香りの持つ自然の癒しエネルギーでリラックス!

お花の香りを嗅いだとき、森林浴で木々の息吹を感じたとき、美味しいお料理の匂いを嗅いだとき…人はなぜ心が満たされる感じがしたり、リラックスした気持ちになるのでしょうか?

自然素材の香りが持つエネルギーには、想像を超えた神秘のメカニズムが隠されています。

今回は、その香りが持つ癒しの力に着目し、日々の生活に取り入れる方法や、活用のしかた、またそのメカニズムについてご紹介いたします。

香りは脳の深い場所を刺激する

香りの成分が鼻の奥にある嗅細胞を刺激すると、その刺激が電気信号として脳の大脳辺縁系へ伝達されます。

電気信号は食欲・睡眠・体の中の水分や塩分の調節・体内時計などいろいろ複雑でな高度な働きを持っている「視床下部」や、成長ホルモン・甲状腺刺激ホルモン・副腎皮質刺激ホルモン・性腺刺激ホルモンなどのホルモン分泌を司り、排尿量を調節する働きを持つ「下垂体」へと伝わります。

さらに、香りの電気信号はその奥の大脳辺縁系にある「扁桃体(へんとうたい)」を通って「海馬(かいば)」に伝わっていきます。大脳辺縁系は脳の最も古い部位のひとつで、原始的な領域を司っています。

大脳辺縁系は感情や欲求など情動に関わる情報を処理するため「情動脳」と呼ばれており、その中でも特に「扁桃体(へんとうたい)」は外部からの刺激に対して、快・不快・恐怖といった本能的な反応を起こす場所です。

記憶の中枢は大脳辺縁系の海馬(かいば)に一時的に貯蔵されており、体験や学習で得た情報の中で「海馬(かいば)」が特に重要と判断した情報は拡張され、それ以外の情報は圧縮されて大脳新皮質に送られていきます。

このように香りは臭覚によって、非常に原始的な脳のシステムにダイレクトに届くため、本能的な部分に直接働きかけることができます。

懐かしい香りを不意に嗅ぐことで、記憶がフラッシュバックすることはありませんか?普段は思い出すことのない遠い記憶が、脳の深い場所から香りの刺激によって引き出され甦るのです。この現象を『プルースト効果』と呼びます。

香りとリラックスの仕組み

アロマなどの芳香成分は、脳の大脳辺縁系へ伝達されます。特に「視床下部」は、自律神経やホルモンのバランスを司っている非常に重要な器官です。

快適な香りが「視床下部」まで届き刺激することで、自律神経やホルモンのバランスを整えることができます。安心して幸福感を感じている状態がリラックスしている状態ですが、リラックス効果のある香りは、その状態を本能的に思い出し喚起させる働きがあります。

香りによって副交感神経が優位になれば、身体の緊張がほぐれ、気持ちが落ち着き、心身共に緩んだ状態になります。この状態が「リラックスする」ということなのです。

また記憶の一時保管の役割をする「海馬」や感情を司る「扁桃体」などでは、「快・不快」の原始的な感情を司り、それにまつわる太古の記憶にも関わっています。癒し効果のある香りがダイレクトに伝わることによって、私たちは安らぎや心地良さを思い出し、リアルに体感することができます。

そして、実は嗅覚以外でも、香りは全身に運ばれていることがわかっています。

鼻や口から吸収された香りの成分は、気管を通過して肺へ到達し、肺胞から血液やリンパに乗って全身の器官及び細胞に運ばれていきます。

また、外気に散らばった香りの成分は、皮膚に触れると、皮下組織に張り巡らされた毛細血管に浸透し、毛細血管を流れる血液によって全身の筋肉や器官に運ばれます。

私たちは意識していなくても、心地よい香りに包まれているだけで、アロマの癒し効果や健康に良い影響を受けることができているのです。

このように、香りは人間の本能的な反応を司る大脳辺縁系や視床下部にダイレクトにアプローチし、例え気づいていない場合でも大気からも体内に侵入しているため、香りが心身に与える影響は決して小さくはないということが分かります。

