曖昧なオフィスカジュアルを分析!

働く女性に多く見かける服装、オフィスカジュアル。スーツよりもかっちりし過ぎないけど、きちんとして見える。
とても曖昧なもので、明確な決まりがないからこそ難しいですよね。
どんな服装で出社したらいいか悩む女性社員の方のためにも、オフィスカジュアルについて探っていきたいと思います。

 

オフィスカジュアルとは

オフィスカジュアルはそれぞれの会社によっても異なりますが、仕事がしやすく且つスーツ程きっちりしすぎない服装のことです。
仕事をするうえで失礼にならないような服装を心掛けましょう。
スカートやパンツにカットソーやブラウスを合わせた格好が定番です。

 

オフィスカジュアルでNGな服装

代表的なNGの服装を紹介していきます。

〇露出の多いもの
短いスカートやノースリーブなど、露出が多いものは控えましょう。
やむを得ない場合は、カーディガンなど等を羽織って露出軽減に努めましょう。
仕事場で露出の多い恰好は不適切とされる会社がほとんどのようです。

〇カラフルなもの
色見も重要です。派手な原色や蛍光色などは控えましょう。
色見が欲しいときはジャケットのインナーにパステルカラーを取り入れてみたり、スカーフを用いたりするのも良いでしょう。

〇デニム
デニムはカジュアルすぎてしまうため、NGの会社が多いようです。
デニム生地のスカートやシャツなどは控えましょう。特にダメージジーンズなどは清潔感も失ってしまうため要注意です。

〇小物
スニーカーやニット帽、派手なアクセサリーなどは控えましょう。オフィスカジュアルには不適切です。
仕事をするうえで失礼にならないような服装かを考えて選びましょう。

〇ネイル
ネイルOKの会社もありますが、どれぐらいのネイルが許されるかは確認したほうが良いでしょう。
目立たない色ならOK、飾りがついてなければOKなど、その会社によって基準が異なります。

〇派手な髪色
オフィスカジュアルと聞くと服装だけをイメージしがちですが、髪色も注意が必要です。
派手な髪色は清潔感を出せないためビジネスの場では不適切です。
お客様を対応する仕事であれば、なおさら気にしていきたいところですね。無難なのはブラウンです。

 

オフィスカジュアルの定番

ジャケットかカーディガンに、シャツやブラウスを合わせてボトムスはパンツやスカートを履くのが一般的です。
トップスはあまりゆとりのあるものではなく、スッキリとしたシルエットのものが良いでしょう。色は白やオフホワイト、淡い色のものなど無難な色を選ぶのがおすすめです。
パンプスは黒やベージュのパンプスが定番です。ヒールは高すぎず低すぎないものが歩きやすくておすすめです。
アクセサリーは華奢であまり目立たないものが素敵です。少しアクセサリーの輝きがあることで上品な大人っぽさを演出できます。
ネイルがOKな方は、単色にワンポイントなど控えめなデザインにするともっと出来る女度を上げることができますね。

 

迷ったら!

先輩を真似しましょう。また、自分のしたい服装があれば先輩に聞いてみましょう。
オフィスカジュアルは規定がないぶん、その会社ごとに基準が異なります。
最初は控えめな服装で出社して、だんだんと先輩の真似をしながら少しずつ着崩していくのはいかがでしょうか。
オフィスカジュアルがわかってくると、洋服を買う時も「これならいける」「これはだめ」となんとなくボーダーラインがわかってくるはずです。
それまでは先輩を観察してオフィスカジュアルを学びましょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。曖昧で難しいオフィスカジュアルですが、NGとされる素材や色を避ければいろんな洋服を着て出社できそうですね。
会社の雰囲気や先輩の格好を学びながら、徐々にオフィスカジュアルをマスターしていってほしいと思います。

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別