脂肪燃焼をするには適度な辛さ

「年齢を重ねるにつれてお腹のお肉が増えてきた…」と悩む方が多いのではないでしょうか。1度ついた脂肪って中々落とすのが難しいことかと思います。そもそも脂肪を燃焼するには、どういったことが効果的なのか、みなさん知っていますか?

今回は脂肪燃焼に関わるお話について紹介していきます。

 

脂肪について

脂肪がついているお腹を見ると、余分な脂肪だなと思いますよね。しかし、そもそも脂肪について詳しく知っていますか?そこで脂肪細胞について紹介します。

〇白色脂肪細胞

一般的に「脂肪」として知られているもので、この白色脂肪細胞は、体内で使い切れずに過剰となったエネルギーを中性脂肪として蓄える働きがあり、いわゆる脂肪太りの原因となる細胞です。皮下や内臓の周囲に多く存在していて、胎児期、乳幼児期、思春期に集中して増殖し、1度作られると減少しにくいのが特徴です。

〇褐色脂肪細胞

この細胞は白色脂肪細胞とは違って、脂肪を減らす機能を持っています。脂肪細胞であるのにも関わらず、その脂肪を燃やしてエネルギーを消費することが期待されています。成人では肩甲骨や胸部大動脈周辺に少量存在しています。

幼児期の頃は脂肪を燃焼して体温を維持しているため、褐色脂肪細胞が多く存在しています。しかし、成人になると熱源が骨格筋へと移行するため、一部を残して減少していきます。

 

脂肪を燃やすとは

私たち人間は、寒さなどの刺激を受けると交感神経の活動が活発になります。そうすると、リパーゼという酵素が活性化され、中性脂肪をグリセロールと遊離脂肪酸へと分解します。脂肪は分解しないと燃やすことができません。エネルギーとして消費するためには、やはり運動が効果的といえるでしょう。

1 2

 

 

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別