プロテイン カロリー「気がるに摂取できるプロテインとカロリー一覧」

日本では体作りや筋トレのためのサプリメント的なイメージがあるプロテイン。

「プロテイン」とは、人間が生きていく上で最も重要な栄養素の1つであるタンパク質を意味しています。

粉末状のプロテインは、水で溶かすだけで不足しがちなタンパク質を気軽に摂取できると人気があります。

また、良質なタンパク質が少ない量で摂取できるため、ダイエットや美容面でも活用されるようになってきました。

今回は、女性や初心者でも気軽に摂取できる注目のプロテインについて紹介します。

プロテインとは

日本では健康食品として扱われていることが多いプロテイン。

「プロテイン」とは、英語でタンパク質のことです。

日本で販売されているプロテインは

■ホエイプロテイン

■カゼインプロテイン

■ソイプロテイン

の3種類に分かれています。

タンパク質とは、筋肉・血液・内臓・皮膚・髪・爪といった人間の体を作るために必要な栄養素。

不足すると、貧血・怪我・体の疲れ・体調を崩すなどの不調が現れやすくなります。

タンパク質は、肉・魚・卵・乳製品・大豆といった食品に多く含まれています。

毎日の食事から摂取しようとすると、脂肪量も多くなるためカロリーオーバーになる場合も。

プロテインは良質なたんぱく質だけを摂取できるので、間食や食事の一部をプロテインに置き換えることで、一日の摂取カロリーを抑えることが可能となっています。

また、ビタミンやミネラルが豊富だったり、低カロリーで低脂肪だったりする商品もあるため、ダイエット目的や食事制限をしている方にも注目されています。

プロテインの飲み方

プロテインは水で溶かして飲むのが一般的です。味を損なう心配もなく気軽に摂取できます

ダイエット目的の方は、牛乳や豆乳と組み合わせれば空腹感を感じにくいメリットもあります。

筋力・筋量アップが目的の場合は、筋肉の回復を早めるために運動後30分以内に摂るのが理想的。壊れた筋組織の回復を早めます。

ダイエット・食事バランス改善目的の方は、腹もちを考えて食事の前後や寝る前がおすすめです。

とくに就寝中に成長ホルモンを働かせるためにはタンパク質が必要不可欠。寝る前にプロテインを摂取することで、疲労からの回復や新陳代謝を助ける働きもあります。

ただ、毎日の食事をプロテインに置き換えることは避けてください。

食前にプロテインを摂取するとお腹がいっぱいになる方は、食後に摂取するようにしましょう。

1 2

 

 

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別