人気の「ボタニカル」とは?

テレビやSNSなどで最近何かと人気で、よく耳にすることの多い「ボタニカル」という言葉ですが、皆さんは本来の意味を知っていますか?
何となく、自然由来のからだにやさしいイメージを持っていると思います。
今回は「オーガニックとはどう違うの?」「ボタニカルの特徴って?」など、今さらなかなか人に聞けない様々な「ボタニカル」についての疑問を徹底解説していこうと思います!!

 

「ボタニカル(botanical)」って何?

ボタニカル(botanical)とは、「植物の~」や「植物からつくられた」という意味があります。
つまり、ボタニカルとは「植物由来の成分」を配合したもの全般を指します。
そのため、ボタニカルだからといって全ての成分がからだにやさしいわけではなく、「植物由来の成分」が含まれているというだけなので明確な基準はありませんので、注意しましょうね。
また、人気の「ボタニカル」はヘアケアや化粧品だけでなく、日常生活で観葉植物を飾ったり、植物を育てたりするのも「ボタニカル」に当てはまります。
このように、生活の中に植物を取り入れることを「ボタニカル・ライフ」、さらに、お洋服のデザインなどファッションの中に植物のデザインがあるものを「ボタニカル・ファッション」と呼ぶそうです。
こうしてみると、植物に関係のあるものは全て「ボタニカル」と言えることがわかりますね!

 

「ボタニカル」と「オーガニック」の違い

「ボタニカル」も「オーガニック」も最近はよく聞く言葉ですよね。
では、「ボタニカル」と「オーガニック」の違いについてみていきましょう。
先程もお話したように、「ボタニカル」と呼ばれるものは非常に幅が広く、「植物由来の成分」を少しでも含んでいればすべて「ボタニカル」と呼べます。
しかし「オーガニック」とは化学肥料や農薬を一切使用せずに、自然本来の力を最大に活かした有機栽培によって育てられた植物からとれた成分を利用しています。
要するに、「オーガニック」は「ボタニカル」の一種ということです。
ボタニカルとオーガニックは似たような意味ですが、同じではないのでしっかりと覚えておきましょう。
からだにやさしい良いものだけを使いたいという方は、「ボタニカル」の中でもからだにやさしいものを選んだり、有機栽培のやさしい「オーガニック」を選んだりすることをおすすめします。

 

「ボタニカル」が選ばれる理由

結局、「ボタニカル」はからだにやさしいわけじゃないの?と疑問を抱いた方も多いと思います。
もちろん、そんなことはありません。
「ボタニカル」は植物本来が持つ「水分」「オイル」「エキス」などの素晴らしい力を利用しているので、添加物などの化学物質ばかりを取り入れたものに比べ、とってもナチュラルでやさしいものが多いです。
また、古くから「薬草」「漢方」などの植物はわたしたちの生活をサポートしてくれました。
「ボタニカル」は、私たちの生活に古くから根付いている「植物の力を感じて生活を豊かにする」という点では、これらと同じなのかもしれませんね。

 

「ボタニカル」を取り入れた生活を

最近では「ボタニカル」を謳っている商品の人気が上がっているのも頷けますね。
観葉植物の中では、マイナスイオンを発生し、リラックス効果を高めるなど空気をきれいにしてくれる「オリヅルラン」や「サンスベリア」のような植物もあります。
また、例えばハーブを育てて、とれたてのフレッシュハーブを使ったお茶を楽しんで、気持ちをリセットしたりといったリフレッシュ効果もあります!このように、日常の様々なところに「ボタニカル」を取り入れてみるのもとってもおすすめですよ!

 

まとめ

いかがでしたか?「ボタニカル」について今まで知らなかったこともたくさん発見できたと思います。
この知識を活かせば、もっとからだにやさしく環境にも良い「ボタニカル・ライフ」を満喫できるのではないかと思います。
ぜひ、皆さんも「ボタニカル・ライフ」を楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

 

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別