秋の味覚でつくる美肌

男性・女性共に肌について悩んでいる方は多いと思います。

季節の変わり目には外的な要因、体調の変化などでお肌が不調になりがちです。また、夏の間に受けた肌へのダメージは秋頃から影響が出始めます。

お肌の調子が揺らぎやすい肌は敏感肌でもある場合も多くケアについて悩みがちですよね。実はこんな季節の変わり目にこそ摂るべき「お肌に良い食べ物があったのです!

そこで今回は、美肌をつくる秋の貴重な食べ物を紹介します

芸術の秋・読書の秋・食欲の秋!!

秋というと「芸術の秋」「読書の秋」「食欲の秋」、そのほかにも「スポーツの秋」「実りの秋」などという言葉を連想する方もいると思いますが、まさに秋は特に食べ物の美味しい季節ですよね!

美味しいものがたくさんある中でついつい食べすぎてしまうことってありませんか?

では、なぜ秋は食欲が増すのでしょうか?

それには諸説ありますが、ひとつに日照時間の減少があると言われています。

秋は夏に比べて太陽の光を浴びる時間が短くなり、「セロトニン」というホルモンの分泌量が減ります。

「セロトニン」は別名「幸せホルモン」とも呼ばれており、精神を安定させる働きのほか、満腹感を与えて食欲を抑える働きがありますが、その「セロトニン」分泌が減るために空腹感が増し、食欲が旺盛になるのです。

もうひとつは、気温が低くなると脂肪を燃焼して体温を保持しようとするため基礎代謝が上がります。代謝によってエネルギーを消費すると、その分失ったエネルギーを補おうとして食欲が増すのだそうです。

秋に増す食欲は、エネルギー補給や必要な栄養分を欲する肉体からのシグナルですから、これらの理由以外にも、秋にとれる食物にはきっと様々な恩恵があるのでしょう。

秋の味覚のいろいろ

「春は苦味、夏は酸味、秋は甘味、冬は厚味」と言われています。

旬の味覚には、それぞれの季節に必要な栄養素が多く含まれています。

春は毒消し、夏は疲労回復、秋はエネルギーを蓄える、冬は身体を温めるなど、私たちが本能的に求めている味覚と、その時期に身体に必要な栄養素が一致しているのはまさに自然の恵みですね。

その中でも、秋は収穫の季節であり1年のなかで最も旬の食材が豊富になる季節です。旬の食材にはその時期の気候に合わせて私たちの体調を整える作用がありますから、秋の味覚にはビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富で夏場の疲れを取り、これから迎える厳しい冬にむけて身体にエネルギーを蓄える働きをするといわれています。

代表的な秋の味覚には次のものが挙げられます。

  • 魚介類・・・鮭、さば、さんま
  • いも類・・・サツマイモ、里芋
  • きのこ類・・・椎茸、しめじ、舞茸
  • 果物類・・・柿、梨、ぶどう
  • 種実類・・・銀杏、栗

食物繊維やカリウムが豊富な芋類、食物繊維やビタミンB群、ビタミンDが多く含まれるキノコ類をはじめとして、エネルギーをたっぷり蓄えるのに適した食品が目立ちます。

そんな秋の味覚ですが、実は秋の食べ物には美肌や美白に効果があるもの多いのです。

秋は急な老化に要注意!?

夏の間は日差しの強さや気温の高さもあって、紫外線対策や体調管理に気を付けていたと思います。しかし、秋になって過ごしやすい気温になると当然日差しが弱まりますよね。

秋は夏に受けた紫外線ダメージによって通常よりも必要な栄養分が不足している時期でもあり、身体的にはダメージや疲労が蓄積するため、お肌のトラブルや老化サインには注意が必要なのです。

空気は冬に向けて急速に乾燥していきます。夏の間に紫外線により内側から水分が奪われたお肌に、今度は外側から乾燥した空気に肌表面が晒されることになります。

また、この内外の急激な変化がお肌にとっては大きなダメージとなるのです。

紫外線のダメージにより光老化が進むと、お肌は弾力やハリを失い、 メラニン色素の合成を促されることで皮膚が段々と黒くなったり、シミ、シワやたるみの予備軍をお肌の奥底に潜ませています。

そのダメージに気づかず、涼しくなって油断しているとあっという間に夏の間のダメージが顕在化し、急に老けて見られるのです。

本格的な冬になれば、空気の乾燥はさらに進みます。気温の低下によって血行が悪くなるので肌へのダメージは増す一方です。過ごしやすくなっている時だからこそ、乾燥と紫外線に注意を払い、お肌へ必要な栄養分をしっかり摂取して冬に備える必要があるのです。

美肌効果のある秋の食材

秋の味覚で美肌効果が得られる食事があります。旬の食材には、この時期にこそ摂れる栄養素がたっぷり詰まっています。

気温が低く空気中の水分量が少ない冬は、顔など肌を露出している部分は体温の影響で外気より温度が高くなるため乾燥しやすくなり、そのうえエアコンによる暖房の使用で乾燥に拍車がかかります。

お肌にとって過酷な冬を迎える前に、しっかり美肌に良い成分を摂りましょう。

どんな食材が特に美肌に有効か紹介します!

