今が乾燥のピーク!ちゃんとケアできていますか?

冬になると、多くの方がお肌の乾燥に悩まされます。白く粉をふいた状態になったり皮がめくれたり、痒みや炎症などを起こす場合もあります。

この季節、多くの人が悩まされるのが「お肌の乾燥」です。

夜寝る前や朝のおでかけ前、念入りに保湿ケアをしてもすぐに乾いてしまう…そんな方も多いのではないでしょうか?

冬はお肌にとって非常にハードな季節です。

そんな厳しい季節を乗り切るためにも、「お肌の乾燥」に効果的な対策をご紹介します。

お肌の過乾燥はなぜ起こる?

お肌の乾燥の原因は、屋内外の湿度低下による「過乾燥」です。

気温が低い冬は、空気が常に乾燥しがちです。日本海側では、大陸から湿気を含んだ寒気が降りてきて大雪が降りますが、太平洋側は高い山脈を超える際に湿気を失った、乾いた冷たい空気が流れてくるため、大気はほとんど乾いています。

また「過乾燥」は屋内でも発生しやすい状況です。屋内では暖房がガンガン効いていて、湿度はかなり低くなっています。大気は気温によって抱えことができる水分量に差があり、気温が高いほど湿度は高く、気温が低いほど湿度は低くなります。

太平洋側はただでさえ空気が乾いているのに、その空気を温めようと暖房をかければ、さらに空気は乾いていきます。

冬は大気の乾燥だけでなく屋内でも、さらにお肌を乾燥させる環境になってしまっているのです。

お肌が乾燥した状態とは?

健康なお肌の角質層には、約20%~30%の水分が含まれています。

これが20%以下になった状態の肌を「乾燥肌」といいますが、お肌が白く粉を吹いた状態や、つっぱりやかさつきなどの自覚症状が現れている場合、肌の水分量は10%以下になっているのではないかと予想されます。

寒さが厳しい環境では、私たちの身体は生命の維持のために重要な脳や心臓などの中心部に血液を集め、末端組織である指先や足先、皮膚への血流を減らし、熱の蒸散を抑え体温の低下を防ごうとします。

毛細血管は血液によって肌細胞に栄養分や酸素を送り届け、同時に肌細胞から二酸化炭素や老廃物を受け取って回収しています。寒さによって毛細血管の血流が減少すると、栄養や酸素が末端の器官まで行き渡らず、新陳代謝が滞りがちになります。

新陳代謝が正常な場合、お肌の表層にある角質層は細胞が規則正しく並び、定期的に入れ替わっています。そのサイクルでお肌を修復したり、健やかな状態を維持することができています

しかし、加齢や寒さが続くことで新陳代謝が遅れたり、修復サイクルが乱れたりすると、お肌本来の保湿機能やバリア機能が落ち、角質層のキメも乱れてしまいます。その状態でのお肌は、大気の乾燥からお肌を守る力が弱く、内側の水分も蒸発しやすくなるためさらに乾燥が進んでしまいます。これが、冬のお肌の乾燥した状態です。

冬はお肌にとって非常に過酷な季節で、過乾燥状態に陥りやすい季節です。

お肌の乾燥を悪化させないためには?

では、過酷な冬を無事乗り切るために、できることはあるのでしょうか?

元々乾燥が激しい季節に、乾燥の加速を食い止めお肌本来の保湿力を最大に発揮するための効果的な対策をご紹介します。

①しっかり保湿できるアイテムを選ぶ

この時期のお肌は、化粧水や美容液だけでは十分な保湿にはなりません。水分だけではすぐに蒸散してしまい、細胞に水分が留まらないためです。

まずは、通常通りの保湿ケアの後に、水分を蒸散させないように油分を含んだクリームなどで蓋をし、お肌を守りましょう。

それでも乾燥がおさまらない方や、ベタつきが気になる方は、セラミド配合の保湿アイテムをおすすめします。セラミドは元々お肌に存在している成分で、水分が蒸発して逃げないようにつなぎとめる働きがあります。

セラミドは角層細胞間脂質とも呼ばれ、水と一緒になることで「ラメラ構造」と言う特殊な構造をつくり、湿度や気温が下がる真冬の過酷な状況でもしっとり潤った肌を守ることができます。

②インナーケアで内側から潤す

お肌の潤いを保持するためには、外側からのスキンケアだけではなく、内側からケアすることが必要です。

寒さや冷たい飲み物、継続的なストレスなどによって内臓が冷えると、末端の血流が滞り、冷えや乾燥が悪化します。冬の間は、のどが渇いたらできるだけ温かい飲み物を飲むようにしましょう。

また、化粧品では角層までの潤い対策しかできませんので、真皮層や内側からの潤いを改善するには、バランスのよい食事や水分摂取も欠かせません。お肌のうるおいを保つビタミンA、血流を促すビタミンEや鉄分などを意識して摂取するようにしましょう。

③良質な睡眠にこだわる

健康的なお肌のためには、日々の良質な睡眠はとても大切です。睡眠時間は7時間がベストだとされていますが、冬は寒かったり多忙で神経が昂っていたりで、寝つきが悪くなかなか良い睡眠を得られない方も多いのではないでしょうか。

お肌の健康や潤いを促進する質の良い睡眠は、寝始めてから最初の90分間が鍵だと言われています。この間に美肌に有効な「成長ホルモン」が最も活発に分泌される「ノンレム睡眠」が訪れます。

ぜひ、最初の90分で良質で深い睡眠が得られるようにこだわってください。「成長ホルモン」は、お肌の細胞の成長や正常な新陳代謝を促し、お肌の保水量を高めてくれます。

④ストレスを溜めない

ストレスはお肌の大敵です。ストレス状態が継続すると自律神経のバランスが崩れ、血行不良などの影響が出てきます。 寒さと同様にストレスは血管を萎縮させ末端の肌に十分な栄養が届きにくくさせるのです。酸素や栄養の足りないお肌は、ターンオーバーのサイクルが乱れ、バリア機能が低下し乾燥肌を悪化させてしまいます。

ストレスは交感神経を優位にさせ、交感神経は緊張状態や戦闘態勢をもたらしますが、その状態は長くは持ちません。オフの時やリラックスしたい時は、副交感神経優位を優位にする必要があります。

ストレスが溜まっているなと感じたら、ゆっくり深く深呼吸をしたり、身体を揺らしたりして意識的に副交感神経が優位な状態=リラックスした状態をつくるようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

冬のお肌の乾燥も、ポイントさえ抑えておけば、かなり予防したり改善ができることがお分かりいただけたと思います。

日常生活ですぐ取り入れられそうな対策は見つかりましたか?

少しでも冬の乾燥対策に活かせるヒントとなれば幸いです。

 

 

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別