自宅で簡単にセルライトを撃退しよう!

皆さんは太ももやお尻などの「セルライト」気になりませんか?女性なら一度は、セルライトを除去したいと思ったことはあるのではないでしょうか。

そんな美容の大敵とも思える「セルライト」ですが、「どうやったら除去できるのか?」「色々試したけれど、一度できたセルライトは取れないんじゃないの?」という方も多いでしょう。実際に一度できてしまったセルライトを完全に除去するのは難しいとも言えますが、小さくして目立たなくすることはできます。

今回は、自宅で簡単にセルライトをケアし、皮膚表面を滑らかにする方法や、セルライトを新たに増やさない予防法についてご紹介させていただきます。

セルライトとは?

セルライトという言葉を聞いたことがある方は多いとは思います。でも、「セルライトって実態はいったい何?」と思ってしまいますよね。

セルライトの正体とは、実は脂肪に老廃物が結合して大きな塊となったものを言います。皮膚の表面がボコボコと盛り上がって見えることから、欧米ではオレンジの皮のような皮膚を意味する、「オレンジピールスキン」と呼ばれているそうです。

美しさを求める女性にとって、セルライトは美容の大敵ですよね。

そんなセルライトですが、脂肪や老廃物から成っている物質のため、簡単に除去することも可能なのです。体重の増加などが原因となって起こる「肉割れ」や「妊娠線」のように、皮下組織に亀裂が入るものと違い、適切な方法によって解消できるものなので、正しい知識でしっかりとケアしていきましょう。

セルライトはどうしてできるのか…

そんな女子の敵である「セルライト」は何が原因でできてしまうのでしょうか。

セルライトは先程も話した通り、脂肪と老廃物によるものです。そのため、運動不足や老化などによって新陳代謝が悪くなると老廃物が排出されにくくなり、脂肪も蓄積されやすくなります。また、脂肪の比率が増えるということは、筋肉量も低下するということですので、その分筋肉を覆っている皮下脂肪を支えることができなくなってしまいます。

支えきれなくなった皮下脂肪はやがて、下垂し塊となって重力への影響を受けます。こうしてボディラインにたるみが生じることによって、脂肪が血管やリンパ管を圧迫し、血液の循環を悪くします。血液と共に排出されるはずの老廃物が溜まり、脂肪と結合することでセルライトを増やす原因をつくってしまうのです。

また、リンパ液と呼ばれる体液が流れている器官、リンパ系は体内の老廃物を排出するための働きがありますが、劣悪な食習慣や運動不足からリンパ節がむくみ、それによってセルライトができてしまう可能性もあります。

さらに、物理的ストレスや心理的ストレスによる女性ホルモンの乱れもセルライトを作る原因になることがあります。人はストレスを感じると、血管が収縮してしまうそうです。そのため、血液の循環を悪くしてしまう恐れがあります。
また、物理的に長時間圧迫したり、冷えることで血流を妨げる状態が続いた場合でも、同じように血液の循環が悪くなります。

特に、慢性的なストレスに悩んでいる人は要注意です。慢性的なストレスを抱えていると、リラックスした心の状態が持てず、常に緊張した状態、つまり血行不良の状態になってしまうため、老廃物を排出する働きが衰えてしまうのです。また、回復力や自然治癒力も衰えるため、セルライトができやすくなる可能性があります。

その他、女性ホルモンの乱れによってもセルライトができやすい状況が生まれます。男性と比べて女性は皮下脂肪がつきやすいようになっています。女性は妊娠や更年期、月経などでホルモンバランスが崩れやすく、エストロゲンが過剰に分泌されると、脂肪細胞が大きくなり、肥満の原因やセルライトがつく引き金ともなるのです。いっぽう生理前に多く分泌されると言われている「プロゲステロン」は、体内に水分を溜め込みやすくする働きを持つため、このホルモンもセルライトの生成に深く関係していると言われています。

セルライトを予防するには

では、セルライトを予防、改善するために効果的な方法をご紹介します。

〇運動やマッサージ

●足裏マッサージ
普段ヒールを履くことの多い女性は特に、足の裏に老廃物が溜まりやすい傾向にあります。
そのため、毎日しっかりと足の裏を指圧して血行を促すことで、セルライトを減らすことができます。じゃんけんのグーのような形に手を握り、足裏を押し上げるようにかかとからつま先まで10往復しましょう。それをくり返すだけでも、十分効果が期待できます。

●ふくらはぎのリンパマッサージ
ふくらはぎは特に血行が悪くなり、むくみやすいポイントになります。そのため、ふくらはぎや太ももはセルライトを作る原因にもなりやすい箇所なので、よくリンパを促してあげましょう。

リンパは揉みこむと傷んでしまうので、優しくなでるように押さえながらゆっくりと流すと効果的です。また、ふくらはぎの筋肉をストレッチなどでよく伸ばしてあげるのも良いです。とくにデスクワークなど同じ姿勢で作業している方は仕事中も時々、ふくらはぎの筋肉を伸ばすように意識をしてあげることが大切になります。

〇生活習慣を改善する

生活習慣を改善することで、セルライトを予防することができます。
もし自分が当てはまるところがあれば、できるところから改善してみましょう。

●睡眠をじゅうぶんに取る
睡眠不足が続くと自律神経が乱れやすくなり、セルライトがつきやすい身体になってしまいます。なので、セルライト予防のためには、睡眠をしっかりととりましょう。
睡眠時間がじゅうぶんに取れている場合でも、浅い眠りや質の悪い睡眠は逆効果です。良い睡眠環境での質の良い睡眠にも気を配ってください。

●塩分の摂りすぎを避ける
塩分には水分を抱え込む性質があるため、摂り過ぎるとむくみの原因になります。身体がむくむと、血液やリンパの流れが滞り老廃物が溜まりやすくなるので、セルライトができやすくなります。

●水分を多めに摂る
水分をたくさん摂ると、身体の新陳代謝を上げ、毒素や老廃物など身体に不要な物質を水分とともに排出することができます。皮下脂肪組織が体内に溜まりにくくなり、結果としてセルライトの予防にもつながります。糖分の入った飲み物はなるべく避け、純粋な水を摂るのが好ましいです。

●身体を動かす
身体を動かすと、血行が良くなり新陳代謝が上がります。また、どのような軽い運動でも継続して毎日続けることで筋肉量が増加するので、脂肪を支える筋肉が育まれるだけでなく、脂肪が燃焼されやすい状態になります。

〇血行を良くする
身体が冷えていると、血行が悪くなりセルライトが悪化してしまいます。セルライトの予防や改善のためには、血行を良くするように心がけましょう。
入浴はしっかり湯船に浸かるのがおすすめです。熱いお湯に短時間浸かるより、温かいお湯に10~15分ゆっくり浸かるほうが、身体が芯から温まり血行が促進されます。

先に挙げた運動やマッサージのほか、ストレッチやツボ押しなども血行促進につながるので、毎日の習慣にしてみてください。

 

まとめ

いかがでしたか?

日頃の生活習慣の積み重ねやストレスによるホルモンの乱れなどから、セルライトができやすい状態ができていたとは驚きです。
美しいボディラインを維持するためには、ちょっとした努力の継続や、日々の食生活の見直し、ストレスフリーな毎日を過ごすことなどがポイントであると思います。

一度セルライトができてしまっても諦めずに対策を続けていけば、美しい太ももやお尻は取り戻すことができます。

ぜひ、参考にしてみてください。

 

 

 

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別