夏のダメージは遅れてやってくる!秋の美白ケア

夏のダメージはお肌の奥に潜んでいます。そのダメージが表面にあらわれるのは、ちょうど秋になった頃です!

夏に日焼けしてしまった方は、秋になって紫外線の量が減った気がしても、油断せずアフターケアをしっかりと継続して行いましょう。

また、既に夏のダメージがしっかり出てきてしてしまった方も、夏の後悔を取り戻すべく秋から美白ケアを始めませんか?

今回は秋の美白ケアについて紹介していきたいと思います。

秋からの美白ケアが効果的な理由

〇夏に受けたダメージは秋に出てくる

紫外線をたくさん浴びたからといって、シミがすぐにできるわけではありません。

紫外線のダメージは、最初は肌の中に溜まった状態で、ターンオーバーにより徐々に肌の表面に現れてきます。夏が終わってからシミが現れ、段々濃くなるのはこのためです。

シミの原因となるのは、紫外線の中でも波長の長いUV-Aです。

UV-Aは皮膚表皮の基底層から真皮まで到達し、メラノサイトを活性化させます。刺激を受けたメラノサイトでは黒色メラニンが大量に生成され蓄積されていきます。

紫外線を浴びて作られたメラニンは通常、ほぼ28日で役割を終えて古い細胞とともにはがれ落ちますが、非常に強い日差しを浴びるなどして過剰にメラニンが生成されたうえに、紫外線ダメージでお肌の新陳代謝が滞り細胞のターンオーバーが乱れたり、メラニンの排出が正常に行われない状態が続くと、その色素沈着がシミとなって表面に出てきます。

なので、紫外線の最も強い時期(5〜8月)に浴びた紫外線でお肌の奥に生成され潜んでいたシミの予備軍が、1ヶ月ほどかけて表面に移動し、秋頃になって出てくるのです。

〇効果がでやすい時期

シミに影響する紫外線は、9月頃から一気に減ります。

夏に比べ紫外線の刺激が減るため、メラノサイトにおけるメラニン色素の新たな生成少なくなってきます。なので、美白化粧品で集中ケアをすることで、そ効果紫外線によって受けたダメージを修復しつつ、シミの新たな生成を防ぐ効果が働く可能性が高くなってくるのです。

これにより秋は美白ケアの効果が出やすい時期だと言われています。

忘れてはいけない、秋日焼け対策

秋に紫外線量が減るとはいえ、そこで日焼け止めをやめてしまっては意味がありません。

最も紫外線の強い季節を過ぎても、秋以降も中程度の紫外線は降り注いでいます。

日焼け止めは、9月はSPF50、10月でもSPF35程度のものを使いましょう。日焼けのアフターケアや集中美白ケアを成功させるためにも、夏と同様にUVケアは必須です。

「肌は秋に1つ年を取る」と言われるほど、秋は肌の調子が変わりやすく夏に受けたダメージが表面に一度に現れる時季です。

夏にダメージを受けて弱った状態のお肌に、さらに気温が急に下がったり大気が乾燥するため、老化が加速するのです。

気温が変化すると血流が低下し血色が悪くなりくすんで見えてしまいますし、大気が乾燥すると、お肌のキメが乱れて透明感が損なわれる感じがするかもしれません。

また、夏の間に蓄積されたメラニンが肌表面にシミ・そばかすとして目立ってきて、秋の紫外線で余計に濃くなってしまったりします。

ですから、秋の美白ケアを行ううえで、保湿と紫外線対策は怠れない重要なポイントです。

秋の美白のポイント

〇自分に合った美白アイテム

美白ケアといってもたくさん種類があって、なにを選んでいいのか迷う方もいると思います。同じシミでも、紫外線によるもの、年齢によるもの、女性特有のホルモンバランスの乱れによるもの、貧血が原因のものなど様々にあります。くすみも同様に、紫外線だけでなく、老化や糖化によるくすみもあります。

