ココナッツオイルの効果を上げる摂取方法

最近、ココナッツオイルが健康やダイエット効果が高いということで流行しているのを知っていますか?スーパーや健康食品売り場でココナッツオイルを売っているのが見たことがある方も多いと思います。「ココナッツオイルってどんなもの?どんな効果があるの?」と思う方に、今回はココナッツオイルの効果や効果的な摂取方法を紹介しますので是非みてください。

そもそもココナッツオイルとは?

ココナッツオイルとは、ココヤシの実の胚乳から抽出される油のことです。

植物油の多くは「不飽和脂肪酸」で構成されており、動脈硬化や血栓を防ぎ、血圧を下げる働きがありますが、熱や光、空気で酸化しやすく、過酸化脂質になる特性があります。

ところがココナッツオイルは植物油の中でも珍しく「飽和脂肪酸」を多く含むオイルです。

さらに、ココナッツオイルは飽和脂肪酸の中でも「中鎖脂肪酸」を多く含み、消化吸収がすみやかで分解が早く、約20℃以下になると固まる性質をもっていますが、酸化しづらく、熱に強いのが大きな特徴となっています。

中鎖脂肪酸は母乳にも含まれており、手術後の方や未熟児のエネルギー補給にココナッツオイルを用いることもあるそうです。

ココナッツオイルの種類

ココナッツオイルは生産方法によって2種類に分けられ、味や風味、栄養分が異なります。目的に応じて使い分けるようにしましょう。

●バージンココナッツオイル

生のココナッツから化学溶剤を使用せずに抽出し、精製を行っていないため栄養素がしっかり含まれたオイルです。香りや風味は非常に濃厚で、美容やダイエットを意識している方は「バージンココナッツオイル」を選ぶと良いでしょう。

●RBD(精製)ココナッツオイル

ココナッツオイルとしてもっとも多く販売されているのがこの種類です。
「RBD」とは、「Refined(精製)」「Bleached(漂白)」「Deodorized(脱臭)」の頭文字を取ったものです。
高温で圧搾し、化学処理で脱臭や漂白をしたオイルを「RBD(精製)ココナッツオイル」と呼び、安価で香りが抑え目なのが特徴です。

ココナッツオイルの効果

ココナッツオイルの一番の特徴といえば、なんといっても「中鎖脂肪酸」。
母乳にも含まれるこの脂肪酸は、さまざまな健康効果をもたらすといわれています。

皮下脂肪・内臓脂肪低減

ココナッツオイルには食欲を減少させ、脂肪の燃焼を促進させる作用があり、腹部や臓器の周囲に溜まる内臓脂肪の減少にも効果があるという結果も出ています。

免疫力アップ

中鎖脂肪酸の一種である「ラウリン酸」には、免疫力を高める力があるといわれており、老化対策や風邪予防などにも効果があります。

抗菌効果

ココナッツオイルに含まれる「ラウリン酸」には、細菌、ウイルス、真菌などに対する抗菌効果が認められており、マウスにココナッツオイルを与える実験では、便の中のカンジダ菌が減少するという研究結果も出ています。

認知症の症状軽減

ココナッツオイルに含まれる中鎖脂肪酸が分解されると、一部が「ケトン体」となります。
この「ケトン体」は脳のエネルギーとして注目される物質で、実際にアルツハイマー型認知症の方がココナッツオイルを摂取することで、認知機能の改善が見られたそうです。

効果的な摂取方法

ココナッツオイルは食事と一緒に摂取するのが効果的な摂取方法です。

・調理油として
・みそ汁やスープに入れる
・ドレッシングの代わりにサラダに入れる
・バターの代わりにトーストに塗る
・飲み物に入れて飲む
などです。

ココナッツミルクは独自の甘い匂いがあり、これを苦手とする人が少なくありません。そんな時は焼き菓子やおやつの材料に入れてみたり、アイスに混ぜたりすると匂いがそれほど気にならなくなると思います。他にはカレーなどの香りの強い洋食に混ぜると比較的気にならず食べられると思います。海外セレブはココナッツオイルをそのまま飲むことがあるそうですが、油は刺激が強く、体調不良の原因になるのでオススメしません…。
 

ココナッツオイルの摂取、タイミングはいつがいい?

「ココナッツオイルの効果を体感したい!」と思ったら、せっかくなら効果的な時間帯に摂取したいですよね。その適切なタイミングと言うのが空腹時と食事の間です。ココナッツオイルは摂取すると空腹を感じにくくなります。そのため食事の量を減らしてダイエットの手助けを手伝ってくれるのです。

他に体の脂肪を分解してエネルギーにする働きのあるケトン体を大量に作る働きがあるので空腹時や食事の間が最適ですね。ただしココナッツオイルは飲むだけではダイエットの効果はありません。定期的なちょっとした運動を行うと更に効果的になります。

そして一番重要なのはココナッツオイルのカロリーは高いことです。100gで920カロリー、大さじ1杯で111カロリーもあるんです。体にいいからとたくさん摂取するとカロリーオーバーにになって、太ってしまうこともあり得ますので注意しましょう。

一日に大さじ1~2杯くらいが丁度いい目安でしょう。

まとめ

ココナッツオイルはとても健康的な商品でダイエットにも最適なものですが、一方で副作用やアレルギー、高カロリーと言ったリスクがあります。ココナッツオイルが自分に向いていたら少しずつ続け、ストレスのないように効果を続けていけるように頑張ってください。

 

 

 

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別