今すぐやめよう!老ける人の悪習慣

年齢を感じさせない若々しい人は、シミやシワ、たるみのない顔はもちろん、ピンとした姿勢や軽やかな動きで、ハツラツとした雰囲気がありませんか?

実は普段のちょっとした生活の悪習慣や振る舞いが若々しさの印象を左右していることがあるんです。今回は老化を早めてしまう可能性のある悪習慣と、老けない人の生活習慣を紹介していきます。

あなたは大丈夫?

老けた印象を与える振る舞いや、実際に老化を促進してしまう環境や要因などは、身近な生活圏内に溢れています。
まずは、代表的なポイントから確認していきましょう。

〇日焼け

肌年齢を高めてしまう最大の原因は日焼けです。日焼けをするとまずシミ・そばかすができます。

紫外線を浴びると、皮膚は防御反応を起こし、メラニン色素を過剰に作り出します。そのメラニン色素が皮膚に残ってしまうことで、しみの元がつくられます。
日焼けしてすぐにはシミはできませんが、皮膚の奥に蓄積したしみの元はターンオーバーとともに徐々にお顔の表皮にあらわれ、やがて大量のシミとなってしまいます。

雨が降っていても紫外線は降り注いでいます。季節や天気に関係なく毎日日焼け止めを塗ることや帽子、サングラスによる対策が大事になってきます。

人に影響を与える紫外線には、エネルギーの弱いUV-A波とエネルギーの強いUV-B波がありますが、そのうちUV-A波はガラスを通過します。UV-A波は皮膚の褐色化や黒ずみを起こし、UV-B波は日焼けをした際のヒリヒリを引き起こします。

また、紫外線を浴びると日焼けによる表皮の乾燥、シミ・そばかすの原因となるだけでなく、シワの元となる「ゼラチナーゼ」という酵素が発生してしまうことが明らかになっています。これは、真皮のコラーゲンを変性させ、将来のシワ・たるみの発生率を高めます。

紫外線は、お肌のハリ感を維持するための組織(エラスチンやコラーゲン)を分解する酵素を発生させるほか、お肌の水分を奪い乾燥しやすい肌にしたりと、老化を早めるさまざまな影響をもたらします。

 
〇手や手首、首周りにも気配りを

顔のスキンケアはしているけど、ネックライン、手や手首のケアをしていないという方は、もしかしたら実年齢より老けて見られているかもしれません。

女性は顔や脚だけでなく、実は手の甲や首も注目されています。手や首は年齢が出やすいパーツでもあるので、どれだけ若作りしても手がカサカサだったり首にシワができていたら年齢より老けているというイメージになってしまうでしょう。

首は頭を支えている重要な体の一部です、普段のなにげない行動で負担か掛かってしまいます。
また収縮などが多い場所は、繰り返し同じ動きをしますから、自然と筋肉に沿った形状記憶のようなシワができてしまいます。

他にも普段使用している枕の高さが自身に合っていないと首にシワができやすい状態になりますので、気をつけましょう。

 
〇睡眠不足

睡眠不足は目に下のクマやニキビができるなど、直接肌に影響するのを実感した経験がある方も多いと思います。昼の肌は紫外線や公害物質、ばい菌などのストレスと戦っていますが、それを解消して肌細胞の補修が行われているのが夜の寝ている時間です。
お肌にとっては長時間寝る事よりも質の良い睡眠をとる事が大切です。夜更かしはしないようにしましょう。

〇食生活

美容のためには体の内側から綺麗になる必要があります。

深夜のドカ食いや毎晩のスイーツなどは一瞬にして肌に悪影響を与えます。ドカ食いを少量にしたり、スイーツは夜ではなく朝食べるようにするなど自分なりの対策が大事になってきます。美容や若々しさのためには、暴飲暴食や深夜の食事はしないようにしましょう。

また抗酸化作用のある緑黄色野菜やきのこ、海藻、豆などを中心とした食生活をし、内側からもエンジングケアをしましょう。

 
〇美意識

いつまでも綺麗な方っていますよね。美意識の高さがその美しさを作っています。いつまでも体型を維持したい、いつ見ても正しい姿勢を維持するなど自分磨きを頑張っている方が多いです。
また、美しいことは周囲の人々にも良い影響を与え、同じ美的感覚の高い人を引き寄せます。ですから、自然と美意識の高い者どうしが集まることになり、互いに若々しさや美的センスのアップデートが行われる好循環ができます。

美意識とは他者から自分がどう見られたいかのイマジネーションを積極的に働かせることでもあります。
どうせ私なんて歳だし…と諦めてしまうことを改めることで、少しずつ自信がつくかもしれません。

何歳になっても諦めずに、美意識を高めましょう。

〇ストレス

慢性的なストレスは、免疫力を低下するだけでなく、全身の血液の流れが悪くなってしまい、末端の器官である肌に栄養や酸素がじゅうぶんに運ばれなります。
結果として肌がくすんだり、シミやシワができやすくなったりします。

ストレスは、お肌だけでなく身体の様々な臓器やホルモン分泌、自律神経のバランスなどに影響するので、健康的で若々しい身体を維持するのに、ストレスの発散は非常に重要なポイントです。

美しくイキイキとした人は、ストレスマネジメントが非常に上手です。
脳はリラックスした状態で、本来の自然治癒の応力や心身の調整力を発揮しますので、日々の生活でストレスを受けない精神状態をキープしたり、好きな趣味や運動に没頭できる時間をつくるなど、独自のストレス発散の習慣、リラックス方法があると良いでしょう。

老けない人の習慣

1.没頭できる趣味や仕事がある
外見的に若々しい人は好奇心が旺盛で内面的にも若々しいです。常に何か新しいことに挑戦したり没頭できるものがある人はイキイキとしていますよね。脳の若さをキープするためにも新しい刺激を受けたり自分が没頭できる何かを見つけてみましょう。
 
2.ストレス発散
ストレス社会と言われている中で、ストレスを軽減させることは難しいと思います。しかし休日の過ごし方や休憩の取り方など意識的に改善することで、今までストレスだったことを無くすこともできます。
 
3.食事・睡眠をしっかり
食事や睡眠は生きていくうえで大事ですよね。ですがしっかりできている人は少ないと思います。外食が多かったり、インスタント食品に頼ったり、寝る時間が遅い人も多いです。きちんと自分に合った食事と睡眠リズムを作り、習慣化しましょう。
 
4.姿勢
綺麗な人は姿勢がいいですよね。姿勢が悪くなるとリンパの流れや血行が悪くなり、体から老廃物が効率よく排出できなくなってしまいます。リンパや血液の流れを促進させることが大切です。
 
5.常に80%程度の力で生きる
常に100%で生きていると、ここぞというときに発揮できずにエネルギー切れになってしまったり、体調を崩したり、やる気が出なかったりします。特に仕事では常に全力という人は多いですが、それが続くとなるとしんどいですよね。頑張る時は頑張る、力を抜く時は抜く。程よくバランスキープしましょう。
 

まとめ

何気なく過ごしていた日常で自分が老けてしまう悪習慣があるのには驚きです。お肌の手入れや食べ物など、老けない人の習慣をぜひ試してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別