美脚を目指そう!脚のどんよりを解消する方法とは

体の中でも特にむくみやすいのが「脚」ではないでしょうか。例えば事務仕事をしていると1日中ずっと座っているからか、脚がむくみパンパンになっていることがよくありますよね。朝は平気でも、夕方になると靴がきつくなり履きにくくなることも…。

今回は美脚になるためにできる脚のむくみ解消法について紹介していきます。

 

脚のむくみの原因

体の中でむくみが起こりやすいのが「脚」ですが、脚は心臓から遠い位置に属しているため、血流の流れが悪くなりやすい部位となっています。脚のむくみは、一般的に言うとデスクワークの人に見られることが多く、同じ姿勢を続けることで脚の組織液の循環が悪くなり、細胞の隙間に水分が停滞するからと言えます。

それ以外にも、疲れが溜まった日や睡眠不足、中高年になって脚の筋力が低下した場合でも脚のむくみが起こりやすくなります。

脚の筋肉は血液を心臓に戻すポンプのような役割をしているため、筋力が低下すると血液が戻らず、血液中の水分が停滞するからと言えるでしょう。

 

むくみがあるかチェック!

みなさんの日常生活の中で、一体どれくらいむくみの原因が潜んでいるのでしょうか。チェックしていきましょう。

▢水分は冷たいものばかりを好み飲むことが多い
▢合わない靴を履いている
▢妊娠中
▢椅子の高さが合っていない
▢つらいむくみは症状が出てからケアをしている
▢すねを指で5秒押して離した際にくぼみが残る
▢長時間同じ姿勢でいることが多い
▢肥満傾向にある
▢運動をしない

多く当てはまった方は要注意かもしれません。

 

むくみを放っておくと病気に繋がる?

脚のむくみを放置していると病気に繋がる恐れがあります。

〇下肢静脈瘤・心不全

下肢静脈瘤と心不全も脚のむくみの原因となります。どちらも夕方になると脚のむくみや疲れが出やすくなり、その症状が続く場合には注意しましょう。

下肢静脈瘤とは、脚の静脈の逆流を防ぐためにある弁に障害が起こり、血液が脚に溜まりやすくなる病気です。脚がむくみやすく、夜中につることもよくあります。すぐに生命にかかわる病気ではありませんが、血管が皮膚の表面に盛り上がるため注意が必要です。

心不全とは心臓がポンプの役割を果たせなくなった状態のことを言い、心臓が血液を送るときの圧力が低下すると、心臓から距離がある脚の血行が悪くなり、脚のむくみへと繋がります。

〇肝臓・腎臓

脚のむくみと関連しているアルブミンですが、アルブミンは血液中に多く含まれるたんぱく質の一種で、アミノ酸などの栄養素を運搬するほかに、血液の浸透圧を調整する働きを担っています。

このアルブミンが低下すると細胞間質にある水分を血管に取り込む圧力が弱くなり、水分が溜まりやすくなります。アルブミンはたんぱく質をもとにして肝臓で合成され、腎臓でろ過されています。そのアルブミンが低下している場合は、肝臓や腎臓などに障害がある可能性が高いです。

1 2

 

 

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別