チアシードを取り入れた生活を

皆さんは「チアシード」をご存知でしたか?数年前からダイエットにも効果のある「スーパーフード」として話題を集めておりますが、この「チアシード」の魅力は驚くべき「栄養価の高さ」にあります!
ハリウッド女優も取り入れている「チアシード」ですが、どんな栄養価が含まれているのか、またその栄養価が体にどのような効果をもたらしてくれるのか等ご紹介していきたいと思います。

 

チアシードの栄養価

「チアシード」とは、南米でも食べられてきたシソ科の植物の種です。見た目は「ゴマ」に似ていて「ブラックチアシード」と「ホワイトチアシード」の2種類あります。原産地のアマゾンでは「チアシードと水さえあれば生きていいける」と言われているほどのスーパーフードです。

「チアシード」は豊富な栄養価を持っており、普段の食事に少量加えるだけで無理なく必要な栄養素をしっかりと補給できます。
食物繊維やタンパク質はもちろん、美容にも効果のあるビタミンやミネラルもバランス良く含まれています。
現代は一人暮らしなどで偏った食生活を送っている人が多いので、とっても手軽に栄養素を補える手段として注目を集めているのです。
とくに、現代の人が不足している栄養素「オメガ3」も豊富に含まれているのが魅力としてあげられます。

<チアシードの栄養価の目安>
・オメガ3…鮭の8倍
・食物繊維…玄米の8倍
・タンパク質…インゲン豆の6倍
・カルシウム…牛乳の8倍
・鉄…レバーの2.4倍
・カリウム…バナナの2倍
・マグネシウム…ブロッコリーの15倍
・セリン…亜麻種の4倍
・リン…牛乳の1.1倍

 

チアシードの食べ方

「チアシード」は栄養価が高いので、たくさん食べればよいというわけではありません。水分を吸わせる前の状態で、一日スプーン大さじ1杯(約10g程度)を目安に取り入れましょう。
また、「チアシード」は水分を吸う性質があり、製品によってはそのまま食べてしまうと胃の中の水分も吸ってしまい胃を荒らしてしまうこともあるため、水分を良く吸わせたもの「チアシードジェル」をあらかじめ作っておくと便利ですよ!

<チアシードジェルの作り方>
・準備するもの
保存容器(ビン等)・チアシード・お水(ドクターリセラではミネラルウォーターを推奨しております)
・作り方
保存容器にチアシードを入れ、その10倍のお水(ミネラルウォーター)を加え、よく混ぜます。
例)チアシード10gに対して、お水100ml
5分~10分程度置き、再度よく混ぜましょう。それを1時間ほどさらに置いて、ゼリー状になったら出来上がりです。

 

チアシードをお料理に取り入れる方法

チアシードの取り入れ方で一般的なのが、ドリンクです!コンビニなどでも時々、チアシードの入ったドリンクが売り出されていたときもありました。
普段のドリンクにチアシードを混ぜて、プチプチとした食感を楽しみながらしっかりと栄養補給するのも良いですね。
また、ヨーグルトやスムージーに混ぜていただくのもおすすめです!
チアシード自体は無味無臭なので、本来の味の邪魔をせず、美味しく必要な栄養素が取れるのが魅力です。

 

美と健康のドクターリセラでも

化粧品ブランドでも注目されており、美と健康を追求している化粧品ブランドの「ドクターリセラ」でも、この「チアシード」が販売されています。
7月にリニューアルされる予定でさらなるバージョンアップで、かなり効果が期待できそうですね!美容にもバランス良く栄養を摂ることは必要不可欠になります。
美しくいたいのなら、「チアシード」で体の内側から改善していきましょう!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?スーパーフードの「チアシード」の魅力が少しでもご理解いただけましたら幸いでございます。
普段の食事にちょっと取り入れるだけで、しっかり栄養価が補えるのは本当にうれしいですよね!皆さんも「チアシード生活」初めてみてはいかがでしょうか?

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別