肌の大敵…乾燥肌をどうにかしたい!

肌のトラブルの中での厄介なのが「乾燥肌」です。女性は特に乾燥肌は気になりますよね…。今回はそんなお肌の大敵、乾燥肌の原因や対策方法などについてご紹介していきます。

 

どうして「乾燥肌」になるの?

秋や冬はもちろん乾燥肌が気になりますが、最近ではエアコンなどにより、一年中乾燥肌で悩んでいる方も多いかと思います。乾燥肌とは、角質層の水分が少なくなったり、皮脂の分泌が低下したりすることによって、皮膚の表面が乾燥してしまう状態のことを言います。特にヒジや足のすね部分、頬や口まわりなどが乾燥しやすい場所です。これらの部分は皮脂の分泌が少ないため、乾燥しやすくなってしまうのです。

 

皮膚のバリア機能が低下する原因

そもそも皮膚のバリア機能とは、外部からの刺激などから肌を守る役割を果たしています。皮膚のバリア機能が低下してしまうと、ちょっとした外部からの刺激(汗や摩擦など)などでも肌トラブルが起こりやすくなってしまいます。肌の水分が保てなくなり、乾燥しがちな肌になります。また、かゆくなって掻いてしまうと傷がつき、炎症が起きてしまうこともあります。

そんな皮膚のバリア機能が低下する原因は、以下のようなことが挙げられます。

〇紫外線によるダメージ

紫外線を浴びるとシミやシワ、乾燥肌などの肌トラブルの原因になります。肌の外側にある角質層は、特に紫外線のダメージを受けやすいため、皮膚のバリア機能を低下させる原因のひとつになっています。

〇エアコンなどによる空気の乾燥

一年中、暖房や冷房を使いますよね。そのエアコンが原因で空気中の水分が吸収されてしまい、乾燥してしまいます。長時間エアコンを使用し続けていると、さらに空気が乾燥してしまい、肌のバリア機能が低下しやすくなってしまいます。

〇皮脂分泌量の減少

皮脂は外部からの刺激から肌を守ったり、体の中の大事な物質が逃げ出さないよう体温や水分調節などの役割を果たしてくれたりします。人それぞれですが、この皮脂は年を重ねるにつれて減少する傾向にあります。

1 2

 

 

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別