豆乳ヨーグルトは新しいヨーグルト!

最近、人気を集めている豆乳ヨーグルトについて知っていますか?牛乳から作られたヨーグルトと豆乳ヨーグルト、どっちを選んだらいいか迷ってしまいますよね。豆乳ヨーグルトがどのようなものなのか、作り方などを紹介していきたいと思います。

 

豆乳ヨーグルトってなに?

豆乳ヨーグルトとは、豆乳に乳酸菌を加えて発酵させてできた、植物性のヨーグルトです。トロンとした絹ごし豆腐のような食感が特徴なのです。乳酸菌や大豆イソフラボン、大豆たんぱく質といったものが含まれています。

市販されている豆乳ヨーグルトはプレーンのものや果物の味などがあり、食べやすくなっています。

 

豆乳ヨーグルトの効果

豆乳ヨーグルトは豆乳を原料として作られているので、牛乳とは違う効果を体にもたらせてくれます。

〇腸内環境

豆乳ヨーグルトに含まれる植物性乳酸菌は、小腸や大腸まで生きて届くものが多いです。大豆は大豆オリゴ糖がヨーグルトに含まれるビフィズス菌や乳酸菌のえさになっているので、さらに乳酸菌の働きが活発になり、便秘や下痢などの症状を抑えてくれます。

腸内環境が良くなることで、便秘解消もですが、免疫力が高まります。

〇女性が嬉しい

大豆イソフラボンは植物性のエストロゲンと呼ばれ、女性ホルモンのような働きをしてくれるのです。お肌の調子を整える、生理痛や骨粗しょう症の予防、月経トラブルや更年期障害にも効果が期待できます。

〇ダイエット効果

豆乳ヨーグルトには大豆サポニンという栄養成分が含まれています。大豆サポニンは血液中の悪玉コレステロールや中性脂肪を減少させる効果が期待できるため、肥満の予防に効果的だといわれています。また、豆乳ヨーグルトは満腹感が続くといわれているため、食べ過ぎを予防しダイエット効果も期待できます。

 

一般的なヨーグルトと何が違うの?

一般的な牛乳から作られるヨーグルトと豆乳ヨーグルトの違いは動物性であるか、植物性であるかです。動物性と植物性の違いから、乳酸菌や脂質、たんぱく質など様々な面で違います。

豆乳ヨーグルトは一般的なヨーグルトに比べて、「低カロリー」で、「低糖質」のためヘルシーで、また、「鉄」や「葉酸」が多く含まれていますが、一般的なヨーグルトと比べると、カルシウムの量が少ないのです。

一般的なヨーグルトと、豆乳ヨーグルトはそれぞれ、メリットとデメリットがありますが、豆乳ヨーグルトの方が健康的には特化しています。

1 2

 

 

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別