胃にやさしいオススメの食品・食事

季節の変わり目って風邪をひきやすいですよね?皆さんは体調不良のときやおなかの調子が悪いときってどのような食事をとっているでしょうか。普段の食生活と同じような食事をするとさらに体調を悪化させてしまうことになりかねません。そういったときこそ、胃にやさしい食事をとりたいですよね?今回は食品や食事に関するお話をしていきます!

胃は負担がかかりやすい!

体調不良やストレスなどによって負荷がかかると、胃酸が出すぎてしまい胃がキリキリと痛むことがあります。

このような状態のときは、あまり食べ物を口にしたくないと考える人も多いですよね?しかし、その行為が逆に胃の調子を悪化させる原因をつくっているそうなのです!

胃の調子が悪いと感じる時は、逆に、適度な栄養を摂取してあげることで胃を元気にし、活性化させてあげる必要があります。でも、普段と同じ食事では胃に負担をかけてしまうかもしれませんよね?

では、このような状態のときは何を食べたら良いのでしょうか?弱った胃にやさしい食品や食事はどんなものがあるのでしょうか?

詳しくご紹介していきたいと思います。

胃にやさしい消化の良いものを


風邪をひいてしまったり、胃に痛みがあるときは胃の活動が弱まっている可能性があります。胃に負担が少ない、消化の良い食べ物を選びましょう。一回の食事は少量で少しずつ、一度に食べ過ぎず、回数を増やしてしっかり摂取するのが理想的です。また、あまり噛まなくても飲み込めるような柔らかいものでも、しっかりと噛んで唾液を良く分泌してあげることも消化を助ける大切なポイントとなるので、噛む回数には注意しましょうね!

〇おかゆ
風邪をひいたときの定番ですよね。胃腸の調子が悪いときにぴったりです!炭水化物のお米なのでしっかりとおなかに溜まります。溶き卵や梅干しを入れるのもおすすめです!

〇うどん
小麦粉から作られている炭水化物なので、うどんも風邪の時などに良く食べられています。胃が弱っているときにはよく煮て、やわらかくして食べるのが良いですね。すったしょうがなどを入れると、体も温まるのでおすすめです!

〇たまご
たんぱく質、ミネラル、ビタミンなど豊富な栄養素を持つことで知られる卵は胃の調子が悪いときなどにも効果的な食べ物です!生卵は負担が大きいので、うどんやおかゆ等と一緒に火を通して食べることがおすすめです。

〇パン
ごはんやうどんが無いときにはパンを食べましょう。しかし、どのパンでも良いわけではなく消化にやさしいのは蒸しパンや食パンの白い部分(ミミ以外)を選ぶと良いですね。これらはパンのなかでもやわらかいのであまり胃への負担は少ないでしょう。ただ、食パンを食べる際にマーガリンやジャム等は使わず、そのまま食べるようにしてくださいね。

しかしアレルギー体質の人で普段は大丈夫な食品でも、体調不良の際にアレルギー症状が出る人もいるので注意が必要です。
 

バランス良く栄養素を摂取しよう

風邪などの体調不良やストレスにかかわらず、バランス良く栄養素をしっかりとることは体調管理において非常に重要になります。

胃腸の乱れは、肌にも影響があるといわれており、胃が荒れていると美容にも悪影響を及ぼします。そのため、バランスの良い食事習慣は常日頃から心がけていきたいものですね。

なかでも、免疫力を高めるために「タンパク質」と「抗酸化ビタミン(ビタミンA・ビタミンC・ビタミンE)」の補給は大切です。

「タンパク質」は外部から身を守り、病気を防ぐための免疫機能に非常に重要な栄養素です。免疫の主体は外から侵入した異物(抗原)を排除する働きをする抗体ですが、抗体は免疫グロブリンという非常に大きなタンパク質から構成され、血液やリンパ液などの体液に溶けて存在しています。

また、タンパク質は細胞の主要な成分ですので、豆腐、肉、乳類などの良質のタンパク質を摂取することで、免疫細胞の働きを良くしてくれます。

「抗酸化ビタミン」とは、ビタミンA・ビタミンC・ビタミンEなど活性酸素の働きを抑える抗酸化作用を持つビタミンのことを指します。活性酸素は動脈硬化を起こしやすくする過酸化脂質をつくり出したり、がん・老化・免疫機能の低下などを引き起こします。

私たちは、食べ物からエネルギーを作り出すときに、呼吸から取り入れた酸素を使用していますが、この過程の中で酸素の一部が変化し活性酸素を発生します。

活性酸素は通常の酸素に比べ、細胞を酸化させてしまう力が強いのが特徴です。

活性酸素はもともと、体内に侵入した細菌やウイルスの攻撃から守るために働くという大切な役割をがあるのですが、過剰に発生しすぎると自分自身の細胞も攻撃してしまい、その細胞のダメージは、老化や動脈硬化、生活習慣病などの原因になると考えられています。

また、ミネラル類もバランス良く摂取し、カフェインの入っていない常温に近い飲み物(白湯、水、番茶など)で水分補給をしましょう。免疫を調節する細胞の正常な発生と機能のためにミネラルは必須です。水分と同時にミネラルも摂取できる、ミネラルウォーターもオススメですね。

とくに、バランス良いミネラルをそのまま補給できるドクターリセラの「リセラウォーター」をオススメします!

睡眠不足も大敵!!

胃腸の乱れは、睡眠不足を大きく影響しています。寝ている間は胃腸の働きが活発になる副交感神経の方が優位になります。そのため、胃の調子をはやく整えたいのならしっかりと十分な睡眠時間、質の良い睡眠をとることが非常に大切になってきます。
 

まとめ

いかがでしたか?胃の調子が悪い時には、今回の記事を参考にして食事を改善してみてはいかがでしょうか。また、ストレス性の場合はとくに睡眠など対策をしっかりと行いましょう。

 

 

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別