【実は美容にも強い味方】青汁の効果とは?

青汁が健康に良いものだとは皆さんが知っていることと思います。

最近では、テレビなどの影響もあり、健康や美を意識する人の中で「青汁」を飲む人が増えてきています。

ですが、実際には「青汁」にはどのような効果があるのか分かっていない人も多いのではないでしょうか。

今回は、青汁の効果などについて紹介していきたいと思います。

そもそも青汁とは?

現在、健康ブームということもあり、青汁を飲んでいる方は年々増加しています。

健康産業新聞の調査では、2017年には、青汁の売上は1,082億円(前年比103%)に登り、10年連続で市場が拡大中というデータが出ています。

https://www.kenko-media.com/health_idst/archives/10722

データにも裏付けされているように、青汁は今や、日本では非常に馴染みの深い、健康食品になっているのです。

そんなに流行っている青汁ですが、「はやっているからなんとなく…」と何かわからずとりあえず飲んでいる方も多いと思います。

しかし、私は青汁を「苦くて飲みづらいもの」としてではなく、「栄養補給に優れた健康美容飲料」として、これから始めようか悩んでいる方々に飲んでほしいと思っています。

そのため、青汁の効果を説明する前にそもそも青汁とはなんなのかについて説明していきます。

青汁は一言で言うと栄養価の高い緑黄色野菜を絞った汁のことです。

そんな青汁には1000年以上もの歴史があります。

 

青汁が生まれたのは平安時代だと言われており、平安時代に書かれた日本最古の医書「医心方」に、いくつかの植物の葉を利用した汁の記載があり、これが青汁の起源と言われています。

 

その後、1943年、第二次世界大戦中の食糧難からなる栄養失調の打開策として、栄養価の高いとされるケールを原料にした青汁が作られたのが、現在の青汁の原型となっています。

 

しかし、ケールは栄養価が高いものの非常に苦く、飲みづらいものだったため、大麦若葉・明日葉・桑の葉などが使われるようになり、これらを単品、もしくは組み合わせて作られており、飲みやすく改良されているものが現在の青汁です。

要するに、青汁は現在の栄養を補う補助食品としての役割ではなく、主な栄養吸収手段だったというわけです。そこから多くの改善が繰り返され、私達が日ごろ飲む青汁として、市場に出回っているのです。

青汁の効能とは

効能とは、ある食品や物質などから得られる効果のことです。青汁の効能は「ダイエット効果」と「免疫アップ効果」の2つに分けられます。

〇ダイエット効果

青汁にはダイエット効果があるとされているのですが、その理由は食物繊維が豊富なのと酵素が多く含まれているからです。食物繊維は便秘などにもいいので、便秘で悩んでいる人には青汁はおすすめですね。また、酵素は代謝機能を高めてくれるので、痩せやすい体質を作るためにも必要な栄養素です。

〇免疫力アップ効果

青汁を飲み続けると食物繊維により腸内環境が改善されます。腸内環境を整え、善玉菌と悪玉菌のバランスを整えることで、体内の免疫細胞がうまく活動をすることができるため、免疫力が高まり、丈夫で健康な体になっていくのです。病原菌にさらされても、体内の免疫機能で跳ね返す。そんな丈夫な体を作るために、青汁は必須と言えるでしょう。

食物繊維の役割

食物繊維とは「人の消化酵素で分解されない食物中の総体」と定義されています。

水に溶ける水溶性食物繊維と、溶けない不溶性食物繊維とに分けられます。

食物繊維の多くは、単糖がたくさん結合した多糖類の仲間ですが、消化されないため、エネルギー源にはなりません。

しかし、美容、健康のためには、腸をキレイにしてくれる善玉菌の増加などが期待できるという点でおすすめです。

通常は一日で、成人は24g以上摂取が理想とされています。

キャベツ100gで1gの食物繊維しか含まれていないので、

キャベツに換算すると、2400gの摂取が必要になってきます。

沢山野菜を食べても、食物繊維を補いきれない方も多いので、青汁を始めとする健康食品をうまく活用しましょう。

原料ごとの青汁の選び方

これまで青汁の効能などを説明して来ましたが、

「青汁の種類が多すぎて、自分にあうものがどれかわからない!」

という方も多いのではないでしょうか。

そんな方のために、青汁の大部分を占める緑黄色野菜(ケール・大麦若葉・明日葉)ごとに特徴を説明して行きます。

自分の好みや抱えている悩みに合った青汁を選びましょう。

ケール

 

非常に苦みが強い

・ビタミンやミネラルをバランスよく豊富に含み、栄養価は野菜の中でも高い

・カルシウムが野菜の中でも特に豊富

・メラトニンによる睡眠の質の向上

・美肌効果、便秘改善、高血圧予防、その他生活習慣病予防

ケールは栄養価が野菜の中でも高く、バランスもいいので栄養をしっかり取りたいという方には非常におすすめです。

しかし、苦味が強いため、単体では苦くて美味しく飲めない場合もあるのではちみつなどを溶かして飲みやすくしてからから飲むことをおすすめします。

大麦若葉

 

ほのかな甘みで飲みやすい

・食物繊維がケールより豊富   ・赤血球の材料である鉄が豊富で貧血予防

・美肌効果、便秘改善、高血圧予防、その他生活習慣病予防

食物繊維が豊富なため、便秘や心筋梗塞糖尿病予防に効果が期待できます。またほのかな甘味で飲みやすいため、青汁初挑戦の方にもおすすめです。

明日葉

 

