夏野菜で夏を乗り切る

皆さん夏野菜は好きですか?夏野菜といえば、キュウリやオクラ、カボチャ、トマト、ナス、ピーマンなどが有名です。これからの季節、うんと美味しくなる夏野菜!旬の野菜は美味しいだけでなく、安く栄養価の高いものが多いのです。さらに、旬の野菜にはその時期の気候に合わせ、わたしたちの体の調子を整えてくれる働きがあると言われています。

特に、暑さで体の調子を崩しやすい夏を乗り切るために、夏バテ予防効果のある野菜を食べたいものです。

今回は、そんな夏を乗り切る夏野菜とその効果についてご紹介いたします。

 

夏野菜にはこんな栄養素が!

夏野菜に含まれる栄養素は、ビタミンC、ビタミンE、β-カロテンなどがあります。これらは、全て夏バテの予防に効果があるとされている栄養素になります。

特に、カボチャやトマトにはこのビタミンC、ビタミンE、β-カロテンの3大抗酸化ビタミンを全て含んでいるので、夏バテ予防には持ってこいの食材になります。

〇ビタミンC

夏の暑さと室内の冷房の寒暖差で体調を崩しやすい夏に嬉しい風邪予防の効果や冷房による乾燥、紫外線ダメージなどからお肌を守る作用などがあります。

〇ビタミンE

脂溶性ビタミンの一つです。生体内の細胞膜や酸化障害から守る働きを持っています。

〇β-カロテン

β-カロテンはビタミンAに変換されて作用するため、皮膚や粘膜の健康を維持、紫外線の強い夏のダメージなどの光刺激飯能に重要な役割を果たしてくれます。β-カロテンは抗酸化作用だけでなく、免疫を高める免疫賦活作用もあるとされています。

 

新鮮な夏野菜の選び方

どんな野菜も鮮度によってその栄養価も変わってきます。そこで、スーパーなどで買うときに鮮度が良いものを選ぶポイントをご紹介いたします。

〇キュウリ

キュウリは全体にツヤとハリがあるもの。さらに表面のトゲが硬くなっており、触ると少し痛いと感じるくらいのものが新鮮です。太さが均一で真っ直ぐなものが特におすすめになります。

1 2

 

 

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別