〇柿

秋の果物の代表ともいえる柿ですが「柿が赤くなれば医者が青くなる」という言葉があるほど柿は栄養たっぷりの果物なのです!

柿は特にビタミンCを大量に含んでいるのが特徴で、柿一つ食べると一日分のビタミンCを補えてしまうほどです。ビタミンCは、シミやそばかすを予防し、ハリのある若々しい肌を保つ効果があります。

また、ビタミンCには強い抗酸化作用があり、紫外線やストレスなどにより発生する活性酸素を除去し身体の酸化を防ぐ「抗酸化作用」があります。この作用により、お肌の老化、トラブルなどを予防できます。 

夏の間に蓄積された紫外線ダメージがもたらすシミ、しわ、たるみの予防にもなるのです!

その他に、柿に含まれるカリウムは、体内の不要な塩分を排泄する役割があり利尿作用があるので、むくみやセルライトに悩む方にもおすすめです。

〇さつまいも

さつまいもに含まれるビタミンC、ビタミンB群は美肌にとって効果があります。

特にビタミンB2は新陳代謝を促し肌のターンオーバーを整えてくれます。

〇栗

秋と言えば栗を真っ先に思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?

実は栗には食物繊維が豊富に含まれており、その含有量はレタスの4倍にもなるのです!ビタミンやミネラルも非常に多いので秋の体質改善にはもってこいです。

〇サンマ

秋刀魚はお肌の基礎をつくるのに必要な良質なタンパク質や、青魚ならではのEPA・DHAを始め、様々なビタミン類(ビタミンB群・ビタミンD・ビタミンE・ビタミンA)が豊富に含まれています。 

鉄分も多く含むので貧血や新陳代謝の活性化にも効果があると言われています。

美しいお肌のための栄養素が揃っている、まさに万能の食材ですね!

〇まいたけ

秋と言えばきのこが美味しい季節ですが、きのこは食物繊維が豊富で便秘を予防してくれます。肌荒れを防ぐビタミンBも多く含んでいます。

〇人参

人参は抗酸化作用を持つベータカロテンの量が圧倒的に多く、肌の老化を防ぎ、若々しい肌を保つ効果があります。

〇ぶどう

ぶどうにはブドウ糖をはじめ、 収斂作用や皮膚の弱酸性を保ったり、クエン酸回路を刺激し体内の成分をエネルギーに変換しやすくする作用や、疲労を回復したり、整腸作用がある酒石酸、綺麗な肌を維持するのに欠かすことができないビタミンAやビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンC、ビタミンEなどといったたくさんのビタミン類が含まれています。

他にもたくさんの秋の味覚があります。

自然の素材はお肌を内側から美しくする働きがあり、秋は根菜類や木の実類、芋類、野菜など肌に良い食材が非常に多いのです!

美肌を内側からサポートしよう

旬の食材はその季節毎に私たちの身体に必要な栄養素豊富に含んでいます。

健康的な身体を維持し免疫力を高めるなど身体的に良い影響を与えるのはもちろん、お肌にも良い影響を与えてくれます。

美しい肌を作る為には、肌細胞の材料となるたんぱく質、肌細胞の生成をサポートするビタミン類や亜鉛などを積極的に摂取しましょう。

また、お肌や毛髪は、身体の末端に配置されている器官です。

身体の内側にじゅうぶんな栄養が足りていないと、末端まで栄養が届きません。まずは健康な身体を維持するためにしっかりバランスの取れた食事を心がけることが、美しい肌をつくることに繋がるのは言うまでもないでしょう。

そして、血液は毛細血管を通って、末端のお肌にまで栄養分を運びます。

血液がたくさんの栄養をスムーズに運ぶことができるように血流を良くすること、つまり血液の状態をサラサラに保ち、血管をいつまでも弾力のある若々しい状態に保つことも、最終的には美肌に繋がります。

まとめ

秋におすすめの「美肌に良い食材」を紹介しました。

乾燥や紫外線で受けるダメージに気を付け、外的なケアや対策も取りつつ、内側からしっかり栄養を補うことで、老化や様々なストレスに負けない強い美肌になりましょう!!


【関連記事】

「乾燥が気になるシーズン到来!トラブル知らずのお肌を手にいれるためには」
「スーパーフードって何から始めたらいいの?おすすめ入門フード5選」

 

 

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別