コロナ封じでブーム!!妖怪「アマビエ」とは?

皆さんはアマビエを知っていますか?

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、「疫病(えきびょう)から守る」キャラクターとして、SNS上では「#みんなのアマビエ」「#アマビエチャレンジ」などのハッシュタグとともに、プロアマ問わずさまざまなクリエイターによる「アマビエ」がたくさん投稿され、ブームとなっています。

この不思議な姿をした妖怪「アマビエ」は、何故そこまで注目され、話題となったのでしょうか?今回は、この妖怪の魅力や不思議な言い伝えについて紹介していきます。

アマビエとは・・・?

アマビエの出現を伝える瓦版

弘化3年4月中旬(1846年5月上旬江戸時代後期)刊行。木版画。京都大学所有、京都大学附属図書館所蔵。

引用:京都大学貴重資料デジタルアーカイブページにある肥後国海中の怪(アマビエ/アマビヱ)より

アマビエ(歴史的仮名遣:アマビヱ)は日本に伝わる妖怪です。つぶらな瞳に鳥のようなくちばし、長い髪の毛、うろこに覆(おお)われた胴体が特徴です。

その昔、肥後国(現在の熊本県)で、夜ごと海に謎の光があらわれたため、土地の役人がおもむいたところ、アマビエと名乗るものが出現し、役人に対して「今年から6年間は豊作が続くけれども、そのかわりに疫病が流行る。そうなったら、自分の姿を絵に描いてそれを人に見せるように」と予言めいたことを告げ、海の中へと帰って行ったとされています。

【当時の資料の原文】
肥後国海中江毎夜光物出ル。所之役人行見るに、づの如く者現ス。私ハ海中二住、アマビヱト申者也。當年より六ヶ年之間、諸国豊作也。併、病流行、早々私を写シ人々二見せ候得と申て、海中へ入けり。右ハ写シ役人より江戸江申来ル写也。
弘化三年四月中旬

水木しげるさんの漫画『ゲゲゲの鬼太郎』のアニメ版に出てくるので、妖怪好きの間では以前より知られていました。

ただ、弘化3年に大規模な疫病があったという記録はなく、人々の不安をあおったうえで『疫病を避けるためにはアマビエの絵が描かれた摺物を買いなさい』という、一種のマッチポンプ商法のようなものであったとする説もあります。

140年の時を経て蘇ったアマビエ

今やアマビエは、日本の様々な漫画家やイラストレーター、クリエイターがその姿を鮮やかに再現し、お菓子や小物、雑貨などにも登場するようになりました。

あまり知られていなかったローカルな妖怪である「アマビエ」ですが、何故、140年も前に生まれたマイナーな妖怪が、この現代ににわかに注目されるようになったのでしょうか?

それは、ある妖怪掛け軸専門店のSNSの投稿がきっかけでした。

新型コロナウィルスの影響で、鬱屈した社会情勢にあった令和2年2月27日「疫病退散にご利益があるというアマビエの力を借りよう」「疫病対策としてアマビエのイラストをみんなで描こう」との発想から、妖怪掛け軸専門店「大蛇堂」が妖怪ファンならば知っていても一般にはほとんど知られていないアマビエの解説と共に、大胆にアレンジした強面のアマビエの掛け軸をツイッターに投稿したところ、この考えに賛同した多くのツイッター利用者がハッシュタグ「#アマビエ」「#アマビエチャレンジ」「#アマビエ祭り」などで、アマビエを自己流にアレンジした作品(イラスト、漫画、動画、ぬいぐるみ、あみぐるみ、刺繍、フィギュアなど)を次々に投稿するというムーブメントが起こりました。

3月5日には著作権フリーのイラスト素材サイトにも投稿され、6日には漫画家・トキワセイイチさんが漫画『アマビエが来る』をTwitterに投稿し、これにも大きな反響がありましたが、同日、ついに原書にあたるアマビエの瓦版を所蔵する京都大学附属図書館から投稿があり、数日のうちに5,000を超える「いいね!」が寄せられ、どんどん盛り上がりを見せていきました。

 

新型コロナウィルス拡大の影響で自粛要請が呼びかけられ、多くの人々が自宅にこもる日々の中、閉塞した気分をやわらげようと、クリエイターのみならず一般の人々も自作のアマビエを投稿し、見せあい、交流しました。

現代のアマビエは絵だけにとどまらず、可愛く時にリアルにデフォルメされて彫刻、陶芸、ガラス、織物、和菓子、あみぐるみ、刺繍、フルーツカービング、アクセサリー……など様々な表現方法で楽しまれています。

さらには「アマビエ・チャレンジ」は、なんと「#amabiechallenge」や「#amabie」のハッシュタグで英文でも拡散され、カラフルなアマビエの絵が世界中でいくつも投稿されています。

そんなイマジネーションあふれ個性的なアマビエたちが多数出現するなか、3月にはあの、妖怪界の大御所である水木プロダクション公式ツイッターが「水木しげるのアマビエ原画」を公開し、大きな話題になりました。

正しい知識で予防、お篭りを楽しもう!

AIやナノテクノロジーが世界で実用化されつつある昨今、まさかこのような非科学的な存在である妖怪が注目を浴び世界中に知られることになるなど、ほとんど無名の一妖怪であるアマビエ本人も思いも寄らないことだったのではないでしょうか(笑)?

日本の独特の文化や伝説が、このように再び注目を浴び世界中で愛されるというのは非常に嬉しいことですね。

今回のアマビエ大流行は、当時のような予言の要素は見られず、護符としての特徴のみが拡散していると言えます。

気候が暖かくなってくるとともに、この騒動もようやく落ち着きを見せており、アマビエは護符としての役目はじゅうぶん果たしたように思いますが、「正しい手洗い」「咳エチケット」「3密を避ける」には引き続き留意しながら、これからもちょっとした工夫や柔軟な発想で新しいライフスタイルを模索し楽しんでいきましょう。

この「お篭り」によってもたらされた様々なユニークな運動、新しいコミュニケーション、クリエイティビティに感謝して、正しい知識を得ながら人々と優しい繋がりを持ち、心身ともに日々健康に過ごしていけると良いですね。

 

 

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別