日焼け止めは4月からの対策が重要だった

これからの時期、気になるのが日焼けです。太陽に当たっていると肌が黒っぽくなってしまいます。また、日焼けは肌がヒリヒリしたり赤くなったりもします。一度日焼けをするとなかなか元の肌の色には戻らないので、特に女性には大変ですよね。実は日焼けは、4月から対策をした方がいいのです。なぜそんなに暑くもない4月から必要なのでしょうか。今回はその日焼け止めについてご説明します。

 

なんで4月からの対策が必要なの?

紫外線と聞くと、夏のギラギラした日差しが照り付ける時期を思い浮かべるかもしれませんが、紫外線は夏以外にも地上に降り注いでいます。確かに7月や8月は紫外線量がとても多く、肌が日焼けしやすい季節です。4月は紫外線が急激に増える時期となっています。その増え始めた時期の紫外線が肌に蓄積されて、紫外線がピークを迎える夏の時期に肌が焼けやすくなっているのです。冬時期は夏ほど紫外線が強くはなく、強い紫外線に肌が慣れていないため、より一層ダメージを受けやすくなっています。

皮膚の中にあるメラニンという黒い色素は、紫外線から肌を守る役目をしています。肌が日焼けするのは、太陽から発生する紫外線から身を守ろうとして、メラニンが大量発生することで黒く見えています。紫外線が一番強いのはお昼の時間帯です。9時ごろから急激に増加して、12時ごろにピークを迎えます。そのため、強い紫外線を受けないように対策をする必要があるのです。

 

紫外線には種類がある!

紫外線には実は2種類あります。その2種類は、それぞれ肌に与える影響が異なります。

〇UV-A

UV-Aは波長が長い紫外線で、肌内部の真皮まで届きます。表皮の奥にあるメラノサイトという部分を刺激してメラニンが多く作られ、肌が黒っぽくなる原因になります。雲や窓ガラスを通過してしまうので、曇りの日や車での移動の際も注意が必要です。

〇UV-B

UV-Aが主に肌内部に影響を及ぼすのに対して、UV-Bは波長が短く、肌表面に影響を与える紫外線です。日焼けをしたあとに、肌が赤くなったりヒリヒリしたりするのはこのUV-Bの影響です。乾燥やシミ・ソバカスの原因にもなります。

肌内部、表面ともに刺激されてダメージを受けてしまいます。肌を守るためには紫外線を避けたり、肌に当たる紫外線量を減らしたりする必要があるのです。

1 2

 

 

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別