すっぴんで開放的な生活を!お肌に優しいすっぴん&すっぴん風メイク

日々の暮らしのなかで、仕事の時はもちろん、友人や恋人と会う時もメイクをしてお出かけしますよね。
しかし、毎日の化粧は肌が休まるときがありません。
そんなこと言っても化粧はするのがマナーだし…と思っている方も、肌の休息日をつくってみませんか?

 

すっぴんっていいの?悪いの?

まずはメリットとデメリットをまとめてみました。
<メリット>
・肌の負担が少ない
・メイク用品代が浮くので経済的
毎日メイクをしている方は化粧品代がかかってしまいますね。少しでも抑えることができるとうれしいです。
・メイクに時間がかからない
家を出る前は忙しいので、メイクしないと余裕ができます!
・化粧崩れを気にしなくて済む
夕方の顔のテカリも気にする必要がありません。

<デメリット>
・疲れが顔に出やすい
上記と同様に、目の下のクマや顔の疲れを化粧でカバーできません。
・仕事ではメイクしていないと失礼だと思われそう
職場にもよりますが、お客様に会う時等すっぴんで行くことは難しいかもしれません。TPOをわきまえて、内勤の時やお休みの日にすっぴんがいいかもしれませんね。

 

基本のすっぴん風メイク

家にいるときは、顔を洗い化粧水を塗るなどしたケアを行うといいですが、外出するときには完全なすっぴんは恥ずかしい、紫外線が気になるということがあると思います。
その時は薄くするだけでいい、すっぴん風メイクにチャレンジしてみましょう!
・日焼け止め
紫外線対策をしたい方は日焼け止めだけ塗ってお出かけがいいと思います。肌がきれいな方はこれで十分ですね。
・おしろい(フェイスパウダー)
お買い物に行って知り合いに会うかも…という時も、UV効果のあるおしろいをつければナチュラルなのに綺麗に見えます!

さらに、ここにマスカラだけ、チークだけ、リップだけ、と部分のみのメイクをすればその日の気分に合わせることもできます。ナチュラルできれいな人は親しみを持ちやすく、好感が持てるので、たまの息抜きとしてでも取り入れてみてください!

 

すっぴんの時のポイント

化粧しないことで肌へのダメージを減らせますが、一番の敵は紫外線です!すっぴんで出かけるときも紫外線対策は絶対にしましょう。
そしてもう一つ、乾燥対策も必要です。冬はもちろん、夏も空調の関係で肌は乾燥しています。保湿力はメイクするときと同様に大切なことなので、肌の保湿機能を整えることも重要です。

 

すっぴんに必要なこと

すっぴんでいるため、すっぴん風メイクをするためには、素肌がきれいだととても素敵ですね。
きれいな肌のためにできることを挙げてみました。

①紫外線対策:ポイントでも書いたように、紫外線には気を付けましょう。
②丁寧な洗顔をする:優しく洗ってあげましょう!
③眉毛はなくさない:自前の眉毛があればすっぴんの時も困りません。カットして整えておきましょう。
④バランスの良い食事:肌は内面からできていきます。
⑤睡眠:7~8時間が適度な睡眠時間だそうです。
⑥運動:エレベーターではなく階段を使ったり、一駅分歩いてみたりと日常行動を見直してみることから始めてみてください。

 

まとめ

いかがでしたか?すっぴんから美しくなれば、メイク時もきっとさらに自信が持てるハズ。
お肌だけでなく、まつげや眉、唇までしっかり意識してケアをしていくことがすっぴん美人への近道です。
日頃から濃すぎるメイクで肌に負担をかけ、強いクレンジングで落としていてはすっぴんはもちろん育ちません!だからこそ肌を休める日があると、自分自身の美しさを整えることができ、化粧をする日も一層綺麗になることができますよ。
化粧をする日と、素肌でいられる日どちらも楽しんでいきたいですね。

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別