今さら聞けない…ピラティスってなに?

みなさんは、「ピラティス」って聞いたことはありますか?なんとなくイメージはついても違いが判らないことも多いですよね。
今回は「ピラティス」について紹介していきたいと思います。

 

ピラティスってどんな運動?

姿勢がよくなり、ボディラインが変わるスペシャル・メゾットとして、2000年以降セレブに支持され、人気に火が付いた「ピラティス」。
そもそもピラティスは、ダイエットのための運動として体系化されたものではなく、ドイツ人のジョセフ・H・ピラティス氏が、第一次世界大戦で負傷した兵士のリハビリのために開発した運動だったのです。
その特徴は、回数や量をこなす運動と違い、音楽に合わせてリズミカルに動き、お腹の深層にある筋肉や肩甲骨周りの筋肉など、自分自身の身体に意識を向けて運動することにあります。
このような独特な動きが、普通に生活していくだけでは失われていく筋力を回復させてくれるのです。

 

ヨガとピラティスの違いって?

インドで発祥したヨガの本来の姿は、インドの思想体系に根ざした修行・治療法です。
独自の宗教観に基づいた思想と瞑想によって悟りを学ぶことを目指しています。
そのような背景から、現在のヨガも健康法としてだけではなく、リラクゼーションやうつ病の対策など、エクササイズだけではなく多岐にわたる効果効用が知られています。
一方、ピラティスは、第一次世界大戦時にリハビリとして体系化されたトレーニングです。戦時に発展した解剖学を元にした、インナーマッスルトレーニングと言えるでしょう。
ヨガとピラティスそれぞれのトレーニング手法として、以下の特徴があります。

・ヨガは呼吸とストレッチに重点をおきながら、筋肉を強化する
・ピラティスは、正しい骨格を意識しながら、体幹の筋肉を整える

この動きの特徴が、ヨガとピラティスを似て非なるものにしています。

 

ピラティスの効果とは

〇姿勢が改善
ピラティスを始める方が、始める理由によくあげるのがこの「姿勢改善」です。ピラティスには姿勢をよくする効果があるので、オフィスワークなどで姿勢が悪くなってしまいがちの方に良いでしょう。

〇ダイエット効果
ピラティスは筋肉を増強させる効果があります。筋肉が大きくなると新陳代謝がよくなるので、よりカロリーを消費することにつながり、ダイエットに繋がります。有酸素運動と組み合わせるようにすると、よりダイエット効果があります!

〇腰痛の緩和
ピラティスをすると腰痛が改善されるケースもあります。ひどい腰痛持ちの方は、ピラティス用の補助器具を利用すると良いでしょう。

〇関節が柔らかくなる
ピラティスは関節の可能性を上げる効果があります。柔軟な身体にすることができます。

〇筋肉の緊張をほぐす
筋肉が硬直すると、身体全体が硬直して呼吸しにくく感じたり、ケガをしやすくなったりしてしまいます。ピラティスには筋肉の緊張や硬直をほぐす効果があるので、身体の硬直を感じている人には効果的です。

 

どれくらいの頻度で行くのがおすすめ?

ピラティスは、今まで使われることがなく固まっていた背骨や関節をくまなく使います。
そのため、特に背骨や下腹部の周辺のインナーマッスルが集中的に使われ、ほぐれるとともに筋肉痛にもなります。
最初は無理せず、筋肉痛が取れる日に次のレッスンを行うようにすると良いでしょう。
2回3回と受けると筋肉痛の回復も早くなりますので、そうしたら最初は頻度よくエクササイズして短期間で正しい動きや呼吸を身につけるように心がけることが大切です。
動きが制限されるほどの筋肉痛が長引かなくなったら、私生活で凝り固まりやすい部分をほぐすメンテナンスは毎日行いましょう。

 

まとめ

いかがでしょうか。ピラティスは、継続して続けることが大切です。
これをきっかけに健康や美容のために「ピラティス」を始めてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別