香りの効果の様々な実用化

香りの効果を利用した文化は非常に古く、香りを意味する英語の「perfume」はラテン語のPer Fumum(煙を通して、煙によってという意味)が語源です。

人間が香りを利用するようになったのは、火を発見したときからだといわれ、おそらくその形式はお香を炊くようなものだったと想像できます。

香料の実用化

香料が初めて歴史に登場するのは、一説では紀元前3000年頃のメソポタミア、シュメール人の記録によるそうで、レバノンセダー(香りのする杉という意味)で神へ捧げる香りとして活用されていたようです。

また、古代エジプトでは王が亡くなると、その遺体に香料をたっぷりと塗りミイラに加工して手厚く葬りました。その際の香料には、白檀(びゃくだん)、肉桂(にっけい)イリスの根(あやめの一種)や、樹脂などを防腐剤や防臭効果のために使用していました。

そのほか、お部屋の芳香剤、ボディオイル、衣類の香り付け、などで香りを楽しんでいました。食物や菓子の風味付けに香料が利用され始めたのもこの時代のようです。

香りの医療効果

香りの医療効果

ギリシャ時代には香料の製造が盛んになり、入浴後に身体に香油を塗る習慣が広まりました。今でいうボディオイルですね。

西洋医学の祖といわれるヒポクラテスは、この時代すでに香りに病気の治療効果があることを知っていました。

やがて、香料がギリシャからローマへと伝わると、ローズウォーターなど花の香りが主に好まれ、浴室や寝室に使用されるようになります。社交が盛んで建築物の中心に大浴場が存在していたローマでは、貴族が1日3回の入浴を楽しみ、膨大な量の香料を使用していました。

ローズの香りは“美しさの象徴”とも言われ、クレオパトラやナポレオンの妻ジョセフィーヌなど、歴史に名を残す女性も虜にしてきたと言いますが、そのローズ精油には、月経や更年期の不快な症状を緩和し、肌を整える作用があることがわかっています。美と健康を守る精油として古くから広く活用されてきたのにも納得がいきます。

アロマテラピーの日本での認知

アロマテラピーは「香りの療法」という意味で、フランスでは医師免許取得者によって実践されており、医療分野でもその効果が認められています。

香りの効果は、世界の長い歴史の中で古代より人々の生活に役立って来ましたが、近代日本においては認知度が低いものでした。

アロマテラピーは、体内に香りを取り入れることで様々な症状やお悩みを改善することを目的とした自然療法で、植物の花や葉から抽出した精油(エッセンシャルオイル)は、正しい知識のもと、症状や目的に合わせて最適な種類を選択してブレンドされます。

体内に香りを取り込む方法は、芳香浴、アロマバス、スキンケアなど様々ですが、どの方法であっても身体への良い影響があります。また、心理的な作用も大きく、気持ちが前向きになる、心が落ち着く、悲しみが軽減されるなどの改善が見られます。

2005年鳥取大学医学部によって発表された論文により、アロマテラピーが認知症予防にも効果があることがメディアに取り上げられ、日本でもようやくその存在が広く認知されました。

不妊症にも有効なアロマテラピー

アロマテラピーはホルモンバランスや自律神経を整えることで心身の本来の力を発揮するように促す効果があります。

不妊の原因は人によって様々ですが、アロマテラピーは自然療法であり薬剤のように副作用の心配もありませんので、月経周期を整えたり、冷えや循環を改善したり、不妊治療中のストレスを緩和したり、女性ホルモンの分泌を整えたり、排卵を促し妊娠率を上げたりなど様々な方面からのアプローチが同時にできるのも非常に良い点です。

