無添加って何だろう?何がいいの?

食品でも化粧品でも、「添加物使用していません!無添加〇〇」という製品を多く見かけます。無添加って体にいいの?オーガニックっていうのもあるし…。無添加が一体どういうものなのか、ご紹介していこうと思います!

無添加の意味

「無添加」という表示を見ると、添加物を一切使用していないように思いますよね。しかし、実は完全に何も使っていないわけではありません。

食品でいえば「保存料が無添加」など、一部添加物を使用していないことから「無添加」と表記している商品はあります。一部の法律等でも「無添加」に関する決まりはありません。

「添加物って体に悪いのでは…」と思う人もいると思いますが、添加物が全くないと私たちの生活は今の豊かさを保てません。ですので、必要最低限の添加物使用を「無添加」と呼ぶことが多いのです。

オーガニックとの違い

オーガニックとは、それだけで「有機の」という意味があります。

オーガニック野菜は農薬や化学肥料を使わず、有機肥料によって作られる有機農産物のことを言います。オーガニックコスメは天然のものだけを使用して作られた化粧品です。

日本では国際基準に合わせて有機(オーガニック)に対するニーズの高まりから、平成11年に、JAS法に基づいた有機食品の検査認証制度である「有機JAS制度」が策定され、統一の基準ができました。

現在は食品以外の分野にも広がってきており、「OCC(オーガニック認証センター)」では、有機JAS制度以外の分野についても独自の有機認証を行っています。
有機JAS制度では、国産品も輸入品もすべてが対象となり、輸入食品も有機JASマークなしで「有機」や「オーガニック」、英字での「organic」などの表記をすることはできません。

それに対して無添加は、特定の物質が使用されていないということを指します。

食品の場合、無添加とは添加物が原材料の産地から最終加工完成までの全工程において、一切使用されていないことをいいます。つまり、加工において表示が免除される加工助剤、キャリーオーバー、強化剤などの添加物も使用されていないことを指します。

消費者庁の品質表示基準に定められている規定(JAS)に基づいて表記されています。
いっぽう、化粧品における無添加の表記については規定がなく、景品表示法の観点から不正確な表現や安全性を過度に保証するかのような誤解を呼ぶおそれを避けるために、商品名やのキャッチコピーとして掲げることは認められていません。

商品の容器やパンフレットなどにおいては「添加していない成分」を明記し、安全性について保証的する表現を避けた場合にのみ「無添加」と表記してよいことになっています。それらの情報をどう受け止めるか、消費者の判断に委ねる形となっているのです。

無添加製品

実際に「無添加」はなぜいいのか、食品と化粧品に分けてご紹介します。

〇無添加食品

無添加食品とは、添加物を必要最低限まで抑えた商品のことを表します。化学的な加工をあまり加えていないため、添加物が入っているものよりも保存がきかず、すぐに食べなければいけなかったりするものが多いです。

その反面、添加物がほとんど入っていないので、小さなお子さんや、乳幼児への食べ物は無添加の食品が望ましいでしょう。

食品における添加物とは、保存料・甘味料・着色料・香料など、食品の製造過程または加工や保存の目的で使用されるものです。

厚生労働省は、食品安全委員会による食品添加物の安全性についての評価を受け、人の健康を損なうおそれのない場合に限り、成分の規格、使用の基準を定めたうえで添加物の使用を認めています。

参考サイト:厚生労働省ホームページより

〇無添加化粧品

無添加化粧品は、人工添加物を使用していない化粧品のことです。食品に賞味期限があるように、化粧品にも使用期限があり、その期限が長い商品ほど、添加物が入っている傾向にあります。

添加物が入っていない化粧品は使用期限が短く、カビや細菌が繁殖しやすいというデメリットがありますが、きちんと保存し、期限内に使用することで防ぐことができます。

化粧品における添加物とは、収斂(しゅうれん)剤・紫外線吸収剤・ナノ化物質・合成ポリマー・防腐剤・合成界面活性剤・石油由来成分・合成香料・合成着色料・鉱物油・酸化防止剤・アルコール(エタノール)・金属封鎖剤(キレート剤)などが挙げられます。

これらは、人によってお肌に障害をもたらしたり、刺激がきついなどの報告がされており、敏感肌用や自然派の化粧品では極力使用しないことが良いとされています。

合う合わないがあるため、一概に悪とは言い切れませんが、お肌に化学的な成分を触れさせたくない場合は、これらの添加物を避けるのが良いでしょう。

おすすめ商品はこちら

こんなところに添加物!?

実は世界的に見てみると添加物をこれだけ取り入れているのは日本だけです。

特に最近話題となったのが、パンなどに使われているマーガリンです。マーガリンに含まれるトランス脂肪酸という添加物が身体に有害とされ、WHO(世界保健機関)が、心血管系疾患リスクを低減し健康を増進するための目標基準として、トランス脂肪酸の摂取を総エネルギー摂取量の1%未満に抑えるよう提示しました。

その影響で、日本でもトランス脂肪酸について、2011年2月に消費者庁が「トランス脂肪酸の情報開示に関する指針」を公表し、その中でもマーガリンだけが危険な食品であるかのような情報が拡散されました。

実はこのトランス脂肪酸は、国によっては使用を禁止しているところもありますが、日本人の平均的なトランス脂肪酸の摂取量は、諸外国と比較して少ない傾向にあることがわかっています。つまり、日本で標準的な食生活をしている限り、トランス脂肪酸の摂取による健康への影響はほとんどないということです。

