青汁の効能とは?

青汁が健康に良いものだとは皆さんが知っていることと思います。
最近では、テレビなどの影響もあり、健康や美を意識する人も増えてきています。
ですが、実際には「青汁」にはどのような効果があるのか分かっていない人も多いのではないでしょうか。
今回は、青汁の効果などについて紹介していきたいと思います。

 

青汁の効能とは

効能とは、ある食品や物質などから得られる効果のことです。青汁の効能は「身体を美しくする機能」と「身体を健康にする効能」の2つに分けられます。

〇ダイエット効果
青汁にはダイエット効果があるとされているのですが、その理由は食物繊維が豊富なのと酵素が多く含まれているからです。食物繊維は便秘などにもいいので、便秘で悩んでいる人には青汁はおすすめですね。酵素は代謝機能を高めてくれるので、痩せやすい体質を作るためにも必要な栄養素です。

〇免疫力アップ効果
青汁を飲み続けると食物繊維により腸内環境が改善されて、免疫力が高まり、丈夫で健康な体になっていきます。

 

食物繊維とは

食物繊維とは「人の消化酵素で分解されない食物中の総体」と定義されています。
水に溶ける水溶性食物繊維と、溶けない不溶性食物繊維とに分けられます。
食物繊維の多くは、単糖がたくさん結合した多糖類の仲間ですが、消化されないため、エネルギー源にはなりません。

 

おすすめの青汁

体の内側から、美容・健康を維持したい方におすすめしたいのは、島根県江津市桜江町産の桑葉を使用したドクターリセラの「美的青汁(ビテキアオジル)」。
桜江町で育てられた桑葉には、新成分「Q3MG」が含まれており、これはポリフェノールの一種で、食後の血糖値をおだやかにすることが期待されています。
従来の青汁にも配合されている美容成分、コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸に加え、弾力のある潤いに満ちたお肌へ導く「セラミド」を新配合。
普段皆さんが飲んでいる青汁以上に、美容に特化した青汁です。
「美味しい」「美肌成分たっぷり」「臭みがない」をコンセプトに、コラーゲンペプチドやヒアルロン酸、エラスチンなどを配合しており、青汁特有の苦みや渋みが苦手な方にもお飲みいただきやすく、抹茶味になっているのも嬉しいポイントです。

 

いつ飲むのが効果的?

実は青汁は飲む時間によって得られる効果が違うのです!

〇ダイエットをしたいときは「食前」
ダイエット目的で青汁を飲んでいる場合には「食前」がおすすめです。
これは食べる前に青汁を飲むことで満腹間中枢を刺激し、その後の食べ過ぎを防ぐ効果が期待できるためです。青汁を飲むときも、ゆっくりと噛むように摂取するとより効果的です。

〇栄養バランスが気になる人は「朝」
野菜不足や栄養バランスの肩よりが気になる人は「朝」に飲むのがおすすめです。
朝の体はエネルギー不足で水分や栄養が不足している状態です。
このタイミングで青汁を飲むことで、体は水分とともに栄養素を体全体にバランスよく吸収していくことができるのです。
また、水分が不足していた体は青汁によって血液循環が良くなるため、スッキリした目覚めをサポートしてくれる効果も期待できます。

〇便秘改善には「朝食時」か「就寝前」
便秘が気になる場合には「朝食時」か「就寝前」に青汁を飲むことで、腸内環境を整え便秘を改善していくことができます。
人によっては、就寝前に青汁を飲むと腸の働きが活発化してしまうため眠りにくいと感じることがあるかもしれません。
そのような場合には、「朝食時」に青汁を飲むようにしていくと良いでしょう。

 

まとめ

いかがでしょうか。青汁の効能などについて紹介しました。
これを参考に自分に合った「青汁」を探してみてください!

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別