【美容のプロ回答】日常のケアに関するお悩みQ&A

スキンケアに関する読者の皆様からの疑問やお悩みに、美容のプロであるリセラテラスのスキンケアのスタッフがお答えします。

 

お肌は毎日お手入れするものです。そんな中でも、日々いろいろなトラブルがお肌には起こります。

きれいな素肌をキープするために、毎日のケアでどんなことに気をつければいいの?今回は、そんな日常のケアに関するお悩みにお答えします。

 

 

肌によい正しい洗顔方法は?  (20代・アリサ)

洗顔の基本は、お肌に負担をかけないことです。そのためには、お肌に合った刺激の少ない洗顔料を選んでください。

ゴシゴシこすったり、急いで洗ったりすることも、お肌への大きな負担となってしまいます。

洗顔するときには、まず最初にアリサさんの両手のひらで洗顔料をしっかり泡立てましょう。

そのたっぷりの泡を使って、泡の弾力で毛穴の奥を洗うイメージで、優しく心地良く洗ってあげてくださいね。

(回答者:リセラアカデミー代表藤川)

 

おすすめの角質ケア方法を知りたいです。(20えりんぎ)

肌質によって変わりますが、タンパク質分解酵素の入った洗顔料はお勧めです。
ピーリング作用がある洗顔料ももちろん良いのですが肌質を範囲狭く限定する為、比較的肌が弱いが角質ケアが必要な人などは、余分な角質だけ取り除く、酵素入り洗顔料を使うと負担無く使いやすいと思います。パパイン酵素は皮脂詰まり、角質と、いらないたんぱく質だけを取り除く成分なので、自分の肌質が良く分からない人で角質ケアをしたいと考えている人は酵素入り洗顔料を週に1回~2回使用することをお勧めします。

また肌が弱い人はその後に保湿を行うことで剥がれおちた角質の上に外敵から守るバリアを人工的につくる事で肌が不安定な状態を作らないと思います。
もちろん肌質が強い、皮脂や角質が多い人はピーリング作用のある洗顔料の使用をお勧めしています。その人の肌状態によって、角質ケア製品の選択を行いましょう。

洗顔だけでなく最近はジェル状の角質ケア製品を使用することで優しくいらない角質のケアを行う製品も販売されています。どんな製品でもやりすぎは肌への負担になりますので、自分の肌と会話しながら使用してください。

(回答者:漢方養生スタイリスト福田

 

 ニキビになりやすい肌はどうしたら改善できますか?(20代・MAMI)

ニキビができるときには段階があります。最初は毛穴がふさがれることからニキビは始まります。

まずはていねいなクレンジングと洗顔で毛穴を正常な状態に保つことを心がけてください。MAMIさんのお肌がオイリーでしたら、皮脂腺をコントロールするビタミンCの美容液を使ってみましょう。

また、水分不足からの乾燥を防ぐことも大切です。肌表面のpHを常に弱酸性に保つこともニキビの進行を防ぐことに役立ちます。

生活の中では、お肌への刺激を避け、潤いのあるお肌をキープしてくださいね。

(回答者:リセラアカデミー代表藤川)

 

おすすめの小顔マッサージ方法はありますか?( 20代・りえ)

まずは顔のムクミを取りましょう。腕を大きく開いて回し、ワキの下や肩甲骨を伸ばすストレッチからスタート。

次に鎖骨のまわりをほぐして余分な水分の出口を確保すれば、準備は完了。

 

アゴの裏やほほ骨の下、目の周りやこめかみなど、両手の平で優しく顔の骨を感じてみてください。

凹んだ部分がわかりますよね。

そこが余分な水分が溜まりやすい、むくみやすい場所です。皮膚をこすらず、どこまでも優しくゆ~っくり、内から外へと流してあげてください。

顔が小さくなって、りえさんの本来の美しい骨格がよみがえると思いますよ。

 (回答者:リセラアカデミー代表藤川)

 

 

顔がむくんでいるときは、どうしたら元にもどりますか?  (30ふふ)

むくみの原因は細胞と細胞の間に水がたまることが原因です。

顔がむくむのはアルコールなどの摂取よって静脈やリンパの処理が血管拡張することでうまくいかないとみくみやすくなります。

 

また、むくみの原因は水が溜まることです。
水は上から下に流れますので寝ている間は顔のむくみの一因になりやすいと言われています。むくまないためにはアルコールを控える事が一番ですが、もし、ふふさんがアルコールを飲まれない人であれば、他に原因があると思います。

よく言われるのが塩分の取り過ぎや寝る前の水分の摂り過ぎ、逆に水分不足、血液循環が悪い事でむくんでいるなど上げられます。

もし顔がむくんだ時、どのような対処を行えば良いのでしょうか?

 

原因を元に考えてみましょう。

    1アルコールを控える(わかっちゃいるけどですよね・・・)

    2利水効果のある食材をとる(ウリ科、マメ科)

    3カリウムを取り水分調節のバランスをとる(バナナ、りんごなど)

    4お風呂に入って血流を良くする

    5塩分を控える

など顔がむくんだ時の対処方法として言われています。
もし生活習慣や食生活を改善しても毎日むくむようであれば別の原因が考えられますので、かかりつけのお医者様に相談、または診察してもらうことをお勧めします。

(回答者:漢方養生スタイリスト福田

 

 

クマができやすいのですが、その解消方法はありますか? 色別に対処方法が知りたいです( 30代・トミィ)

クマは症状によりその原因もさまざまですが、一般的に「クマ」と言われるものは、目の周りの血行不良が主な原因とされています。

クマを改善するためには、目の周りを温めることや頭皮のマッサージが有効です。指圧も有効ですが、強すぎる圧は肌に負担をかけて逆効果になってしまうことも。

 

「クマができやすい」というのはまだ初期段階ですが、目元の疲れのサインでもあります。トミィさんはまず血流を良くするケアをされてみてはいかがでしょうか。クマには、酸素の欠乏により起こる青グマや、皮膚に黒ずみが起こる黒グマなどの種類があります。クマの色が気になる時は専用のスキンケアなども出ていますが、まずはカウンセラーへのご相談をおすすめします。

(回答者:リセラアカデミー代表藤川)

 

1 2

お悩み相談フォーム

性別
年代
名前・ハンドルネーム必須
メールアドレス
タイトル必須
内容必須


 

 

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別