食べる日焼け予防対策とは?!

アウトドアやスポーツが楽しくなる春以降から夏にかけては、紫外線も強くなる時期です。美肌を目指す女性は特に、日焼けが気になり始めますよね。

若々しい美肌を保つためには、日焼け止めクリームや紫外線対策は必須になります。日焼け止めは体の中からでもできるのです。

今回は「食べる日焼け予防対策」について紹介します。

日焼けが気になり始めたら…

気温が上昇し快晴の日が増えてくると、山や海、スポーツを楽しんだり、アクティブになったりできる季節の到来です。

日焼け止めを塗る、皮膚を露出しない、UVカットのサングラスをする、など外的な紫外線対策はもちろんですが、普段の食事で身体の中から日焼け予防の対策をしておくと、日焼けによるダメージを少なくできます。

では、「身体の中からの日焼け予防」とは具体的にどういうことでしょうか?それは、普段の食事から、お肌への紫外線ダメージを軽減する働きや、抵抗力を高める作用のある栄養素を取り入れましょうという対策です。

実際に、普段からどのような栄養素を含んだ食品を摂取すればいいのかを、具体的にご紹介いたします。
ビタミンA、C、EはビタミンACE(エース)とも呼ばれ、いずれも抗酸化力に優れた栄養素です。新鮮な野菜・果物に含まれているため、普段の食事で積極的に摂取することで、シワやシミを予防できます。

〇ビタミンA
モロヘイヤやカボチャなどに多く含まれる脂溶性のビタミンです。健康な皮膚や粘膜の維持にとても必要な栄養素で、肌にうるおいやハリを与え、紫外線から守る働きをしています。

〇ビタミンC
パプリカやアセロラジュース、いちご、ブロッコリーなどの野菜や果物に多く含まれる水溶性のビタミンです。コラーゲンの生成が促され肌にうるおいとハリを与えます。シミの原因にもなるメラニンの生成を抑え、黒くなってしまったメラニンを薄くするという美白効果もあります。

〇ビタミンE
アーモンド、レバー、卵、ゴマなどに含まれる脂溶性ビタミンです。血行を促すことで代謝も高まり、ターンオーバーを促進します。そのため、メラニンの排出をスムーズにし、ソバカスやシミの生成を防ぎます。

〇ポリフェノール
紫外線による体内の活性酸素を抑えてくれる「抗酸化作用」ですが、先に挙げたビタミン郡の他に、特に「抗酸化作用」に優れているのがアサイーやマキベリー、ブルーベリーなどのスーパーフードです。
赤道直下の過酷な環境で育つアサイーは、抗酸化作用の代表選手であるポリフェノールの他にも、鉄分や食物繊維、カルシウムなどが多く含まれ、1日のエネルギーチャージに必要なアミノ酸、オレイン酸、ビタミンEも含まれていますので、まさに「パワーフードの代表格」と言えます。
マキベリーはアサイーに比べ、市場での流通も少なく聞きなれない方も多いと思いますが、実はアサイーやブルーベリーよりも「抗酸化力」が高いフルーツです。

〇αカロテン

実はβカロテンよりも強い抗酸化力をもつのが、αカロテンです。がんや生活習慣病予防の効果も期待されています。ニンジンに含まれる黄色~橙色のカロテノイドで、ビタミンAになる活性はβカロテンの約半分ですが、肺がんの抑制効果はβカロテンより強いといいます。
ニンジンは、油と一緒に摂ることでカロテンの吸収がアップします。「抗酸化力」の強いエクストラバージンオリーブオイルと一緒に摂れば、日焼け後のダメージ回復のサポートにもなります。

リコピンを摂取しよう!

植物などに含まれる赤色・オレンジ色の色素成分はカロテノイドの1つで、リコピンはβカロテンなどの仲間です。
リコピンはカロテノイドの中でも特に抗酸化作用が高く、同じ抗酸化作用を持つビタミンEの100倍以上あると言います。美容・健康の面から様々な効能が期待されており、美肌を目指す方には強い味方の栄養素です。

紫外線によって発生する活性酸素を除去してくれるため、日焼け予防・日焼け後の回復にも役に立つ優れものです。

〇食べ方

リコピンは油に溶けやすいため、油と一緒に食べると、リコピンの体内への吸収率が上がります。調理法も幅広く、カプレーゼやパスタなどたくさんあります。また生で食べるよりも加熱することでより吸収率が高まるので、トマトソースやスープなど加熱調理して食べましょう。

〇タイミング

リコピンはいつ摂取するかが大切です。朝、昼、夜いつ摂取すると吸収率がいいと思いますか?…正解は朝です!
なので、リコピンを効率よく吸収するのに最もおすすめなのは、朝食時、トマトジュースと牛乳を組み合わせて摂ることです。

リコピンと牛乳は相性がいいため、カルシウムも一緒に摂取できて吸収も抜群です。牛乳をかけたシリアルにトマトジュースという組み合わせなら、時間のない朝でもスピーディーにリコピンを摂取できますね。

日焼けしやすい食材は…

実は日焼けしやすくなるといわれる食材もあるので、美白を意識されている方は押さえておくと良いです。

一部の野菜に含まれる「ソレラン」という成分が紫外線に反応し、紫外線の吸収を高め、肌の炎症や色素沈着を引き起こす作用があるといわれています。
ソラレンを摂取した状態で紫外線を浴びると、メラニンを多く生成してしまいます。シミやくすみなどが発生しやすくなるため、じゅうぶんに注意しましょう。

オレンジやレモン、グレープフルーツなどの柑橘類、その他にはキウイ、キュウリ、セロリなどに含まれています。柑橘類は、朝食で食べる方も多いのではないでしょうか。長い時間、外に出るような日は食べるのを避けましょう。

まとめ

今回は、「食べる日焼け予防対策」について紹介してきました。

体の内側から紫外線を予防できるのはとても嬉しいですよね。もちろん「食べる日焼け予防対策」は紫外線対策の一部でしかありません。じゅうぶんに紫外線や日焼けをシャットアウトするためには、日焼け止めクリームや、帽子、サングラスなどもしっかりと身につけ、日常的に浴びる紫外線からお肌を守る必要があります。

日焼け予防のための正しい知識を得つつ、日焼けから自分の肌を守りましょう。

 

 

 

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別