コレステロールと健康の関係

皆さんは「コレステロール」に体に良い「善玉コレステロール」と体に悪い「悪玉コレステロール」の2種類があることをご存知でしょうか?実はこのコレステロールのバランスが悪くなると、命に関わる病気を発症してしまったり、日常生活に支障をきたす病気の原因になったりと大変おそろしい事態を招いてしまうこともあるそうなんです。そこで、今回は体に良い「善玉コレステロール」を増やして、「悪玉コレステロール」を減らす食事についてご紹介いたします。

 

脂質異常症

コレステロールのバランスが悪くなると、血液中の脂質が異常をおこし、高LDL血症・高トリグリセライド血症・低HDLコレステロール血症といった症状が現れます。この総称は「脂質異常症」と呼ばれています。
血液中の脂質に異常があっても、日常の中では滅多に気がつくことはありません。しかし、このまま放置してしまうと血管の壁に血液中のコレステロールが付着しておこる「動脈硬化」が進行してしまいます。
この「動脈硬化」は、心筋梗塞・脳梗塞・下肢の動脈閉塞などの命に関わる危険な病気の引き金となってしまうそうなのです。「脂質異常症」にはいろいろな要因が挙げられていますが、「生活習慣病」の一種でも有名で、食生活と大きな関係があると考えられているそうです。

 

バランスの良い食事をしよう

普段、何気なく食べている食材にはいろいろな栄養素が含まれています。それらをバランス良く摂取することが大切です。
特に最近では、家族でそろって食卓を囲むことが少ない傾向になってきていたり、一人暮らしの方も多くなってきたりしました。
そのため、ファーストフードやカップ麺など簡単で気軽に食べられる食品が増えてきて、栄養素のバランスが乱れてしまう方も増えているそうです。
こういった生活習慣では、病気になってしまう可能性が高くなるのもうなずけますね。
自分の栄養バランスを見直し、バランスの良い食事を取るように心がけましょう。

 

食事を見直してみよう

皆さんの好きな食べ物は何でしょうか?好きな食べ物は他の食材よりも食べる頻度が高くなるかと思います。
コレステロールを多く含む食材は、卵(魚卵を含む)、レバーなどの内臓系やお肉の脂身などです。
揚げ物などの油を使う料理は控えるようにしましょう。中でも、バターやラード、霜降り肉などの室温でも固体の脂は注意が必要です。
また、卵はいろいろな料理に使えますし、お弁当などにも良く入っていますよね?でも実は、コレステロールが高いことで有名な食材でもあるんです。
ですので、1日に何個も食べるのではなく、1日1~2個までに控えるように心がけることが大切です!さらに、調味料として大活躍することの多いマヨネーズですが、こちらもコレステロールが高いことで知られています。
1日にたくさん摂取しすぎないように加減して使用しましょうね!アルコールやお菓子、甘い飲み物なども気をつけていないと、生活習慣病の原因になる可能性があります。これらはできるだけ控えるようにすることが健康への第一歩です。

 

積極的に食べたい食材

大豆は「タンパク質」を豊富に含んでいます。
体に必要不可欠なタンパク質を効率良くヘルシーにとれる食材として注目も集めております。
お肉料理の代わりとしても色々な料理に使われています。ぜひ、大豆を使ったアレンジ料理も調べてみてくださいね!
また、野菜、海藻、きのこなどの食物繊維の多い食品をとるようにしましょう。
食物繊維は体に不要なものを排泄するお手伝いもしてくれる重要な栄養素なので、毎日しっかりと取るように心がけましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?脂質異常症に関わらず、様々な病気や日常生活の健康には食生活と深い関係があります。
いつまでも健康でいるためにも食生活を見直してみましょう!体に良い食事は美容にも効果がありますよ。

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別