腸内環境を整えてお肌をきれいに○

環境の変化や対人関係などストレスが原因で不調を感じたり、ついついストレス解消のために暴飲暴食をして腸内環境が乱れたりしたことはありませんか?

仕事や家事、育児などでトイレに行きたいときに行けなかったり、肉食偏った生活をしていても腸にストレスがかかり腸内環境のバランスが崩れてしまいます。

今回は腸内環境について紹介します。

腸内環境の乱れはお肌の乱れ!?

腸内環境が乱れると肌が荒れるそんな経験はありませんか?これまで特に経験したことがなくても、そんな話を耳にしたことはあると思います。では、なぜそうなってしまうのかのメカニズムを説明したいと思います。

私たちは、普段の生活で運動不足や食べ過ぎになり、知らず知らずに腸に負担をかけています。腸はとてもデリケートで、ストレスや食生活の乱れなどが原因で腸内環境が乱れ、便秘や下痢を引き起こします。腸内には多くの細菌が棲んでおり、善玉菌と悪玉菌がちょうど良いバランスで保たれているのが健康な状態なのですが、腸内細菌のバランスが崩れると悪玉菌が増え、悪玉菌の発生する有害物質によって肌荒れや感染症を引き起こします。

例えば便秘になると、腸内には食べ物を腐らせる悪玉菌が増え、有毒ガスや活性酸素を発生させます。また、腐敗産物であるフェノール類やパラクレゾールが腸内に蓄積されます。有毒ガスや活性酸素は腸内環境をさらに悪化させ、さらに血液を通して全身に運ばれ、末端組織であるお肌にも影響します。

ストレスや暴飲暴食は「腸内環境の乱れ」を引き起こし、お肌の新陳代謝を遅らせたり免疫力を低下させるため、吹き出物やしわやシミ、たるみなどの原因となってしまいます。

腸内環境の乱れの原因はストレスや食生活の乱れ以外にも、運動不足、生理前の黄体ホルモンの変化、加齢などが原因の場合もあります。

まずは食事内容を改善しよう

腸内環境の乱れを感じたときに初めに見直したいのは食生活です。腸内細菌のバランスが崩れ悪玉菌が増えてしまうと、悪玉菌は有害物質を作り出してしまいます。

いっぽう、善玉菌は食べた物を吸収しやすいよう分解を助けてくれるものや、ビタミンやホルモンを作ってくれるもの、免疫力を高めてくれるものなど、わたし達にとってよい働きをしてくれます。

ですから、腸内環境を整えるとは、善玉菌を増やすことでもあるのです。

そこで、腸内環境を整えるための食事のコツをまとめてみました。

〇発酵食品

ヨーグルトや味噌などの発酵食品に含まれる乳酸菌には、腸内の善玉菌を増やし、腸内環境を整えるという重要な働きがあるのです。乳酸菌は腸内にとどまることができないため、毎日継続して摂取する事が重要です。発酵食品は、

  • 味噌
  • ヨーグルト
  • チーズ
  • キムチ

〇オリゴ糖

糖の一種で、大腸まで届き、乳酸菌のエサとなったり、腸内の善玉菌を増やしたりする働きがありますが、糖の一種なので過剰摂取には注意しましょう。オリゴ糖を含む食品は、

  • きなこ
  • インゲン豆
  • バナナ
  • ニンニク
  • はちみつ
  • 小豆
1 2

 

 

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別