食べる日焼け止めとは?!

アウトドアやスポーツが楽しくなる春は、日焼けが気になり始めますよね。美肌を保つためには、日焼け止めクリームや紫外線対策は必須になります。日焼け止めは体の中からでもできるのです。

今回は食べる日焼け止めについて紹介します。

 

日焼けが気になり始めたら…

山や海、スポーツを楽しんだり、アクティブになったりできる季節です。普段の食事で体の中から日焼け対策をしておくと、日焼けのダメージを少なくできます。日焼けダメージを少なくするには、普段から何の栄養素を摂取すればいいのでしょうか。

〇ビタミンACE(エース)

ビタミンA、C、Eは他の成分よりも優れた抗酸化力を持っている栄養素です。新鮮な野菜・果物に含まれているため、普段の食事で積極的に摂取することで、シワやシミを予防できます。

・ビタミンA
モロヘイヤやカボチャなどに多く含まれる脂溶性のビタミンです。健康な皮膚や粘膜の維持にとても必要な栄養素で、肌にうるおいやハリを与え、紫外線から守る働きをしています。

・ビタミンC
パプリカやアセロラジュース、いちご、ブロッコリーなどの野菜や果物に多く含まれる水溶性のビタミンです。コラーゲンの生成が促され肌にうるおいとハリを与えます。シミの原因にもなるメラニンの生成を抑え、黒くなってしまったメラニンを薄くするという美白効果もあります。

・ビタミンE
アーモンド、レバー、卵、ゴマなどに含まれる脂溶性ビタミンです。血行を促すことで代謝も高まり、ターンオーバーを促進します。そのため、メラニンの排出をスムーズにし、ソバカスやシミの生成を防ぎます。

1 2

 

 

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別