腸内フローラで腸内環境を整えよう

最近、テレビでもよく「腸内フローラ」という言葉を耳にしますよね。この腸内フローラは、肥満や病気に大きく関係すると言われていますが、この腸内フローラにはどういった効果が秘められているのでしょうか。

今回は腸内フローラと腸内環境の話をしていきたいと思います。

 

腸内フローラとは

私たちの腸内には、いろいろな細菌が生息しています。特に小腸から大腸にかけて生息していて、これらの様々な細菌がバランスをとりながら腸内環境を整えているのです。顕微鏡で覗くと花畑のように見えることから「腸内フローラ」と呼ばれるようになりました。

そんな腸内フローラは健康に関わる3つの役割を担っています。

・腸内フローラのバランスを保ち、健康を維持する
・消化できない食べ物を体に良い栄養物質へ作り変える
・腸内の免疫細胞を活性化し、病原菌などから体を守る

 

腸内細菌の種類

腸内フローラを構成している腸内細菌には3種類の細菌が存在しています。

〇善玉菌

体に良い影響を及ぼす菌です。腸の働きを活性化させ、便秘や下痢を予防したり、病気に対する抵抗力を高めたりしてくれます。

〇悪玉菌

善玉菌とは逆で、体に悪い影響を及ぼす菌が悪玉菌となっています。主に腸内の腐敗が進行し、便秘などを引き起こしやすくなります。

〇日和見菌

良い働きも悪い働きもしない細菌です。しかし、善玉菌が多いときはおとなしく、悪玉菌が多いと有害な作用を及ぼすことがあります。

 

腸内フローラのバランスが乱れる要因

腸内フローラのバランスは、様々な要因によって日々変化します。

〇加齢

赤ちゃんの頃には善玉菌はたくさんありますが、成長とともに腸内が変化し、善玉菌と悪玉菌のバランスが取れた腸内フローラへと変化します。

しかし、年齢を重ねるとともにビフィズス菌が減り、ウェルシュ菌といった悪玉菌が急に増加します。このように腸内環境の変化は、加齢と関係していると言えるでしょう。

〇食事

昔の日本人は野菜や穀物が中心の食生活を送っていました。しかし、今は肉中心の生活をしている人が多く、そうなることによって悪玉菌が増えて、健康な腸内フローラが保ちにくくなります。

〇ストレス

腸と神経は密室な関係にあるため、精神的なストレスによって腸内環境が乱れると便秘といった症状が起こりやすくなります。

 

腸内フローラのバランスが乱れると…

腸内フローラのバランスが乱れると、悪玉菌が作り出す有害物質が増えて、下痢や便秘、肌荒れなどといった体の不調に見舞われることがあります。

善玉菌を優勢にするには、腸内フローラを保つことが健康的な毎日を過ごすためにとても重要になってきます。

1 2

 

 

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別