シミにならない対策とは

綺麗な素肌は女性にとって憧れですよね。
年齢を重ねてもシミひとつないお肌ならば、見た目年齢はかなり若く感じますし、健康的なイメージを周囲に与えるでしょう。

しかし実際には、なかなかそんな人は稀です。きちんとお手入れをしているつもりでも、いつのまにかシミができていた!なんて経験がある方も多いのではないでしょうか。シミができてしまう原因は一体何なのでしょうか。

今回は、シミができてしまう原因とその対策についてご紹介をします。

シミができるメカニズム

いつのまにか肌にできてしまうシミのほとんどは、黒色色素のメラニンが一部分に集中してしまい、肌が黒っぽく・茶色っぽく見えている状態です。シミは、しわやたるみと同じく実年齢よりも老けて見られてしまう原因の1つになります。

メラニンは、紫外線を浴びると肌表面のメラノサイトという部分で作られます。メラニンは本来、紫外線から肌を守り、皮膚病や肌トラブルを防ぐバリアの役目をしています。お肌の基底層にあるメラノサイト(色素細胞)という場所で生成されたメラニンは、肌のターンオーバーで徐々に肌内部から肌表面に押し上げられていき、古い角質と一緒に剥がれ落ちます。

このメラニンが何らかの原因で過剰に生成されてしまったり、ターンオーバーがうまくできずに排出しきれなかったりすると、肌表面に蓄積されていきます。
肌表面に集中的に蓄積されたメラニンの塊は、いわゆる「シミ」となって色素沈着していきます。

これがシミができるメカニズムです。

メラニンが生成される原因

上記で、メラニンが過剰にできてしまうことがシミの元となるとご紹介しました。ではメラニンが過剰に生成される原因をご紹介します。

〇紫外線
メラニンが過剰にできてしまう大きな原因が紫外線です。春から夏にかけては日差しが強くなり、紫外線量も増加します。紫外線には2種類があります。

・UV-A
波長が長く、ガラス窓や曇り空を通過して、肌表面の基底層から真皮まで到達します。メラノサイトを活性化し、メラニンが大量に作られます。

・UV-B
波長は短く、肌表面に影響を及ぼします。日焼け後に、肌がヒリヒリして赤くなるのはこのUV-Bが原因と言われています。UV-Aよりも刺激が強く、細胞を壊してしまうほどの力があります。

〇活性酸素
体内に取り込まれた酸素の一部が、紫外線やストレスなどで変化したものを活性酸素と呼びます。活性酸素はメラノサイトを刺激するため、メラニンが作られる原因の1つになります。

〇瘀血(おけつ)体質
体内を流れる血は、全身に血を運ぶと同時に、老廃物を排出する働きがあります。この働きで肌のターンオーバーがおこなわれますが、血の流れが悪くなると老廃物をうまく排出できなくなります。この血の流れが滞る体質を、漢方の世界では「瘀血体質」と呼びます。ターンオーバーがうまくおこなわれずにメラニンが溜まりやすくなってしまいます。

シミにならない対策法は?

では、そんなシミやメラニンを抑えるためには、どんな対策をしたらいいのでしょうか。

〇食生活の見直し
食生活の乱れは、お肌の乱れにつながります。アルコールやコーヒー、お菓子などの嗜好品には、お肌にはよくないものもあります。
シミ予防や改善に良く、美肌のためにも必要な栄養素をご紹介します。

・ビタミンC
シミ対策の代表的な栄養素がビタミンCです。黒色メラニンが過剰に作られてしまうのを抑えてくれます。
→レモン、イチゴ、キウイ、アセロラ、赤・黄ピーマン、柑橘類など

・ビタミンE
ビタミンEはビタミンCの働きを助けて、メラニンが作られる原因となる活性酸素の作用を抑える働きがあります。
→ナッツ類、アボカド、かぼちゃ、サーモンなど

・ビタミンA
ビタミンAもビタミンEと同様に、活性酸素の作用を抑えます。
→牛乳やチーズなどの乳製品、卵、うなぎ、鶏・豚レバーなど

これらの食材を普段の食事にプラスしてみましょう。
美白に良い栄養素が豊富に含まれる食べ物をより詳しくご紹介した記事もございます。

▼美白ケアをおさえておこう!
https://www.recella-terrace.com/journal/lets-keep-whitening-care/

こちらもぜひご参考にされてみてください。

〇紫外線対策
これからの季節は紫外線が強くなっていくため、肌の紫外線対策が大切です。紫外線カットの日焼け止めや日傘、帽子などを活用して、紫外線による肌への刺激を和らげましょう。日差しが弱くても紫外線は降り注いでいるので、これぐらいなら大丈夫と油断せず、日焼け止めをこまめに塗るなどして対策しましょう。

〇血流をよくする
漢方で「血(けつ)」は、カラダ全体に栄養を与え、老廃物を回収するものという位置付けです。漢方では、血の巡りが滞る体質を「瘀血(おけつ)体質」と呼び、シミはカラダの内側に主な原因がある肌トラブルのひとつで、血の巡りが滞ることが大きく関わっていると考えられています。

「瘀血(おけつ)体質」は運動不足や食生活の乱れ、ストレス、冷え、むくみ、加齢など、日常のさまざまな生活要因で女性が陥りやすい体質のひとつです。

シミを悪化させ増やさないためには、「瘀血(おけつ)体質」にならないように、軽い運動をしたり、体を温めたりして血流をよくしましょう。血流は食べ物でも改善が見込めます。たまねぎ、にら、みょうがなどを普段の食事に取り入れましょう。

まとめ

今回はシミの原因と対策についてご紹介しました。紫外線対策や食生活の改善など、ちょっとした工夫でシミ対策ができます。普段の生活に取り入れて、シミのない綺麗な肌を目指しましょう!

 

 

 

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別