意外とにおう?冬の汗臭対策

皆さんは冬の電車や会議室で、冬特有の汗臭さを感じたことはありませんか?

冬はあまり汗をかいていないはずなのに、「なぜ汗の匂いが気になるんだろう」と思うかもしれません。

実は冬には、夏場とは違った汗臭の発生するメカニズムがあったのです。

今回は、そんな時に的確な対策ができるよう、冬の汗臭さの原因解明と汗臭対策をご紹介します!

汗が臭くなる原因

実は汗自体は無臭です。

汗をかいたときの嫌な匂いは、汗そのもののにおいではなく、細菌が汗や皮膚の汚れを好み反応して増殖すること独特の汗臭さの原因になっています。また、疲労やストレスなども、汗の匂いを強くする原因になるといわれています。

もともとは無臭な汗も、かいたまま放置するとにおいを発してきます。全身のいたるところに「エクリン腺(漏出分泌腺)」という汗腺があって、ここから出る汗は約99 %が水で、ほかは塩分やアミノ酸、尿酸などなのですが、この汗を放ったままにすると皮膚表面にある皮脂などの汚れや垢と混ざり合い、それらが細菌に分解される際に匂いを発ます。

また、「エクリン腺(漏出分泌腺)」とは別に「アポクリン腺(離出分泌腺)」という汗腺も存在しています。

この汗腺は、脇の下や陰部、乳首など身体の限られた部分に存在しており、毛根の根本にある毛包という袋とともに存在しています。この汗腺から出る汗は毛に沿って分泌されており、本来は無臭ですが、水のほかにタンパク質や脂質、脂肪酸など、独特のニオイのもとになりやすい成分を多く含んで体表に排出されるため、特有の匂いがあります。匂いが強い場合を「ワキガ」と呼びます。

疲れやストレスなどが汗臭の原因になることもあります。これは、疲労やストレスなどによる肝機能の低下が血中のアンモニア濃度を高くするためです。アンモニアはかいた汗と混ざり合い、ツンとしたにおいを発し「疲労臭」や「ストレス臭」と呼ばれる特有の匂いを発します。

そのほか、胃腸機能が低下し食べたものが消化されずに腸内で腐敗すると「腐敗臭」、糖尿病や糖質制限ダイエットなどで糖質を極端に制限した場合などは「甘酸っぱい匂い」、老化や生活習慣病などを患うことで増加する「加齢臭」、日本人ではおよそ10人に1人の割合で主に思春期から発症する既出の「ワキガ臭」などがあります。

冬に汗が臭うのはなぜ?

冬の方がにおいが強くなるのは、汗の成分濃度、かく場所、服装などが原因として考えられます。

①汗の成分

汗腺は血液から汗を生成していますが、通常、健康な状態の汗腺は血液に含まれるミネラルやアンモニアを血管に戻し、無臭の水分に近い汗を出します。

しかし、気温が低下し汗の分泌量が減ったことで活動量が落ち機能が衰えた汗腺は、この濾過作用をうまく行えず血液中の成分が残った状態の濃度の高い汗を出します。つまり匂いの元となるタンパク質やミネラル、アンモニアなどが含まれた汗です。

明日調査では、夏(7月)と冬(11月)の汗の成分を比較すると、冬はナトリウムの量が2倍以上になっていたそうです。ナトリウムが多いと皮膚の表面はアルカリ性になり常在菌が繁殖するため、夏よりにおいが強い汗になるのです。

②汗をかく場所

次に、汗をかく場所や汗の種類の違いが挙げられます。夏は体温が高くなったときに出る「温熱性発汗」が多いため、全身からじんわりと出る水分量の多い汗が中心です。

一方、気温の低い冬は全身性の「温熱性発汗」が少なくなり、脇の下などの部分的発汗が多くなります。この汗の種類は、緊張すると手のひらに出る「精神性発汗」と同じもので短時間で大量に発汗するのが特徴です。

「精神性発汗」の場合、アポクリン腺が多く存在する場所(脇・陰部・乳首など)から出ることに加え、急激に出るため、血液成分を濾過する余裕がないまま成分が濃く匂いの強い汗が出てしまうことになります。

③服装

冬にかく汗は、汗腺の濾過機能の低下や、かく汗の場所や種類によって匂いが強くなる傾向があります。

そのうえ、冬は衣服を重ね着するうえに、防寒のために空気を通さない密度の高い服を着ています。コートやニットなどは、そうそう毎日選択するものではありませんので、かいた汗の匂いが吸収され蓄積することになります。

また、室内でも、夏のように汗をすぐに蒸散できるほど肌を露出していません。暖房や加湿器などをかけた密室状態で過ごすことが多いでしょう。

これによって、冬は匂いの強い濃い汗が、肌表面に長時間留まることになり、密閉された空間に汗臭が溜まってしまいます。

汗臭い匂いを防ぐには

匂いの原因を抑える

発汗量を抑えるだけの制汗剤は、汗腺の機能を低下させ、老廃物を多く含んだ質の悪い汗をふやす結果となってしまいます。

そこで注目したいのが、ミョウバンによる消臭効果です。

ミョウバンは古代ローマ帝国の時代から使われていた最古の制汗剤で安全性も高く、特にアンモニアに対して優れた消臭効果を発揮します。つまり、汗のイヤな臭いの原因となるアポクリン腺から出る汗の臭いを抑える効果があるのです。

ミョウバンの含まれた制汗剤であれば、アルカリ性を中和して肌を弱酸性に保ち常在菌の繁殖を抑える働きがあるため、汗臭の原因を抑えてくれます。

積極的に汗をかく

冬場は汗をかく機会が減ることで汗腺の機能が衰え、臭い汗をかきやすくなることは先にも述べたとおりです。日常生活の中で汗をかくことが少ない季節だからこそ、積極的に入浴や有酸素運動をすることで汗をかく機会を増やし、汗腺の機能を活性化しましょう。

肉食に気をつける

動物性食品が多い食生活だと、腸内でアンモニアなどのニオイ成分が産生され、それが汗となって出るため体臭を強くします。胃腸の機能低下による臭い汗は、肉や魚など動物性食品の過剰摂取が原因であることも多く、腸内で悪玉菌を増やしてしまうため、野菜もしっかりバランスよく摂るようにしてください。

こまめに汗を拭く

もともとにおいのしないエクリン腺から出た汗も、長時間放っておくと皮膚の常在菌が繁殖して汗臭さを生じます。冬に汗をかいたときは、例え目立たない場所であっても早めに拭き取り、においの発生を未然に防ぐようにしましょう。

まとめ

なんとなく夏より冬の方が汗の匂いが気になると感じていた方、その感覚は間違いなかったようですね。

夏と冬では汗の種類や成分濃度が違うということがお分かりいただけたかと思います。

汗の匂いが気になりだすと、そのストレスで余計に「精神性発汗」が増えたり、アンモニア濃度が高くなり汗臭が強くなってしまうという、悪循環が起こる方もいらっしゃいます。

他人の汗の匂いはどうしようもありませんが、せめて自分の体臭は気にしないで済むように日頃からしっかり汗臭対策を取り、快適でストレスフルな冬を迎えましょう!

 

 

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別