ダイエット歩く?走る?

運動やダイエットと言ったら「走る」ということが真っ先に頭に浮かぶ方が多いのではないでしょうか。歩くと走るのは、どちらもダイエットの定番と言えるでしょう。

しかしどちらがダイエットに効果的かわからないという方が多いのではないでしょうか。

今回はダイエットの歩く・走ることについて紹介します。

 

歩く・走るのではどちらが効率的か

効率的に言うならばやっぱり走る方が良いような気もしますが、実際はどうなのでしょうか?

まずは歩くことについて紹介します。歩くときは長時間動いているときの方が脂肪燃焼に効果的なのです。

つまり、ゆっくり長時間運動できるウォーキングは体の負荷が少ないので、運動が苦手な方、日頃運動していない方でも比較的始めやすいトレーニングなのです。

その一方で、走るのは歩くことと比べて短時間で多くのエネルギーを消費することができます。歩くのと比べると約2倍エネルギー消費量が違うと言われています。

同じ時間動くのであれば走るのが効果的ではありますが、少しハードなので運動が苦手な人や慣れていない人は難しいかもしれません。

負荷がかかる分、短い時間で効果的にダイエットができます。どちらが良いというわけではなく自分に合わせるのが大切ですね。自分にとってどちらが続けやすいか考えてみましょう。

 

自分はどっちに向いている?

前から運動に興味がある方や普段から運動している方はランニングを行えば良いと思いますが、運動をあまり行わない方は少しずつ慣れていく必要があります。

運動が好き、運動の時間が少ないと感じる方、きつい運動を行わないと気が済まない方はランニングを、その逆が当てはまる方はウォーキングを始めると良いと思います。

理想の時間や回数について

ではランニングやウォーキングはどのくらいの頻度で行えばよいでしょうか?

効率的にダイエットを行うには運動は週5日30分以上行うのが理想です。

これは15分以上体を動かすことによって糖質だけでなく脂肪もエネルギーとして使われる割合が高くなり、長く続けるほど効果的と言う理由からです。

ですが忙しかったり、根気が続かなかったりして時間が取れなかったりしますよね。そんなときは最低でも週3日を目安に行うと良いです。

15分~30分、必ずやらないと脂肪が燃焼されないというわけではなく、まずは1日5分から初めて、無理のない範囲で始めるのが大切です。

週5日30分走れれば効率的ですが、運動になれていない方は難しいですよね。ですので、最初は短い時間でも初めてみて、だんだん習慣づける方法も良いと思います。

 

食事は運動前?それとも運動後?食事量は?

ダイエットをするには、食事も重要です。おすすめとしては運動後になります。運動後の体は代謝も上がっていて、栄養素も吸収しやすくなっています。

ですので、運動後は、より体に良い栄養素を摂ることを意識しながら食事をしましょう。

ここで大事なのは何を食べれば良いかということです。もちろん運動後だからということで、ジュースやお菓子などの糖分たっぷりのものをたくさん食べると当然太ってしまいます。

大事なのは食事のバランスです。バランスの良い食事はダイエットの基本です。

自炊ができなかったり、外食が多かったり、食事管理が難しい時は1日で考えるのではなく2~3日でどんな食事をしたかで考えましょう。

例えば「昨日食べ過ぎたから今日は控えめにしよう。」や、「昨日は栄養バランスが悪かったから今日はしっかりバランスを整えよう。」といった風に考えることで、バランスを整えることができます。

 

まとめ

いかがでしょうか?大事なのはしっかりと続けることです。

ダイエットは「歩く」・「走る」どちらも良いのです。自分の今の状態に合わせて、変化させましょう。これを続けることで理想のダイエット効果が期待できると思います。

【関連記事】

「自宅で簡単にチャレンジできる?!代謝を上げる方法」

「コレステロールが上昇中…実は運動で解消できる?!」

「ダイエットの基本!新陳代謝を高める方法」

 

 

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別