小鼻の黒ずみの原因と解消法

若い頃はあまり気にならなかった小鼻の黒ずみ…しかし年齢を重ねていくうちにつれて次第に目立つようになってきていませんか?…小鼻の黒ずみを解消すべく、ケアをしている人が多いかと思いますが、間違ったケアをしてしまうとかえって小鼻の黒ずみは目立ってしまいます。

今回は小鼻の黒ずみのケア方法について紹介します。

小鼻の黒ずみの原因

〇産毛

鼻の頭に生えている産毛が黒く見えてしまうことも…一本一本で見るとあまり目立たないのですが、それが一部分に密集すると影がかかったようになり、黒く見えてしまうのです。

また、一説によるとターンオーバーした産毛が抜け落ちる際に、角栓がふたになって行き場を失い、角栓の中に詰まって黒くなることもあるそうです。

毛穴から複数の産毛が同時に生えてくることもあり、数本の産毛が角栓に詰まってしまうと、まるで毛穴自体が黒く着色して汚れているように見えますが、実際はもともと詰まっていた角栓に毛が絡んだ状態です。

〇角栓の詰まり

自分自身で小鼻の黒ずみを触ってみてください。もしザラザラしているなと感じた場合は詰まった角栓による黒ずみの可能性が高いです。

角栓は古くなった角質が余分な皮脂やメイクの汚れと混ざりできたものです。角栓が詰まったまま放置してしまうと、次第に酸化し、白っぽい色から茶色っぽい色に変色して、黒ずみの原因となります。乾燥や摩擦で肌の調子が悪くなってしまうと、角栓のもととなる古い角質は排出されずに肌の表面に残りやすくなってしまいます。

〇メラニン

小鼻の黒ずみは紫外線からのダメージや過度な摩擦など、誤ったケアにより過剰に生じたメラニン蓄積されて起こる場合もあります。毛穴の周り集中して負荷がかかり、メラニンが発生して黒く見えてしまいます。

もともと小鼻のあたりはメラニンが多く生理的に黒ずみやすい性質があります。また角層が厚くなりやすい場所でもあるので、メラニンが排出されにくい環境です。

毛穴が詰まっていないのに黒く見える場合、毛穴の周りにメラニンがたまっているとみていいでしょう。

毛穴を傷つけるケアは禁止

〇蒸しタオル

毛穴を開くために蒸しタオルを利用することがあるかと思います。ただし、長時間当てたままにしたり、使用した後、そのまま放置するのは禁物です。

皮脂を過剰にとりすぎてしまうことがあるため、乾燥肌の原因になりかねません。

使用後はしっかり保湿するとともに、毛穴を閉じるためのクーリングまでセットで行いましょう。

〇毛穴の汚れを取り除くパック

吸着力が強いパックは肌を傷つけやすく、肌に与えるダメージが大きいので安易に使用するのは避けましょう。正常な角質まで取ってしまったり、物理的な刺激が逆にメラニン色素を生成する場合もあります。

〇指を使って押し出す

手についていた雑菌が侵入してしまい、化膿する可能性が高いです。また、物理的な刺激が強く加わるためお肌表面へのダメージが大きいです。

〇洗顔ブラシやスクラブ入り洗顔料を使う

刺激が強く肌を傷つけ流場合があります。黒ずみは本来は放っておいても肌のターンオーバーのサイクルとともに自然と剥がれ落ちるものです。しかし黒ずみを落としたいからといって無理やり落とそうとすると、ただ肌を傷つけるだけで終わってしまいます。

生活習慣でも悪化する?!

