女性の気になる体脂肪率のハナシ

誰もが気になる体脂肪率ですが、これはいったいそもそも何でしょうか。脂肪が増えると良くないイメージはありますが、体脂肪率は少なければ少ないほどいいのでしょうか?今回は、体脂肪率の算出方法や理想の体脂肪率、体脂肪が持つ身体の役割についてご紹介します。体脂肪をきちんと理解して付き合っていきましょう。

 

体脂肪とは

体脂肪とは身体の脂肪細胞に蓄えられた脂肪のことで、体脂肪率は自分の体重における「脂肪の割合」のことです。
脂肪とは皮下脂肪と内臓脂肪のことをいいます。

内臓周りにつく脂肪が内臓脂肪、指でつまめる脂肪は皮下脂肪です。皮下脂肪は少しずつ蓄積され、主にお腹や太もも・お尻につきます。一度ついてしまった皮下脂肪は落ちにくいです。内臓脂肪は短時間で蓄積されやすいですが、落ちやすい特徴があります。体脂肪が増えると血液中の中性脂肪やコレステロールが増え、インスリンの働きが低下することで血糖値が上昇します。そのため体脂肪が増えると、動脈硬化や高血圧、糖尿病などの生活習慣病が起きるリスクが高まります。

女性に多い皮下脂肪型肥満は、別名洋ナシ型肥満とも言います。動脈硬化の心配は少ないですが、月経異常や関節痛、睡眠時無呼吸症候群を発生しやすく要注意です。

体脂肪のもつ役割とは

では、体脂肪は少なければ少ないほど良いのでしょうか。実は体脂肪は体温調節やホルモンの分泌、エネルギーの備蓄を行っています。そのため体脂肪が少ないと免疫が落ち、風邪などにかかりやすいです。また、脂肪はクッションの役割もしています。皮下脂肪は身体を外部から守るためについており、体内では内臓を正しい位置に保ち、他の骨や筋肉が傷つかないようにする役割があります。またエネルギーの備蓄機能があるために、もし食事などで栄養をとらなくても脂肪が分解されていき、臓器に栄養が届くのだそうです。このように様々な役割をもつ体脂肪は、体脂肪率の標準ぐらいをキープして良い働きをしてもらう必要がありますね。

次ページ
体脂肪率の標準ってどのくらい?

 

1 2

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別