シミにならない対策とは

綺麗な素肌は女性にとって憧れですよね。きちんとお手入れをしているつもりでも、いつのまにかシミができていた!なんて経験がある方も多いのではないでしょうか。そもそも、シミができてしまう原因は一体何なのでしょうか。

今回は、シミができてしまう原因とその対策についてご紹介をします。

 

シミができてしまう原因は?

いつのまにか肌にできてしまうシミは、黒色色素のメラニンが一部分に集中してしまい、肌が黒っぽく・茶色っぽく見える状態です。シミは、しわやたるみと同じく実年齢よりも老けて見られてしまう原因の1つになります。

メラニンは、紫外線を浴びると肌表面のメラノサイトという部分で作られます。メラニンは本来、紫外線から肌を守り、皮膚病や肌トラブルを防ぐバリアの役目をします。メラニンは肌のターンオーバーで肌内部から肌表面に押し上げられて、古い角質と一緒に剥がれ落ちます。

ただ、このメラニンが何らかの原因で過剰にできてしまったり、ターンオーバーがうまくできなくなったりすると、肌表面に蓄積されていきます。これがシミの原因です。

 

メラニンができる原因

上記で、メラニンが過剰にできてしまうことがシミの原因とご紹介しました。メラニンが過剰にできてしまう原因をご紹介します。

〇紫外線

メラニンが過剰にできてしまう大きな原因が紫外線です。春から夏にかけては日差しが強くなり、紫外線量も増加します。紫外線には2種類があります。

・UV-A
波長が長く、ガラス窓や曇り空を通過して、肌表面の基底層から真皮まで到達します。メラノサイトを活性化し、メラニンが大量に作られます。

・UV-B
波長は短く、肌表面に影響を及ぼします。日焼け後に、肌がヒリヒリして赤くなるのはこのUV-Bが原因と言われています。UV-Aよりも刺激が強く、細胞を壊してしまうほどの力があります。

〇活性酸素

体内に取り込まれた酸素の一部が、紫外線やストレスなどで変化したものを活性酸素と呼びます。活性酸素はメラノサイトを刺激するため、メラニンが作られる原因の1つになります。

〇瘀血(おけつ)体質

体内を流れる血は、全身に血を運ぶと同時に、老廃物を排出する働きがあります。この働きで肌のターンオーバーがおこなわれますが、血の流れが悪くなると老廃物をうまく排出できなくなります。この血の流れが滞る体質を、漢方の世界では「瘀血体質」と呼びます。ターンオーバーがうまくおこなわれずにメラニンが溜まりやすくなってしまいます。

1 2

 

 

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別