また、常温で液体である植物性油脂を原料としたマーガリンやショートニングなどの製造には、硬化させる油脂(部分水素添加油脂)が必要ですが、これらはマーガリンだけに限った添加物ではなく、部分水素添加油脂を原材料に含む洋菓子(パン、ケーキ、ドーナッツなど)や、部分水素添加油脂を使用し調理された揚げ物などの食品にもトランス脂肪酸が含まれています。

特にマーガリン、ファットスプレッド、ショートニングに含有量が多い製品が見られました。また、食用調合油・ナタネ油等の植物性油脂、ラード、牛脂、バターにも比較的多く含まれていました。

油脂類以外で、トランス脂肪酸の含有量が1%を超える食品には、ビスケット、クッキー、パイ、ポテト系・コーン系スナック、イーストドーナッツ、スポンジケーキ、半生ケーキなどの菓子類のほか、牛肉、チーズ、クリーム、マヨネーズなどがあります。食用調合油・ナタネ油等の植物性油脂、ラード、牛脂、バターにも比較的多く含まれています。

そのほかにも、豆腐を固める凝固剤(にがり)、小麦粉から麺を作る時に加えるかんすい(鹹水)、ビールなどの濾過の際に使用する活性炭など、普段から生活に欠かせない食品の中にも添加物は使用されています。

食品の風味や色合いを良くするための甘味料、着色料、香料などや、腐敗・変質を遅らせて保存性を高くする保存料、酸化防止剤など、食品の栄養成分を強化する栄養強化剤なども添加物です。

商品の原材料名の欄を見てみると、防腐剤や酸化防止剤、アミノ酸、増粘剤、、、身の回りには添加物がたくさんあるのです。

無添加のものをとりいれてみよう

無添加と言っても種類はたくさんあるし、食べ物、化粧品、どこから取り入れたらいいかわかりませんよね。今回は取り入れやすい無添加製品をご紹介します。

〇無添加せっけん

何から取り入れようか迷っているのであれば無添加せっけんがおすすめです。

無添加せっけんのメリットは肌への刺激が少なく、余分な皮脂だけを落としてくれるところです。お肌が弱い人でも安心して使えるのでいいですね。

ただし、パラベンなどの防腐剤を使っていないので、使用後はしっかりと水を切り、乾燥させてから保存するようにしましょう。

〇無添加化粧水

無添加化粧水とは、防腐剤(パラベン)、界面活性剤、香料・着色料などを除いて作られた化粧水のことを言います。

お肌が弱い人、敏感肌の人でも刺激が少なく、愛用している方も多いです。良いものをたっぷりと使うことで、みずみずしく潤いのあるお肌にすることができますね。

〇調味料

実は、近所のスーパーにも無添加食品があるんです。

・味噌

・中濃ソース

・だし(かつお・コンソメ・ガラスープなど)

まずは手軽に調味料から無添加を食事に取り入れてみるのはいかがでしょうか?

安全安心・無添加・人と地球に優しい”ホンモノ”をお届け 「食」のセレクトショップ リナーシェマルシェ
https://www.rinasce.online/

無添加生活の効果は?

〇味覚が敏感になる

無添加の食品は優しい味のイメージがあるのではないでしょうか

無添加食品を食べる生活を続けると、徐々に味覚が変化し、添加物の味に対して不自然さを覚えるようになることもあります。

また、一度無添加食品に慣れて、添加物の入った食品を食べられなくなったという人もいるようです。

〇ダイエット効果

ジャンクフードやお菓子には多くの添加物が含まれています。

添加物には、腸内環境を乱すというデメリットがあります。腸内環境が乱れることによって太りやすくなってしまいます。

添加物には中毒性があり、摂取量も増えてしまうという悪循環で、腸内環境が乱れていき、太ってしまう原因になります。

添加物を一切摂らないというのが難しくても、できるだけ減らすことによって腸内環境が整い、痩せやすい体になっていきます。

〇肌がきれいになる

ダイエット効果の部分にもあるように、腸内環境を整えることができます。腸内環境が整うことで、腸内で栄養成分を吸収することができ、お肌に必要な成分もしっかり届くようになります。

腸内環境が悪いと腐敗産物がお肌に届いてしまうため、ニキビや乾燥の原因になります。

敏感肌、乾燥肌の人にとって気をつけたいことが、”お肌への刺激”。無添加化粧品は、肌に刺激を与えてしまう成分をあまり含んでおらず、肌が弱い人でも安心して使えるというメリットがあります。

しかし、化粧品に含まれる添加物の中にも必要な成分があります。自分に合った化粧品を使うことで、より効果を得られるようにしましょう。

〇アレルギーを防ぐことができる

人工添加物にアレルギー症状を示すという人もいます。

無添加の商品は、そういったアレルギーの原因になる物質を極力排除して作られたものです。

しかし、製造した企業などによっては記載が曖昧なものもあるため、使用するときにはしっかりと調べてから使うようにしましょう。

まとめ 

いかがでしたでしょうか。

添加物は生活と密にかかわっている為、完全になくす生活をするというのはとても難しいです。

自身の健康を守るためには、消費者がまず添加物に対する正しい知識を得ること、極力自然素材のものを買い、安いからといって大量生産で製造されている商品を安易に選択しないこと、商品を買うときは必ず裏のパッケージを見てどういった添加物が配合されているかなどをチェックすることをお勧めします。

また、無添加のものは値段が高いものが多いので、どうしても安い添加物たっぷりのものに手を出しがちですが、少しでも身体への負担をなくすためにも無添加製品を取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別