自律神経を整えるには

自律神経とは

自律神経とは、循環器、消化器、呼吸器などの活動を調整するために24時間ずっと働き続けている神経です。自律神経には交感神経と副交感神経の2つの種類があり、それぞれ、活動するタイミングが異なります。
この2つの自律神経のバランスが崩れることを「自律神経の乱れ」と言います。自律神経が乱れてしまうと、身体に様々な不調が現れます。

〇交感神経
緊張した時や、運動したりする時など、昼間に活発になり副交感神経よりも優位に働きます。

〇副交感神経
リラックスしているときや、睡眠中、身体が休息しているときに交感神経よりも優位に働きます。
ただし、胃腸の動きは副交感神経が優位の時の方が活発になり、消化液の分泌も活発になります。

 

自律神経が乱れる原因

自律神経が乱れる原因は主に3つあります。
〇ストレス
ストレス社会と言われている現代で、ストレスフリーという人はそんなにいないと思います。
自律神経が乱れる原因として仕事や人間関係などの精神的ストレス、過労やケガ、音や光、温度などの身体的ストレスが主と言われています。
このストレスが過剰になると、自律神経が乱れる原因になります。

〇不規則な生活
仕事の交代勤務などが理由で、朝に寝て、夜に起きるといった昼夜逆転の生活をしている人も少なくないと思います。
ですが、この生活が自律神経にはあまりよくないとされています。
私たちの身体は一定のリズムに従って働いている為、このような昼夜逆転生活や慢性的な睡眠不足、不規則な食生活などといった不摂生を続けているとリズムが狂ってしまいます。
そのため、最終的に自律神経のバランスを乱す原因となります。

〇疾患
よく耳にするのが、自律神経失調症や更年期障害といった疾患です。
これらの疾患が自律神経の乱れを引き起こす代表的なものです。

 

自律神経の乱れからあらわれる疾患

〇自律神経失調症
精神的なストレスや過労が原因となって自律神経が乱れ、心や体に不調が現れた病気のことをいいます。
不安や緊張、抑うつなどのトラブルにより吐き気やめまいなどの症状があらわれます。現れる症状が人によって大きく違うのも特徴です。

〇更年期障害
女性ホルモンの分泌が急激に減ることによって自律神経が乱れ、突然のほてりやのぼせ、頭痛、めまいなど様々な症状があらわれます。

〇メニエール病
ストレスなどが原因の疾患で、内耳の中のリンパ液が過剰になり、内耳が腫れた状態になったことを言います。自分や周囲がぐるぐると回転しているように感じるめまい、聞こえづらさ、耳鳴り、耳の閉塞感があらわれます。数十分から数時間発作が続き、これが何度も繰り返されます。また、多くの場合強い吐き気や嘔吐を伴います。

〇過換気症候群
精神不安や、極度の緊張から浅い呼吸を繰り返す疾患のことを言います。
頭痛やめまいなど、身体のあらゆる場所に症状が起き、失神してしまうこともあります。
浅い呼吸で空気を吸い込みすぎる状態となり、血液中の炭酸ガスの濃度が低くなり、呼吸中枢によって呼吸が抑制されることによって起こります。

 

自律神経の乱れを予防するには

自律神経の乱れを予防するには、まずは自身の生活を見直してみましょう。
ぬるめのお風呂に浸かったり、好きな音楽などを聴いたりして、心身をリラックスさせるのが重要です。
また、食生活などの他の部分も見直してみましょう。食事、休養、運動、労働、睡眠の5つのバランスを適度に保つことによって自律神経を乱さず保つことができます。
また、普段の自分へのご褒美としてエステに行くこともおすすめです。
オールハンドマッサージのエステであれば副交感神経が優位になり、自律神経のバランスを整えることにもつながります。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。
自律神経を乱さないことが一番ですが、もし乱れてしまった場合は生活習慣を見直すようにしましょう。
それでもだめだという場合は、早めに医療機関を受診することをお勧めします。

 

 

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別