吸・食など、全ての領域が繋がって関わり合っているという考えに基づいています。

 

ヨガの効果って?

日本で広まったヨガはエクササイズの要素が強く、スポーツジムやヨガスタジオなどで全身を使ってポーズをとる身体技法が主流となっています。

このヨガのスタイルは、インナーマッスルを鍛える効果が高く柔軟性も高まるため、歪んだ背骨や骨盤などの骨格を緩めたり整えると同時に、筋肉がそれらをしっかり支えられるようになります。

それにより身体の歪みを改善したり、姿勢を正す効果が期待できます。

ですから、「ヨガ=体型のシェイプアップや美容、スタイル維持」というイメージがある人が多いのではないかと思います。

しかし、ヨガの最もメインの効果というのは、その呼吸法によって心を無にして雑念を払い、瞑想状態になることで自己治癒能力をアップしたり心身のバランスを整えるところにあります。

自律神経バランスが乱れると心身に不調が生じますが、ヨガにより日常的にリラックス状態を保つ時間が持てれば、あらゆる不調が緩和されストレスを受けにくい心身を作ることができます。

呼吸法メインのとがであれば、ゆっくりとした動作で難しいポーズも無いので、運動に自信がない方でも無理なく行えるといったメリットもあります。

 

〇皮膚細胞の強化

ヨガにより血行が良くなり、末端神経や毛細血管にまで新鮮な血液が行き渡ります。お肌は最も末端の器官のひとつですから、ヨガを行うことで皮膚表面にまで必要な栄養が届き、皮膚細胞が強化されます。ヨガは体内の細胞を呼び起こし目覚めさせます。その働きにより、体内のあらゆる場所の新陳代謝が活発になります。

血流が改善されることで、皮膚細胞以外にも活動が滞っていた臓器の健康が強化され、顔色が良くなり、肌荒れが改善される効果があります。

 

〇肌がキレイになる

ヨガにはデトックス効果があり、体内に溜まった老廃物が汗などと一緒に排出されたり、便秘解消などにより毒素排出を促す働きを持っています。さらに、緊張している神経を緩め自律神経系を整えるため、質の良い睡眠を与えてくれるのです。

老廃物を溜め込んでしまう体質、便秘や睡眠不足は肌荒れの大敵ですよね。

ヨガを行うことで、翌日スッキリと目覚めすがすがしい朝を迎えられ、お肌も綺麗になるので良いことづくめですね!

 

〇基礎代謝がアップ!

基礎代謝が低いと摂取エネルギーに対して一日で消費できるカロリーが上回ってしまい、エネルギー余剰分が蓄積され肥満の原因になってしまいます。基礎代謝は健康維持のうえでとても重要で基礎代謝が上がらないとダイエットをしても体重が減りづらいばかりか、自身の免疫力が低くなり、病気にかかりやすくなってしまうのです。

ヨガを行うことにより、深い呼吸が自然と身につき、日常的に全身に血液と酸素を送ることができるようになります。全身の細胞に酸素が行き渡り、活動が活発になることで基礎代謝がアップします。

 

〇精神が安定する

外部からのストレスでぐったりしてしまうことはありませんか?

ストレスを感じやすい、受けやすい、またはすぐに精神的に疲れてしまうという方は、普段の生活で神経が常に過敏になっていたり、戦闘態勢でいることが多いのではないでしょうか?人は、緊張と弛緩を上手に切り替えることで、ストレスを軽減し精神の安定を保っています。

ところが、現代人は常に緊張状態を強いられ、リラックスするということを後回しにしがちです。人は長期的に緊張状態が続くと、本来の能力を発揮できなくなったり、イライラしたり思考力が低下してストレス耐性が低くなるばかりか、よりストレスの原因を呼び込むという悪循環に陥ります。

ヨガが忙しいビジネスマンやOLの間で広まった理由のひとつ、リラックス効果によるストレスケアの作用があげられます。

瞑想状態へと自然に誘導してくれるヨガの呼吸法や動作は、脳波をリラックス状態に導き、自然治癒力による回復を促します。自律神経のバランスを整え、弛緩した身体全体へ血液の循環を活性化します。これにより心身ともにリラックスでき、疲労回復の効果があるのです。

さらには、ヨガを継続して行いヨガへの理解を深めていくことで、ストレスを受けにくい精神状態へと、自己の精神領域を高めることができます。

 

〇集中力アップ

筑波大学の研究によると、ただ軽い運動を行うだけでも脳の持久力を上げ、認知機能を高める効果が期待できることがわかったそうです。

ヨガの八支則には、「ヤマ(自戒)」「ニヤマ(自己鍛錬)」「アーサナ(ポーズ)」「プラーナヤーマ(呼吸法)」「プラティヤハーラ(感覚のコントロール)」「ダーラナ(集中)」「ディアーナ(瞑想)」「サマーディ」に分けられ、それぞれが8本の枝のように支え合って成り立っているといわれています。

その中でも、わかりやすく実践されているのが、プラーナヤーマ・ダーラナー・ディヤーナ・アーサナになりますが、アーサナでは記憶力を鍛えながら身体を動かし、プラーナヤーマでは自己の内面に意識を向けるための呼吸法でリラックス状態をつくり、ダーラナー・ディヤーナでは、疲労した脳の休息や修復を行っていくのです。

ヨガの後には、無気力やだるさなどの症状が改善し、頭がクリアになったり疲労感が解消されたという実感を経験した人も多いのでは無いでしょうか?これらの複合的な作用によって、雑念を払い集中力を高めることができるのです。

ヨガを一日たった10分でも行うことで集中力をアップすることができます。ヨガを行うことで、外界からの影響が気にならなくなり、意識が内側へ向いて集中力が高まり、仕事や勉強に精が出てきます。

 

〇冷え性改善

四季を通して冷え性だという方も多いかと思います。

実はヨガは冷え性にも効果があります。ヨガを行うことで体が温まりやすくなり、冷え性の原因として挙げられる老廃物の蓄積もヨガを行うことで徐々になくなっていきます。

エアロビなどもありますが、激しい運動ではなく、体幹をジワジワと鍛えながら深い呼吸を行っていくヨガのほうが、長時間にわたって運動後の身体の温かさを保つことができます。

また、自律神経を整えるヨガは冷え性の原因を根本から変えていきますので、継続して行うことで体質そのものの改善が期待できます。

 

1 2

 

 

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別