ヨガで健康と美しさを手に入れよう

美容や健康に良いと話題のヨガですが、何となくとっつきにくいイメージがありますよね。
でも実は、ヨガは身体がかたい人でも誰でも出来る柔軟体操なのです。ヨガをすると様々な良いことが身体に起きます。
今回はヨガをすると得られる効果についてご紹介していきます。

 

ヨガの効果

①リラックス効果
ヨガではゆっくりと呼吸をするのが基本です。全身に酸素を循環させ、自律神経を整え、心も安定していきます。ヨガは姿勢や動作、栄養、感情、欲望、生活スタイル、筋肉や内臓、神経などの異常を修正する効果が期待できます。そのためヨガで得られるリラックス効果は、自律神経失調症の方にもおすすめなのです。

 

②柔軟性が高まる
ヨガは日常生活であまり行わないような様々なポーズを行います。
身体をねじり、伸ばすことで普段使わない筋肉までゆっくりと刺激をしていきます。
そのため柔軟性が高まります。また、インナーマッスルを鍛えることが出来るためストレッチをするよりも柔軟性が高まっていきます。
私達の身体がかたくなってしまうのは、運動不足のせいです。
柔軟性は筋肉の柔らかさと関節の柔らかさで決まります。ヨガを継続していけば身体が柔らかくなること間違いなしですね。

 

③便秘解消
ヨガで用いる腹式呼吸や様々なポーズを行うことで腸が刺激されます。
身体をねじったり伸ばしたりするからですね。
お腹をねじるポーズにはウエストを細くする効果も期待できます。
また、身体がゆがんでいると腸の中で便が詰まりやすくなるため便秘を起こす人もいます。
歪みを正す効果もあるヨガは便秘持ちの方にはぜひトライしてみてほしいです。

 

④ダイエット効果
ヨガはゆっくりと呼吸をしながら行うため、有酸素運動になります。
有酸素運動は脂肪燃焼効果があるため身体のラインが引き締まっていきます。
さらに、ヨガを通してインナーマッスルや体幹が鍛えられ、身体全体のバランスが整っていくため姿勢の改善も期待できます。
インナーマッスルは身体の内側の筋肉のことで、女性らしい身体のラインをつくために必要な筋肉です。ヨガで基礎代謝が上がると、どんどん痩せやすい身体になっていきますよ。

 

⑤血行が良くなる

ヨガをすることで身体の筋肉を刺激していきます。
筋肉は血液を送るポンプの役割を担っているため、筋肉を刺激すると血液の流れが良くなります。
血行が良くなると肩こり、冷え性、腰痛などの血行不良による症状が緩和されていきます。
女性の大敵である「冷え」を緩和する身体を目指せます。

 

ヨガは継続あるのみ!

ヨガは効果を実感するまでには少し時間がかかります。しかし、継続すればどんどん効果を実感できるようになります。
激しい運動ではないため毎日続けやすいとは思いますが無理は禁物です。実は1日10分でも効果を期待できると言われています。
10分は、ポーズを2つか3つをゆっくり行うくらいの時間です。一回の時間を長くしてヨガを行うよりも、短い時間で週に1~2回行うほうがおすすめです。
またヨガは1人で行うのもいいですが、初めての方はきちんとヨガ教室で教えてもらうほうが良いと思います。自治体で行うヨガ教室なら安価な教室もあるはずですので、探してみてくださいね。

 

ヨガの服装は?おすすめの時間帯は?

ヨガをしている人といえば、きちんとウエアを着ているイメージがありますよね。
でも、基本はゆったりとした格好であれば大丈夫です。
食後1~2時間経過した後にヨガを行いましょう。身体をほぐすために準備体操をしてヨガに臨むのも良いと思います。

 

まとめ

ヨガにはたくさんの良い効果が期待できそうですね。少し始めるには勇気が…と思っていた方も、お住まいの自治体で開催しているヨガ教室から始めてみてはいかがでしょうか。
ヨガを無理なくライフスタイルに取り入れて、健康な身体を目指していきましょう。

 

 

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別