糖質制限ダイエットって?

「糖質制限ダイエット」という言葉を聞いて、なんとなく想像できるけどはっきりどんなものか分からないという方も多いのではないでしょうか。制限という表現に抵抗がある方もいるかもしれませんが、正しく知ることで食生活を変えるきっかけにもなるかもしれません。

今回は「糖質制限ダイエット」について紹介していきたいと思います。

糖質とは?

そもそも糖質とはなにかご存知ですか?糖質は炭水化物、タンパク質、脂質の三大栄養素にあたる炭水化物の一部です。炭水化物とは、人が消化吸収できる「糖質」と消化できない「食物繊維」の二つから成り立ちます。

糖質の主な役割は、重要なエネルギー源の一つになることはもちろん、脳や神経の活動を左右するエネルギー源になることです。「糖質が太る原因だ」と言われる理由は、糖質そのものにあるのでなく、摂りすぎが原因なのです。

まず炭水化物の一日の摂取量を知っておきましょう。炭水化物の摂取量は明確には定まっていませんが、日本人の食事摂取基準では総摂取カロリーの50~65パーセントが炭水化物であることとされています。

 

糖質制限ダイエットのやり方

【1日の糖質摂取量の目安】
・デスクワーク中心の30代男性 287~373g
・デスクワーク中心の30代女性 218~284g

糖質はさまざまな食べ物に含まれていますが、糖質が少ないとされる野菜にも糖質は含まれていますし、調味料にも糖質が含まれています。

例えば1日の糖質摂取量を最も少ない20gにするとなると、主食や甘いものは一切食べることができず、調味料や野菜に含まれる糖質のみを摂取することになると考えておきましょう。白米1膳(150g)に糖質は約55g含まれていますから、毎日1膳ずつ食べるとそれだけで165gの糖質を摂取することになります。それを毎食半分にすれば、糖質は82.5gまで減らせることができるのです。

1 2

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別