ケアが原因で黒ずみが起こると思う人が多いかと思いますが、実は生活習慣で黒ずみが悪化することもあります。

脂っこいものが好きな方や、外食中心の生活をしている方は注意しましょう。そういったものを毎日摂取していと体内血液中の中性脂肪が増加し、皮脂の分泌量が増えてお肌の毛穴が正常な状態を維持することが難しくなります。皮脂の量が増えると毛穴が開いていきます。

ファストフードや、揚げ物・脂身の多い肉・ナッツ類・スナック菓子などが中性脂肪を増やす食べ物の代表的な例です。また、ケーキやチョコレートなど糖分が多い食べ物の摂り過ぎも皮脂の過剰分泌を引き起こします。さらにアルコールの飲み過ぎは、お肌によい作用を与えるビタミンB群を大量に消費します。

それらを毎日続けて取るのは出来るだけ避けて、理想としてはビタミン類を豊富に含んだ野菜を摂るようにしましょう。

小鼻の黒ずみ改善に良い食べ物

それでは、具体的に「毛穴の黒ずみ」に良い栄養素とはどんなものがあり、どのような食品に多く含まれているのでしょうか?

●ビタミンA(βカロテン)
うなぎ、レバー、にんじん、かぼちゃ、ほうれん草、モロヘイヤ、春菊など

●ビタミンB1
豚肉、うなぎ、枝豆、グリーンピース、かつお、ピーナッツ、玄米など

●ビタミンB2
レバー、バナナ、牛乳、乳製品、納豆、卵、うなぎ、海苔など

●ビタミンB6
まぐろ、かつお、鮭、さんま、にんにく、小麦胚芽、バナナ、さつまいもなど

●ビタミンC
パプリカ、ブロッコリー、カリフラワー、キウイ、ゴーヤなど

●ビタミンE
アーモンドなどのナッツ類、緑黄色野菜、胚芽油、穀類など

これらの食品は、毛穴の開きや角栓予防を期待できるだけでなく、エイジングケアや美白などお肌のためには非常に良いものばかりです。
一時的に集中して摂るのではなく、日々意識しながら継続して食生活に取り入れていきましょう。

小鼻の黒ずみ!正しいケア方法

〇クレンジング方法

クレンジングといっても様々な種類がありますよね。その中でも一番おすすめなのがジェルクレンジングです。しかし中には、オイルタイプのクレンジングを使っている方が多いかと思いますが、メイクが落ちやすい分肌にかかる負担はものすごく大きいです。ジェルタイプは穏やかな洗浄力のため、肌に対する負担は少ないのが特徴です。
顔にも使える制汗剤もあるので、汗を大量にかくとわかっているような日は朝、メイク段階で制汗剤を使ってみるのはどうでしょうか。

〇生活習慣

肌のターンオーバーを正常に保つためにも、生活習慣の見直しは非常に大事です。生活習慣が乱れると新陳代謝が下がり、肌のターンオーバーに影響を及ぼします。ターンオーバーを正常に保つには生活習慣を見直すために、以下のことに注意しましょう。

・偏った食生活
・ストレスを溜めすぎる
・喫煙
・不規則な生活
・運動をしない
・アルコールを大量に摂取

生活習慣を見直してみましょう。

〇蒸しタオル

柔らかいタオルを濡らし軽く絞ったらレンジで30秒ほど温めて、そのタオルをクレンジング後に顔の上に乗せて3分程度放置します。3分経過したらすぐに洗顔をしましょう。

前途のように、長時間放置するのは厳禁です。洗顔後にクーリングも合わせて行うと毛穴が引き締まってバッチリです。

〇洗顔

洗顔の際はきちんと泡立ててから使いましょう。手と肌の間に泡のクッションがあるイメージです。一番の理想としては合成界面活性剤などを使用していない石鹸が理想的です。そこまで刺激が強くないものを使いましょう。また、泡をすすぐときはぬるま湯を使い、こすらず優しく洗いましょう。

まとめ

以上、小鼻の黒ずみを防ぐために、ご自身でできるケア方法をご紹介しました。

間違ったケアで悪化するケースもあることがお分りいただけたかと思います。お顔の真ん中にある大切なパーツですから、正しい知識を得て正しいケアをしましょう。

また、黒ずみを少しでも改善してツルツルの小鼻を目指すためには、外的なケアだけでなく内面からのケアも大切です。

小鼻にあらわれる角栓や毛穴の黒ずみは、身体の内側の健康度のバロメータとも言えます。

上記以外にもストレス発散をしたり、運動を定期的にしたりして心身ともに整った美しい状態へと改善していきましょう。

 

 

 

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別