アロマテラピーによって体調面の改善の他、社会的活動におけるストレスや向き合い方などの心理的な改善も見られるため、一般的な治療とアロマテラピーの併用が医療現場でも取り入れられています。

医療におけるアロマテラピーの実用化

1997年には、医師や看護師、薬剤師など医療に関わる人々で日本アロマテラピー学会が創設されました。その創設と共に、医療現場でのアロマテラピーの実用が徐々に広まり、西洋医学では解決することが困難な心や脳、神経、ホルモン等に関する分野に、アロマテラピーの力を積極的に取り入れていこうとする動きがあります。

多忙でストレスフルな現代社会では不可抗力とも言える、生活習慣病や自律神経失調による様々な症状を訴える人が増加する中、超高齢化が進み認知症や終末期ケアなどの問題も深刻になっているのが日本の現状です。

心と身体を同時に癒し、自然治癒力を高め潜在的な能力を呼び戻してくれるアロマテラピーは、これからますます私たちの生活に必要なものとなっていくと想像します。

それぞれの症状別におすすめのアロマ

一般にお店で販売されているアロマ(エッセンシャルオイル)にも、ちゃんと効能があり、それぞれ違う作用をもたらします。

ここでは簡単ではありますが、症状別におすすめのアロマを紹介します。自分の悩みに合ったアロマを参考にしてみてください。

女性らしさを高めたいとき

女性ホルモンの分泌を促し、生殖器の血行をよくして女性らしさを高めるとされるアロマです。美肌効果や月経痛、月経前症候群などの予防、更年期症状にも良いとされています。

ローズ、ローズオットー、ゼラニウム、ネロリ、クラリセージ、サイプレス、ジャーマンカモミール、ラベンダー、グレープフルーツなど

集中力を高めたいとき

勉強や仕事中に疲れているとき、あるいは気が散って集中できないとき、脳を覚醒させる高揚作用や活性作用があったり、疲れを取り除く作用があり、頭の中をスッキリとクリアにしてくれます。

スイートマジョラム、ジンジャー、ローズマリー、ベルガモット、ゼラニウム、ジュニパー、ペパーミント、ユーカリ、レモン、ラベンダー、カモミールなど

悩みが多く神経が休まらない、眠れないとき

穏やかな鎮静作用や幸福感をもたらす作用があり、心のバランスを取りたいときにぴったりのアロマです。心地よい安らぎのある香りで、ざわついた心を鎮めてリラックスさせ、自然な眠りへと導いてくれます。

ローズ、ラベンダー、ベルガモット、ネロリ、イランイラン、ゼラニウム、ローズウッド、クラリセージ、ゆず、カモミールなど

気分が落ち込み、やる気が湧かないとき

気分の落ち込みを改善する作用や、気分を明るする作用、緊張して張り詰めた感情を緩める作用を持ったアロマです。ストレスで疲弊してしまった脳を回復し、本来の自分に戻れるようにサポートします。

ラベンダー、ローマンカモミール、ベルガモット、シダーウッド、ジャスミン、オレンジスイート、レモン、ローズマリーなど

アロマテラピーは実際の感覚が一番信頼できるものとして扱います。ここにあげた種類はあくまでも参考程度にしていただき、最終的には、ご自身が手にとって嗅いだときに心地よく感じるものを選んでください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

香りの持つエネルギーは、古代よりその様々な効果・効能が知られ、身の回りで利用されてきていたのですね。

また、香りの癒し効果を利用したアロマテラピーは、実は私たちの脳の奥底に眠る記憶や、自然と共存してきた本能的な力に訴えかける、素晴らしい自然療法だということがお分かりいただけましたでしょうか?

西洋医学や現代科学ではまだ解明しきれない、生命力の神秘のパワーが、自然療法によって引出され、私たちを助けてくれていることに感動を覚えます。

日々の生活に手軽に取り入れられるものですので、ぜひ、あなたも香りの効果を試して実感してみてください。

 

 

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別