腸内環境を整えてお肌のきれいに

4月になると環境の変化などストレスを抱えたり、暴飲暴食で腸内環境が乱れたりしたことはありませんか?トイレに行きたいときに行けなかったり、肉食偏った生活をしていたりと腸内環境が崩れてしまいます。今回は腸内環境について紹介します。

腸内環境の乱れはお肌の乱れ!?

腸内環境が乱れると肌が荒れるそんな経験はありませんか?なぜそうなってしまうのかのメカニズムを説明したいと思います。

便秘になると、腸内には食べ物を腐らせる有害な菌が増え、有毒ガスや活性酸素を発生させます。また、腐敗産物であるフェノール類やパラクレゾールが腸内に蓄積されます。有毒ガスや活性酸素は腸内環境を悪化させ、血液を通して全身に運ばれ、新陳代謝を遅らせる原因になってしまうのです。そうすると、吹き出物や肌のしわやシミ、たるみなどの悪影響が出てしまいます。

腸内環境の乱れの原因は食生活の乱れや筋力不足、生理前の黄体ホルモンの影響、加齢などが原因の場合もあります。

まずは食事内容を改善しよう

腸内環境の乱れになったときに初めに見直したいのは食生活です。腸内細菌のバランスが崩れると、悪玉菌は有害物質を作り出してしまいます。腸内環境を整えるための食事のコツをまとめてみました。

〇発酵食品

ヨーグルトや味噌などの発酵食品に含まれる乳酸菌には、腸内の善玉菌を増やし、腸内環境を整えるという重要な働きがあるのです。乳酸菌は腸内にとどまることができないため、毎日継続して摂取する事が重要です。発酵食品は、

・味噌

・ヨーグルト

・チーズ

・キムチ

 

〇オリゴ糖

糖の一種で、大腸まで届き、乳酸菌のエサとなったり、腸内の善玉菌を増やしたりする働きがありますが、糖の一種なので過剰摂取には注意しましょう。オリゴ糖を含む食品は、

・きなこ

・インゲン豆

・バナナ

・ニンニク

・はちみつ

・小豆

1 2

 

 

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別