痩せたい方必見!舌トレーニング法

必死にダイエットをしたのに、またリバウンドした!という経験をお持ちの方は少なくないのではないでしょうか。できることなら、せっかくダイエットして痩せた体をずっとキープしていたいですよね。

リバウンドとは、ダイエットを突然やめてしまった際に、体重がダイエット前に戻ったり、またはそれ以上に増えてしまう現象を指します。リバウンドを繰り返していると、徐々に太りやすく痩せにくい体質になってしまいます。

実は、このようなダイエット後のリバウンド、『舌』トレーニング法を知っているだけで回避することが可能なのです!

今回はそんな驚きのダイエット方法「舌トレーニング法」をご紹介いたします。

リバウンドはなぜ起こる?

では、ダイエットで陥りがちな「リバウンド現象」はなぜ起こるのでしょうか?起こりがちなリバウンドの罠とその原因について、最初に簡単に説明しておきましょう。

運動不足や生活習慣

もともとしていないのに、ダイエット中だけ積極的に運動をしたり、食事にも気をつけるという方の場合、ダイエットをやめた瞬間もとの生活に戻るため、消費カロリーが少なくなりリバウンドが起こりやすくなります。

他にも睡眠不足や間食など、生活習慣が太りやすい原因になっている場合が多くあります。

ダイエット中かどうかに関わらず、適度な運動や太りにくい生活習慣を心がけていないと、リバウンドしてしまうということです。

ホメオスタシス(恒常性)

人間の身体にはホメオスタシス(恒常性)と呼ばれる機能が備わっていて、発汗して体の表面から熱を放出させることで体温の上昇を抑えたり、筋肉を収縮し振えさせることで熱を発して体温の低下を防いだりします。このように体温を一定に保とうする機能をはじめ、体内の環境や精神の状態を一定に保とうとする働きをホメオスタシス(恒常性)といいます。

血糖値や体重などもこの機能が働くようになっているので、ダイエットを始めてしばらく経つと、もとの体重に戻ろうとして体重が減りにくくなる、いわゆる「停滞期」を迎えます。

食事の摂取量が極端に減ると、身体が「飢餓状態である」と誤認し、脂肪を蓄積しながらエネルギー消費をなるべく抑える方向へ働きます。「停滞期」でダイエットを挫折してしまう人が多いのはそのせいです。

このホメオスタシス(恒常性)がまだ有効に働いた状態で、ダイエットをあきらめてしまい食事量を元に戻してしまうと、摂取したエネルギーを過剰に蓄積しかつエネルギー消費量を抑える機能が働きます。これが「リバウンド」が起こる大きな原因です。

ホルモンの働き

脂肪細胞から分泌される「レプチン」と呼ばれるホルモンは、食事をして栄養が身体に取り込まれ脂肪細胞が膨らむと、脳の満腹中枢刺激満腹感を感じるように働きます。満腹感を感じる交感神経が活発に働き始め、脂肪の分解が促されます。

しかし、ダイエットにより食事量が減るとレプチンの分泌量が減り、満腹感を得にくくなるため、交感神経が活発に動き始めるタイミングが少なくなり、脂肪が分解されずらくなります。

レプチンの分泌量が減った状態でダイエットをやめると、レプチンの分泌量が正常に戻るまでの間、満腹感を感じにくくなるため自然と食事量が増えたり、脂肪の分解機能も低下してしまうため、リバウンドしやすくなります。

「舌トレーニング法(舌トレ)」ってなに?

