コロナに負けない!マスクでも崩れないメイク方法

コロナ対策として、「身体的距離の確保」「手洗いをしっかりする」「日用品のアルコール除菌」など、新しいルールが生まれました。

その中でも、「マスクの着用」は、美容を気にする方、特に職場でのメイクがマナーとされる女性にとって、なかなか厄介なものかもしれません。

しかも夏は発汗や脂浮きなどによって、ただでさえメイク崩れしやすいですし、冬は乾燥しがちな上に、マスクが与えるお肌への物理的刺激も気になるところです。

そこで、今回はマスクでも崩れにくいメイク法と、マスク着用のためのお肌ケアについてアドバイスをお伝えしたいと思います

メイク崩れを防ぐケアでお肌の基礎づくり

マスク着用によってメイクが崩れたり、刺激によって肌荒れを起こしたりなど、マスクの長期着用によるトラブルは様々のようです。

マスクを着用しても崩れないようにするには、崩れにくいメイク方法はもちろんのこと、厚塗りやカバー力の高いファンデーションの不要な、コンディションの良いお肌であることに越したことはありませんね。

まずは脂浮きやメイク崩れを起こしにくいお肌の基本的なケアからご紹介します。

①正しい洗顔は美肌の鍵!!

洗顔時に泡立てネットを使っていますか?

泡だてネットを使わずに洗顔をすると、手の力で汚れを掻き出そうとしてしまい、お肌に物理的な負担がかかります。泡立てネットでもっちりした泡をつくり、肌に刺激をかけずに角質内、毛穴の中の汚れをやさしく取り除きましょう。

強い刺激は、皮脂の分泌を過剰にしてしまうだけでなく、シミやシワの原因、毛穴を広げてしまう原因にもなります。手が直接肌にあたらないように、おおよそりんご一個大の泡で洗うようにしましょう

②自分の肌質にあったケアを!!

「オイリー肌で皮脂が気になる・・・。」「ファンデーションが毛穴に埋まる・・・。」というお悩みの方もいれば、「混合肌で日によってお肌の状態が違う。」「乾燥したり皮脂が多かったりする部分がある。」「敏感肌で刺激を感じやすく、肌荒れを起こしやすい。」というお悩みの方もいて、お肌のタイプは本当に千差万別です。

オイリー肌の方は、毛穴が気になり、肌を引き締める化粧水や美容液を使いすぎてしまう場合もありますが、それによって皮脂分泌を余計に過剰にしてしまうこともあるのです。皮脂腺の数は部位によって異なります。

ご自身の肌質に合わせて部分使いをしたり、肌タイプに合わせたケアを行いましょう。

お肌のタイプ別メイク崩れ対策!

お肌のタイプによってケア方法は違います。

その中でも、皮脂の分泌によってメイクが崩れてしまうのは、「オイリー肌タイプ」「混合肌タイプ」です。そして、乾燥や肌荒れによってメイクが崩れてしまうのは「敏感肌タイプ」「乾燥肌タイプ」です。

メイク崩れの原因となるお肌のコンディション、そのケア方法から、まずは見直していきましょう。

メイク崩れを防ぐケアでお肌の基礎づくり

★オイリー肌タイプ

皮脂を落とそうとしてゴシゴシするのは強い刺激は、皮脂を多く出すだけでなく、シミやシワ、毛穴の広がる原因になります。

手が直接肌にあたらないように、たっぷりの泡をクッションのようにして、やさしく洗顔しましょう。

イオンクレンジングがおすすめ

イオンクレンジングとは、プラスイオンを発生する家庭用美容機器を用いて、物理的刺激を与えることなく毛穴の汚れを除去できるクレンジング法です。
古い角質やホコリ、排気ガスなどの汚れはマイナスに帯電しているため、プラスの電流に引き寄せられ、毛穴の奥の汚れも引き出すことができるという仕組みです。

イオン導入は、この仕組みを逆に利用したもので、美容成分をお肌の奥へと導入したいときに用いられます。美容機器では、プラスモードとマイナスモードの両方が使用できるものも出ていますので、目的に合わせて選ぶと良いでしょう。

  1. 専用のジェルを全顔に塗布します。
  2. 機器をお肌に軽くあて、イオンクレンジングを行います。(約5分~7分)
  3. 毛穴の汚れをしっかり除去した後はぬるま湯でやさしく洗い流し、タオルを軽く当ててタオルドライをします。
  4. ビタミンC配合の美容液を塗布し、マイナスイオンモードでイオン導入をします。(約5~7分)
  5. その後、いつものお手入れを行います。

強い刺激を与えていませんか?

正しい洗顔は美肌の鍵です。

全体的に皮脂が多いタイプでも、目や口の周りは動きが活発な部分なので、乾燥している場合もあります。軽く保湿して乾燥から守りましょう。

また、洗顔後の清潔な肌に、ビタミンC配合の美容液を用いることで皮脂をコントロールできます。

ファンデーションの厚塗りも要注意!

