自然療法で簡単に美肌を手に入れる方法

皆さんは普段、どんなスキンケアをしていますか?
高い化粧水をつかったり、コスパの良いもので朝・晩パックを行ったりなど、スキンケアに時間をかけている女性はけっこう多いと思います。
自然療法の観点から、今回オススメするのはメイクをお休みする「お肌の休息日」を作り、簡単に理想の美肌を手に入れる方法をご紹介いたします。
絶対にそんな簡単に美肌なんてあり得ない!と思った方もぜひ一度、読んでみてください!

「自然療法」ってなんだろう

そもそも、「自然療法」ってどういうこと?と思った方もいらっしゃるのではないでしょうか?

元から備わった機能として、人間には「自然治癒力」という能力があります。
自然療法は「ナチュロパシー(Naturopathy)」とも言われ、身体が本来持っている「自然治癒力」を活かして健康を維持したり、病気を治そうとする医学のことです。

近年では、切り傷などの場合、縫い合わせずにテープでくっつけてあげるだけで、人間本来の治癒能力を生かして元通りに治すという方法が病院での一般的な治療になってきているそうです。

お肌にもこの「自然治癒力」は備わっているので、本来の治癒能力が活性化すれば、健康的でイキイキとしたキレイな素肌になることも可能です。

普段はスキンケアをし過ぎて、自分のお肌本来の性質を見落としたまま、形式的なケアが習慣化してしまっている可能性がありますので、一度、自然のままの状態で本来の素肌の質を確認することも重要になります。

お肌の休息日のメリットとは?

ほとんどの化粧品には、有効成分以外にたくさんの添加物が含まれています。

例えば「防腐剤」や「合成界面活性剤」などが代表的な添加物ですが、「防腐剤」は、肌の常在菌まで死滅させてしまうことがあります。

「合成界面活性剤」は、皮膚に必要な構成成分を取り去るだけでなく、洗顔後も皮膚に残り続けたりするとも言われています。

また、最近話題のナノ化物質は、使い心地は良いものの、これまで皮膚バリアで排除してきた物質まで内部に浸透させてしまうと、その有用性を疑問視する声もあります。

その他にも「収斂剤」や「紫外線吸収剤」「合成ポリマー」「合成香料」「合成着色料」など、化粧品への添加物の種類は挙げればきりがありませんが、仕事がお休みの土日2日間だけでもメイクをお休みすることで、そうした多くの余分な物質を1度リセットできます。

「防腐剤が原因で肌に炎症を起こすことがある。厚生労働省が決めた許容範囲内の配合でも、人によっては発疹や、皮膚がひりひりしたり赤くなったりする。これらの症状は「化学物質過敏症」のひとつであり、「接触性皮膚炎」といわれるもの。すぐに反応しなくても防腐剤が血液中に入り込み、アレルギーを起こす抗体が作られ、ある日突然発症するケースも多い。」
引用元「CoLoR+DA:https://www.mrso.jp/colorda/lab/3691/」

「敏感肌ケアに意識の高い方なら「界面活性剤」についてご存知の方も多いかもしれません。
界面活性剤とは、界面(物質同士の境の面)に働きかけて性質を変化させる物質の総称です。
水にも油にも溶ける性質を持っている成分で、その特長を利用して、水溶性成分と油溶性成分を混合するための乳化剤として、また油汚れを落とすための洗浄剤として広く使われています。
ただ、界面活性剤の中には、洗浄力が強いだけでなく、敏感肌の方にとっては肌への刺激が強い傾向があるタイプもあり、敏感肌によくない影響を与えることも。一般的な化粧品に含まれる乳化剤も界面活性剤の仲間ですから、せっかくのスキンケアも、界面活性剤が肌の刺激になることがあるかもしれません。」
引用元「Arouge:https://www.arouge.com/labo/basic/active.html」

自然治癒力を高める食べ物

自然治癒力とは、「本来備わった自己治癒力を発揮し病を癒し、治す自然の力」のことです。その自然治癒力を高めるためには「食事」「運動」「呼吸」「心」などのバランスを整え、調整が鍵になります。

このバランスが崩れると、免疫力が低下し、健康的なお肌を維持するための抵抗力が弱まります。免疫力をアップさせるのに食生活は大きく関わってきます!

大切なのは、 食事のリズムを整え、バランスのとれた食事をすることです。
暴飲暴食を避け、栄養バランスの良い食事を心がけると、自律神経も整い免疫力アップにつながります。

〇アセロラドリンク
美白効果抜群なうえ、ニキビやシミ、そばかすの色素沈着除去や予防に効果的と言われています。
果汁の高いものがおすすめですが糖分が高いので、飲みすぎには注意です。

〇緑黄色野菜
野菜を食べる機会が少ない現代人ですが、野菜の栄養素は肌の健康に必要不可欠です。
サラダなどを食べることが難しい方には、スムージーがおすすめです。

〇トマト
シミ、そばかすから肌を守ってくれるリコピンを含むので肌荒れには有効的です。しかし生トマトは体を冷やす効果もあるので、お好みに合わせて調理するのがいいでしょう。

〇はちみつ
強い抗菌作用が含まれていることは、もはや有名ですよね。
色の濃い方がミネラル・ポリフェノールをたくさん含んでいて抗酸化力が高いので、選ぶ際の参考にしてください。

〇ナッツ類
ナッツそのものにはビタミンEが豊富に含まれており、顔の肌の油分のバランスを保ってくれる働きがあります。
しかし、おつまみ用のナッツには、油や塩分、糖度が含まれているので避けるようにしましょう。
また唾液には食べ物を消化する働きだけではなく、殺菌作用も期待されます。
よく噛めば噛むほど唾液が多く分泌されて、外からの異物の侵入を防ぐことができます。ゆっくりした食事を心がけましょう。

お肌本来の力を引き出そう

いかがでしたか?

自然治癒力を高めるために大切な「食事」「運動」「呼吸」「心」ですが、毎日食事をしない人はいませんよね。食事に気を配るだけなら少し慣れれば簡単に続けて行けます。

また1週間のうち、外出の予定が無い日のみお肌の休息日を設けるのであれば、始めやすいですし手軽に試せるのではないでしょうか?

自分のお肌本来の力を引き出して、素肌の自己治癒力を強くして、誰もがうらやむ素敵なお肌を手に入れてくださいね。

 

 

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別