年齢や肌質はもちろん、目的やポイントにあった美白アイテムを選ぶようにしましょう。

〇ターンオーバーを促進する

少しでも早く肌のターンオーバーを促進してダメージを受けた肌を脱ぎ去りましょう。

夏に紫外線をたくさん浴びた肌はお肌の深部までダメージを受けて、内側から乾燥が進んでしまっています。さらに気温が下がるにつれて、肌表面より水分が奪われて乾燥が気になるようになってきます。なので、たっぷり保湿をしてあげるようにしましょう。

また、外的な乾燥ケアだけでなく、お肌の内側から水分を増やすために、インナーケアにも気を配りましょう。

ストレスを溜めない、バランスの良い食事、質の良い睡眠などが大切ですよ。

〇食事を意識しよう

外からだけではなく内側からのケアも大切です。シミに効果的と言われているビタミンCはもちろんですが、ベータカロテンやビタミンEといった成分も老化の原因と言われる活性酸素をなくし、皮膚や粘膜の健康維持を助ける働きがあると言われています。毎日の食事にバランスよく取り入れていきましょう。

美肌によい食事とは

日焼け止め、美白化粧品でのケアの次に大切なのは食事です。

日焼けでダメージを受けた肌が修復され生まれ変わる秋にこそ、体の内側から美白ケアが重要になってきます。

〇ビタミンC

日焼けのダメージが気になる方は特に摂取したい栄養素です。

ビタミンCは別名アスコルビン酸と言い、生命を維持するのに欠かせない栄養素ですが、体内では作り出せないので外から摂取する必要があります。

ビタミンC はシミやくすみの原因となるメラニンを作らせないように働きかけるほか、活性酸素を分解し紫外線ダメージから細胞を守ります。メラニンの生成を抑えるため、シミやくすみだけでなく、ニキビ跡などの色素沈着も緩和します。

また、ビタミンCはストレスなどで過剰に分泌される〝男性ホルモン〟を抑えるため、皮脂分泌を低下させます。肌細胞でのコラーゲン生成を促し、毛穴周辺の皮膚の弾力を回復させる働きもあるため、開ききった毛穴を引き締めたり大人ニキビを予防してくれます。

ビタミンCはお肌に理想的な水分量をコントロールするセラミド(細胞間脂質)の合成を促し強化する働きもあるため、紫外線ダメージに対するバリア機能・回復能力も高まります!

〇β-カロテン

かぼちゃやニンジンなど、緑黄色野菜に多く含まれます。高い抗酸化力があり、活性酸素を抑えてくれます。加熱調理したり、油と組み合わせることで吸収がよくなります。

〇リコピン

トマトをはじめとする赤い食材に含まれ、抗酸化作用があります。おすすめはトマトの加工食品です。缶詰、ケチャップ、ジュースなど。生よりリコピンが多く含まれています。これも油と組み合わせることで吸収がよくなりますよ。

〇ビタミンE

植物油や豆類に多く含まれます。抗酸化が高く、ターンオーバーを促進させる効果があります。脂溶性で体に蓄積されますので、上手に摂るように心がけましょう。

まとめ

今回は秋の美白ケアについてご紹介しました。

秋は急に日照時間が少なくなり、紫外線の量が減ったように感じるかもしれませんが、紫外線からの肌ダメージは相変わらずあります。

美白を目指す方、若々しいお肌を保ちたい方は日焼け対策を怠ってはいけません。夏の間のダメージを修復し美白ケアの効果をしっかり作用させるべく、インナーケアはもちろんのこと、日常的なスキンケアの基本をしっかりと行い、美しい肌をゲットしましょう!


【関連記事】

「美容の悩み1位『毛穴』トラブル。タイプ別ベストなケア方法。」
「しっとり肌は食事から!乾燥肌を防ぐかんたん食材3つを紹介。」

 

 

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別