オイリー肌の方は、皮脂でファンデーションが落ちやすいため、どうしても朝厚塗りで出かけがちです。しかし、皮脂を抑えるタイプのファンデーションやおしろいは、実は乾燥を引き起こしやすく、逆に皮脂分泌を活発にしてしまう場合もあり注意が必要です。

全顔には、できるだけ紫外線や外的刺激からお肌を守る軽いタイプのリキッドファンデーションや、日焼け止めに色がついた兼用タイプのものを使用し、色むらやシミが気になる箇所だけ、部分的にファンデーションやコンシーラーで隠すようにすると良いでしょう。

★混合肌タイプ

混合肌タイプは、季節の変化によってお肌の状態も変わりやすく、なかなか対策が難しいと感じるかもしれませんが、基本的には保湿が足りていない場合が殆どです。

皮脂の量はビタミンC配合の美容液でコントロールもできますので、部分的に用いて改善していくことができます。

Tゾーン

皮脂腺が多くテカリがち。ビタミンC 配合の美容液で毛穴の引き締めケアをしましょう。
皮脂を抑える化粧水や毛穴専用のパックなどは、逆に皮脂分泌を活発にしたり、毛穴を広げてしまう場合があるので、頻繁な利用はあまりおすすめしません。

Uゾーン

乾燥していることもあるので、軽く保湿しましょう。

セラミド配合の美容液や化粧水は、ベタつかず保湿効果が持続します。

メイクは艶タイプで

混合肌タイプの方は、鼻やおでこのテカリを気にしてマットなメイクをしがちですが、夏は逆にメイク崩れを目立たせてしまうので、避けたほうが正解です。

乾燥しがちな部分に潤いを与えツヤ感を出すことで、鼻やおでこのテカリとの差が目立たなくなり、メイク崩れも防げます。皮脂が気になる箇所はパール入りの下地にパウダーのみにしておけば、いつでもパウダーだけ持ち歩いて手軽に化粧直しができます。

★乾燥肌タイプ

乾燥肌の方は、夏場でも保湿が非常に重要です。

内側からも水分が不足しがちなので、潤いを外側から与えるだけでなく、こまめな水分補給とインナーケアで内側からも潤いを増やすよう意識しましょう。食事内容を見直すことで乾燥肌を改善できる場合があります。

乾燥肌を改善する食事

乾燥肌に不足しがちな栄養素は、たんぱく質・ビタミンA(β-カロテン)・ビタミンB2・ビタミンC・ビタミンE・亜鉛などです。

それぞれ、お肌の細胞の働きや増生(コラーゲン生成)、皮膚の保護や再生、健康維持、細胞の抗酸化、血行促進、代謝に不可欠な栄養素です。

バランスの良い食事で、刺激やストレスに強いお肌環境の維持を心がけましょう。

乾燥肌と敏感肌はセット

乾燥肌は同時に敏感肌である場合が多いです。

皮膚のバリア機能には、角層細胞間で水分を保持するセラミドに代表される「細胞間脂質」、角層の中で水分を引き寄せる「NMF(Natural Moisturizing Factor=天然保湿因子)」、お肌表面で水分の蒸散を防ぐ「皮脂膜」の主に3つが重要な機能としてあげられ、これらは「皮膚バリアの3因子」と呼ばれます。

乾燥肌は、これらの機能が弱い状態ですから、乾燥肌=バリア機能が損なわれた状態の肌なのです。ですので、乾燥肌は、さまざまな刺激に敏感に反応してかゆみや赤み、かぶれなどの肌トラブルが起こりやすい肌=敏感肌とも言えます。

メイクはお肌の保護として活用

乾燥肌の場合、朝メイクをする前に保湿をしっかり行い、下地も保湿効果の高いものを選ぶと良いですが、夏場は特に気をつけたいのが紫外線やエアコンによる刺激です。

通勤や徒歩の短い間にも紫外線はお肌にダメージを与え、水分を奪います。

ファンデーションは美容成分が含まれる紫外線予防効果の高いもの、長時間つけていてもお肌に負担のかからない自然派のものを選ぶと良いでしょう。

目の周りや口の周りは特に乾燥が進みやすいので、保湿をしっかりと行い、マスク着用の際は鼻や頬にも物理的刺激を受けやすいので、しっかり保湿とファンデーションを塗るよう心がけてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

『マスクでも崩れないメイク方法』と聞くと、いつものメイクにプラスするテクニックや、何か特別な方法だと思われたかもしれませんが、日頃のケアやいつものメイクを少し見直して、自分にあったシンプルなメイク法に変えるだけの、引き算的なアドバイスをご紹介させていただきました!

ぜひ、マスクでお顔が隠れているこの機会に、お肌のコンディションを整え、すっぴんを美しくしていただき、素肌感のある素敵なメイクでお過ごしください。

「美肌に勝るメイクなし!」です。ご参考になれば幸いです。

 

 

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別