女性の気になる体脂肪率のハナシ

 

皆さんは自分の体脂肪率をご存知でしょうか?最近だと、体重計に乗るだけで簡単に自分の現在の体脂肪率が確認できるという「体脂肪計」が搭載された体重計も増えてきていますよね。

女性なら誰もが気になる体脂肪率ですが、体脂肪率とはそもそも何をさすのでしょうか。
脂肪が増えると、あまり健康的にも美容的にも良くないイメージはありますが、体脂肪率は少なければ少ないほどいいのでしょうか?

今回は、簡単にできる体脂肪率の算出方法や理想の体脂肪率、体脂肪が持つ身体の役割についてご紹介します。自分の体のためにも体脂肪をきちんと理解して、上手に体脂肪と付き合っていきましょう。

 

 

体脂肪とは

体脂肪とは、身体に蓄えられた脂肪を指し、主に身体の脂肪細胞に蓄えられています。また、体脂肪率とは自分の体重における体脂肪の比率をパーセンテージで表した「脂肪の割合」のことを指します。

体脂肪は、「皮下脂肪」と「内臓脂肪」と呼ばれる2つの種類に分けられます。それぞれにつきやすい場所などの特徴が異なるのです。

体脂肪とは、身体に蓄えられた脂肪のことで、主に身体の脂肪細胞に蓄えられています。また、体脂肪率とは自分の体重における体脂肪の比率をパーセンテージで表した「脂肪の割合」のことを指しています。

体脂肪は、「皮下脂肪」と「内臓脂肪」と呼ばれる2つの種類に分けられます。それぞれにつきやすい場所などの特徴があります。

〇皮下脂肪

皮下脂肪とは、皮膚組織の一部にある脂肪をさします。
この皮下脂肪は少しずつ蓄積されていくという特徴があります。皮下脂肪が特につきやすい場所としては、下腹部、お尻、太ももなどにつくことが多いです。外見を気にする女性の天敵ともいえる脂肪ですね。

脂肪は年齢とともに燃焼しにくくなるため、歳を重ねるごとにブヨブヨと蓄積されていき、目立ってきます。そんな目立ちやすい皮下脂肪ですが、一度ついてしまうとなかなか落ちにくいのが特徴です。

皮下脂肪型肥満は女性に多く、別名洋ナシ型肥満とも言われます。

 

〇内臓脂肪

内臓脂肪とは、腹筋の内側にある壁の脂肪のことをいいます。外からは脂肪が確認しにくいことが特徴の一つです。内臓脂肪は、腸間膜と呼ばれる場所につきやすいと言われています。

また外見ではわかりづらく、いつの間にか蓄えてしまっているという人が多いのも特徴です。
内臓脂肪は、短期間で蓄積されやすい一方、燃焼しやすいと言われています。ダイエットの際は、まずこの内臓脂肪から落としていきましょう!

 

体脂肪は少なすぎても多すぎても危険!?

体脂肪は、実は少なすぎても多すぎても身体に様々な影響を及ばすことがあると言われています。

脂肪が少なすぎると、不足した栄養を補給しようと筋肉を消費します。そのため筋肉量が減ってしまいます。
また、脂肪がないことにより、妊娠しにくくなってしまう可能性があります。体脂肪率が15%を切ると、妊娠率が低下すると言われているので、一概に体脂肪を減らしすぎるのは身体にいい、とは言えないでしょう。

体脂肪が多すぎた場合には生命をも脅かす「生活習慣病」を引き起こす危険も多いに考えられます。
体脂肪が増えると血液中の中性脂肪やコレステロールが増え、インスリンの働きが低下することで血糖値が上昇します。動脈硬化や高血圧、糖尿病などの生活習慣病が起きるリスクが高まります。

皮下脂肪型肥満の場合には、動脈硬化の心配は少ないですが、月経異常や関節痛、睡眠時無呼吸症候群を発生しやすく要注意です。

 また、体脂肪が少ない場合にも様々な不調を引き起こします。その不調の原因は、身体にとっての体脂肪の役割に大きく関わっています。

 

 

体脂肪のもつ役割とは

体脂肪は少なければ少ないほど良いと考えるのは、大変危険です。体脂肪は必要のないものと考えてしまっている人も多いかもしれませんが、実は体脂肪は以下のような役割を持っています。

〇体温調節

体脂肪は身体を覆うことで、身体を保温する効果を持っています。
体脂肪の少ないやせ型の女性には、冷え性や低体温症の方も多く、体温は健康に大きく関わっています。体脂肪が少ないと体温が下がり免疫力が落ちるために、風邪などにかかりやすいです。

〇ホルモンの分泌

体脂肪の代表でもある脂肪細胞は、「レプチン」や「アディポネクチン」と呼ばれるホルモンを分泌しています。「レプチン」は食欲の抑制に効果があるとされており、食べ過ぎを防ぐ働きがあります。
一方、「アディポネクチン」には傷ついてしまった血管を修復する働きなどを持っています。

 

〇エネルギーの備蓄

体脂肪はエネルギーの備蓄を行っています。
エネルギーが足りなくなると、脂肪を燃焼させて必要なエネルギーを補っています。エネルギーの備蓄機能は、もし食事などで栄養をとらない場合にも脂肪が分解されていき、臓器に栄養が届くのだそうです。

脳が危険と判断すると、体脂肪をエネルギーの代わりに使わず、筋肉を消費してエネルギーを補おうとします。筋肉がどんどん痩せてしまうと、身体が弱くなっていきます。

体脂肪はそれだけ生きていく上で重要なポジションを担っているのです。
また、脂肪はクッションの役割もしています。皮下脂肪は身体を外部の衝撃から身を守るためについています。そのため、体内では内臓を正しい位置に保ち、他の骨や筋肉が傷つかないようにする役割があります。

このように様々な役割をもつ体脂肪は、体脂肪率の標準ぐらいをキープして良い働きをしてもらう必要がありますね。

 

次のページ
気になる体脂肪率の基準値とは?

1 2

 

 

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別