食物繊維がケールより豊富

・豊富なβカロテンとカルコンによる抗酸化作用

・造血作用のあるビタミンB12が豊富   ・カリウムが豊富

・美肌効果、便秘改善、むくみ予防、高血圧予防、その他生活習慣病予防

東京都の新島が主な原産地である明日葉は、野菜の中でもビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富な上、それらがとてもバランスよく含まれています。

また植物としては良質のタンパク質を含有していることがわかっています。またカルコンというポリフェノールを豊富に含んでおり、ダイエットや、美容にも向いています。

それぞれの原材料の特徴は上記のようになっています。自分に最もあったものを選ぶようにしましょう。

おすすめの青汁

青汁について選び方を説明しましたが、その中でも特におすすめの商品があります。

体の内側から、美容・健康を維持したい方におすすめしたいのは、島根県江津市桜江町産の桑葉を使用したドクターリセラの「美的青汁(ビテキアオジル)」。

桜江町で育てられた桑葉には、新成分「Q3MG」が含まれており、これはポリフェノールの一種で、食後の血糖値をおだやかにすることが期待されています。

従来の青汁にも配合されている美容成分、コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸に加え、弾力のある潤いに満ちたお肌へ導く「セラミド」を新配合。

普段皆さんが飲んでいる青汁以上に、美容に特化した青汁です。

「美味しい」「美肌成分たっぷり」「臭みがない」をコンセプトに、コラーゲンペプチドやヒアルロン酸、エラスチンなどを配合しており、青汁特有の苦みや渋みが苦手な方にもお飲みいただきやすく、抹茶味になっているのも嬉しいポイントです。

ここでは、美的青汁(ビテキアオジル)のHPに集まったお客様からのお喜びの声をいくつか紹介したいと思います。

  • 子どもも気に入って、一緒に飲んでいます。
  • 青汁といえば、苦い・渋いというイメージですが、全くそんなことなく、アッサリしていておいしいです。
  • 青汁で驚き!!
  • 元々便秘に悩んでいましたが、飲み始めた時から、今になってみれば段々調子も良くなって来ています。 コラーゲンが入っていることで一石二鳥な商品なんですネ!! これからも飲み続けます。

 

※お客様個人の感想であり、効果効能を示すものではありません。

いつ飲むのが効果的?

実は青汁は飲む時間によって得られる効果が違うのです!

〇ダイエットをしたいときは「食前」

ダイエット目的で青汁を飲んでいる場合には「食前」がおすすめです。

これは食べる前に青汁を飲むことで満腹中枢を刺激し、その後の食べ過ぎを防ぐ効果が期待できるためです。青汁を飲むときも、ゆっくりと噛むように摂取するとより効果的です。

〇栄養バランスが気になる人は「朝」

野菜不足や栄養バランスの偏りが気になる人は「朝」に飲むのがおすすめです。

朝の体はエネルギー不足で水分や栄養が不足している状態です。

このタイミングで青汁を飲むことで、体は水分とともに栄養素を体全体にバランスよく吸収していくことができるのです。

また、水分が不足していた体は青汁によって血液循環が良くなるため、スッキリした目覚めをサポートしてくれる効果も期待できます。

〇便秘が気になる方は「朝食時」か「就寝前」

便秘が気になる場合には「朝食時」か「就寝前」に青汁を飲むことで、腸内環境を整え便秘の改善が期待できます。

人によっては、就寝前に青汁を飲むと腸の働きが活発化してしまうため眠りにくいと感じることがあるかもしれません。

そのような場合には、「朝食時」に青汁を飲むようにしていくと良いでしょう。

一緒に飲むと美味しいもの

青汁に興味はあるものの、やっぱり苦味が気になって続けられない!そんな方におすすめなのが「何かと混ぜて一緒に飲むこと」です。

青汁と一緒に飲んで美味しく、習慣として青汁を続けるためのサポートができる食品を紹介します。

牛乳

牛乳は青汁の独特の青臭さを緩和させる効果があります。更に甘みを足せばまるで抹茶ミルクのように飲むこともでき、お子様にも好んでお飲みいただけます。

スムージー

スムージーに混ぜて飲むことで、簡単にグリーンスムージーを作ることができます。時間のない朝に飲めば健康的な一日のスタートが時短で切れるためおすすめです。おすすめはりんご味です。

ヨーグルト

ヨーグルトの酸味が青汁のクセを消してくれます。フルーツなども盛って一緒に食べると、朝からカルシウム、食物繊維、ビタミンなどが効率的に摂取できます。甘さもあるのでお子様であっても取り入れやすいでしょう。

まとめ

いかがでしょうか。青汁の効能などについて紹介しました。

一言に「青汁」と言っても原材料によって大きな違いがあり、効果も違うということがおわかりいただけたと思います。青汁に対して、マイナスなイメージを持っている人もこの記事を読んで、少しは改善されたのではないでしょうか。青汁は自分にあったもの、飲み方を見つけて、習慣づけることができれば、健康的な体を作るための良いパートナーになってくれます。これを参考に自分に合った「青汁」を探してみてください!

 

参考文献

https://www.tdb.co.jp/report/watching/press/pdf/s151101_80.pdf

http://news.livedoor.com/article/detail/14915003/

https://www.dr-recella.com/products/inao/

https://www.ashitaba.co.jp/ashitaba/

https://www.karadakarute.jp/tanita/column/columndetail.do?columnId=462

https://www.dr-recella.com/products/inao/

 

 

 

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別