【美容のプロ回答】紫外線に関するお悩みQ&A○


スキンケアに関する読者の皆様からの疑問やお悩みに、美容のプロであるリセラテラスのスキンケアのスタッフがお答えします。

紫外線はお肌にとって最も避けなければならないものの一つです。
紫外線を浴び続けると一生残るシミができてしまうこともあります。

今回は、そんな紫外線に関するお悩みにお答えします。


日焼けのあとに対処すべきことはなんですか?(30代・のりちゃん)

日焼け止めを塗っていたけど日に焼けてしまった・・・そんな時ありますよね。そんな時の対処方法は3つです。覚えておきましょう!

  • 冷やす
  • 保湿する
  • 水分補給する

この3つで取り急ぎ焼けてしまった肌を整えましょう。日焼け後の色素が気になるからと言って炎症している肌に美容成分を入れるのは刺激になりお勧めしません。

まずは炎症状況を落ち着かせる事を優先していきましょう。

 

【美容のプロ回答】紫外線に関するお悩みQ&A


「日焼け」は太陽からの紫外線B波によって皮膚がやけどを起こしている状況です。

その為、炎症した肌は放置して炎症が治まってくると、色素になって肌に傷跡を残します。
日焼けをしてしまったらまず、炎症を抑える事が大事になりますので、1番は「冷やす」事が重要です。

炎症していますので氷を直接載せたりすると肌への負担になる可能性があります、氷水で浸したタオルを絞って炎症か所に乗せて鎮静したり、季節によっては冷水のシャワーで炎症か所を鎮静してあげましょう。

その後、日焼けした肌は水分が失われ乾燥しますので、保湿を充分してあげましょう。
バリア機能が低下していますので保湿剤を使い、失われた水分の補給と人工的にバリア機能を作って肌を守ります。

そして内側からも水分補給をする為にも、常温のお水を飲んで潤いをプラスしてあげましょう。

日焼けに気づいたら「冷やす」「保湿」「水分補給」をできるだけ早い段階で行うとその後に残る肌トラブルが緩和されます。

(回答者:漢方養生スタイリスト福田

 

1 2

お悩み相談フォーム

性別
年代
名前・ハンドルネーム必須
メールアドレス
タイトル必須
内容必須


 

 

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別