骨盤のゆがみを予防しよう

なんとなく身体の調子が悪いと感じたり、肩が重いと感じたり…。腰痛がひどいなどといった悩みはありませんか?その悩みの原因は、骨盤のゆがみかもしれません。妊娠や出産、デスクワークや運動不足など偏った体勢をしていると骨盤がゆがみ、体に負担がかかっている可能性があります。

今回は、骨盤のゆがみを紹介しています。

 

骨盤がゆがむ原因

骨盤は上半身と下半身をつないでいる大事な部分です。実際は大きな骨ではなく腸骨、恥骨、仙骨、座骨など複数の骨から成り立っています。脊柱とともに体を支える土台のような役割があります。体を支えるこの土台がゆがむと全身に影響を及ぼします。

これらの骨は、人体や関節、筋肉などによって支えられていますが、出産や姿勢の悪さ、運動の衝撃などによって、結合部分がゆがんだり、ずれたり、骨が傾いたりすることもあります。そのような状態の総称が骨盤のゆがみです。

〇運動不足

運動不足によって筋力が弱まってしまうと、体を支える筋力も弱くなり正しい姿勢をとることが難しくなるのです。

〇姿勢

骨盤周辺の筋肉や関節に余計な負担がかかる原因としては、癖が関係しています。どちらかの足に体重をかけて座ったり、足を組んだり、猫背などといった姿勢は悪い癖です。産後のお母さんは赤ちゃんを抱く姿勢にも気を付けてください。

〇妊娠・出産

妊娠するとどんどんお腹が大きく、重くなっていきます。そうすると、体の重心もずれていきやすいのです。それによって、骨盤周辺にも負荷がかかり続け、痛みが生じる原因になります。

また、骨盤のゆがみという言葉の意味に一番近いのは、出産に伴う骨盤の変化です。妊娠中は女性ホルモンの影響によって骨盤や関節や靱帯が緩められます。出産後に腰に痛みや違和感があるならば、靱帯や骨盤周辺の関節からきている痛みかもしれません。

骨盤がゆがんでいる原因が、運動不足な人や姿勢が悪い人は意識的に運動したり、癖をしないといったりで骨盤のゆがみ予防にもなります。

1 2

 

 

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別