舌をトレーニングをすると聞いて、「舌筋(ぜつきん)」を鍛えるのかな…と考えてしまう人は多いかもしれません。確かに、舌筋を動かすと小顔になる効果があるということはよく聞きますが、全身を痩せさせるほどの威力は残念ながらありません。

実は、「舌トレーニング法」とは舌筋を鍛えるのではなく、味覚を修正することでダイエット効果が期待できるというものです。

今までは、食事制限をしたり、筋肉に負荷をかけて脂肪燃焼をしたり、といったきつく苦しいダイエット方法が一般的でしたが、今回紹介する「舌トレーニング法」はまったく違う角度から考えられたアプローチ方法です。

は、「味覚」を修正することにどのような効果があるのか、またどのような方法で行うのか…詳しく見ていきましょう。

味覚と太りやすさの関係

太っている人や痩せられない人は、痩せている人と比べて、特に「味覚」が異なっていると言われています。

確かに、太りやすい人は太りそうな食材や味付けの濃い料理を好む傾向にありますよね。その理由は「脳」が関係しています。

味覚は人によってその感じ方が違いますが、この味覚を感知しているのが「脳」の機能です。味覚の感じ方は生まれ持った「体質」によるものではありません。実は、毎日の食生活が深く関係しているとされています。

生まれつき、味付けの濃い料理ばかりを口にしていると、薄味の料理を食べた際に「味がしない」と感じることがあります。極端に言うと、味が分からなくなってしまう可能性があるということなのです。

逆に、普段から調味料などをあまり使用せず、素材の味を楽しんで食べている人は味覚が優れており、ちょっとした味の変化にも気がつけるようになるのです。

このように毎日の食生活が大きく「味覚」を左右してしまう傾向があるようです。

味付けが濃い料理ばかり食べていると、一緒にご飯やパンといった主食を多く食べてしまうことになり、カロリーオーバーになりやすくなります。炭水化物の摂りすぎは、中性脂肪を増やし肥満の原因に繋がります。
また、塩分が多い料理は、体内の塩分濃度を薄めるために水分が多くたまり、カラダがむくみやすくなり、新陳代謝を妨げます。塩分の摂りすぎは高血圧を引き起こすだけでなく、循環器疾患や生活習慣病を発症する恐れもありますから、健康的な身体のためにも、薄味や素材の味が感じ取れる味覚が好ましいのです。

このように、味覚は太りやすさや肥満の原因となる生活習慣病などに、深く関わります。
よく噛むことによって、ゆっくり素材そのものの味を楽しむことができれば、食べ過ぎを防ぐ効果も期待できますし、消化にも良く、栄養を効率的に摂取でき痩せやすい身体になります。

舌トレーニングの方法

生まれてからこれまでの長い食生活が影響している「味覚」。それをいまさら変えるなんて…と思ってしまいますが、実は「味覚」を正常に変えるには約10日間しかかからないそうなのです。

これは、味覚を感じる受容器である「味蕾(みらい)」の新陳代謝が約10日間であることが理由とされています。つまり、約10日間だけ薄味の料理や減塩の食事を頑張って取り続ければ、味覚を正常にすることが期待できるのです。

舌トレーニングの手順はとっても簡単です。

〇香りと食感を楽しむ

どんどん口に食材を放り込むのではなく、ゆっくりと呼吸して、食材の香りを鼻で感じることが大切です。こうすることで、より満腹感が得られやすくなります。

〇食事の時間を増やす

食事を食べ始めてから満腹感が脳に伝えられるには、15~20分かかると言われています。そのため、早食いをするとなかなか満腹感が得られずにどんどんと食べてしまうのです。そこで、一定の量でも20分以上かけてゆっくりと食事をすることが重要となります。

〇食事の最後は「みそ汁」を

調味料の味ではなく、食材の旨味(うまみ)を感じられるようになるためには汁物が効果的だと言われています。少ない食事の量でも満足感を得られるためには、食事の最後に旨味の効いた「みそ汁」を飲みましょう。みそ汁をつくる際は、塩分を摂り過ぎないように代わり出汁の旨味をしっかり取り、味噌を薄めにして飲むようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか。

ただ普通に薄味の食事を心がけるだけで、しかもたった10日間程度でダイエットによるリバウンド防ぐことができるというなら、試してみる価値はあるのではないでしょうか。

とても簡単でしかも体に良いダイエット方法なので、皆さんもぜひ参考にしてみてください。

 

 

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別