睡眠と美容の関係

美容を気にする女性は多いと思いますが、実は睡眠と美容には大きな関わりがあるのです。
そのため、規則正しい時間帯に寝ていなかったり、睡眠不足が続いていたりすると、女性らしさや、お肌の美しさを保つのに欠かせない成長ホルモンの分泌への影響はとても大きいそうです。
今回は睡眠がどのように美容と関わっているのかについて紹介していきたいと思います。

睡眠中にはホルモンが分泌されている!

 私たちが寝ている間には、美肌を保つためには欠かせないともいえる「成長ホルモン」と呼ばれるホルモンが分泌されています。
この「成長ホルモン」は大人にとっても重要な役割を担っており、傷ついてしまった細胞の修復や疲労回復など様々な働きがあり、私たちの生活をサポートしてくれているホルモンなのです。
もちろん、お肌も定期的にターンオーバーを繰り返しており、常に新しい細胞を生まれ変わり、古い細胞を追い出すことでキレイな状態を保っています。そのため、美容にとってはお肌の細胞分裂や細胞の再生は必要不可欠な存在となります。
つまり、「成長ホルモン」の分泌を促進するために「睡眠」がとっても必要になってくるということです!

大切なのは眠り初めの90分!

ここまでなぜ「睡眠」が美容になって大切になるのかをお話してきましたが、そんなことはもう知っていたという方も多いでしょう。

とくに、夜10時から深夜2時までの時間を、お肌のゴールデンタイムとかシンデレラタイムと聞いたことがあると思います。この時間帯に寝ていることで睡眠中に「成長ホルモン」が分泌されてキレイで健康的なお肌を育むことができるというものなのですが、実は近年の研究では、この「ゴールデンタイムやシンデレラタイムは医学的根拠があるとは言えない」とされているそうなのです。

確かに睡眠時に「成長ホルモン」がたくさん分泌されて、肌の修復など新陳代謝が活発になる傾向があり、医学的にも睡眠中のホルモン分泌は大切だとされています。しかし、夜10時から深夜2時の間という一定の時間帯に眠れば、通常の睡眠よりも多くの成長ホルモンが分泌されるのかというと、そんなことはありません。なぜ、時間帯が関係ないかというと、それは「眠り」の構造にあります。

人の眠りには、2種類の睡眠状態があります。人が寝ているとき、人間の身体は「レム睡眠(脳は活動して体が眠っている状態)」と「ノンレム睡眠(脳も体も眠っている状態)」を繰り返しています。
このレム睡眠とノンレム睡眠のセットが繰り返す周期は約90分程度で、一晩で4~5回繰り返します。
「成長ホルモン」は寝ている時間に関わらず、眠りについてから2~3時間の間に分泌されるという傾向があります。なかでも、最も深い睡眠が訪れるのは、眠り初めの90分なのです!そのため就寝するのが何時であろうと、眠り初めの約90分間に、いかにぐっすり眠れるかどうかが大切になるということです。

 

女性ホルモンの中のエストロゲンには美肌効果が!

「成長ホルモン」のほかにも、美容に欠かせないホルモンがあります。それが、「女性ホルモン」と呼ばれるホルモンです。女性ホルモンには美肌に効果が期待できる働きを持つ「エストロゲン」と呼ばれる卵胞ホルモンがあります。このエストロゲンには、コラーゲンやヒアルロン酸の合成をサポートする作用があるため、肌のハリツヤを保つことができます。また、女性特有の体の丸み帯びたラインや女性の体の健康を支える役割などを担っています。女性ホルモンはこのように、女性らしい体づくりをサポートしてくれる、女性にとって非常に大切なホルモンなのです。女性ホルモンを自力でコントロールするのは難しいので、エストロゲンの減少によるダメージを抑えたいのであれば、サプリメントで栄養を補助することがおすすめです。

 

女性ホルモンを増やすためには

サプリメントでも女性ホルモンの量をコントロールできるとはいっても、自分の体でできるだけ女性ホルモンの分泌をサポートしてあげたいものですよね。そこで、女性ホルモンを増やすために行いたいのは、寝る時間の前に十分にリラックスできる環境を作ることです。
女性ホルモンを分泌させやすくするためには、質の良い睡眠をとって脳を休ませることが大切です。
寝る時間の前にはリラックスできる自分の好きなことをすると良いでしょう。できれば、温かい飲み物を飲みながら、読書をしたり、睡眠に良いヨガをしたりとのんびりと過ごしましょう。
リラックスすることで、睡眠に入りやすい体内環境を作りやすくなります。リラックスできるといっても、寝る前のスマートフォンやパソコンを操作するのは避けた方がいいでしょう。

次ページ
美肌を作る質の良い睡眠のコツ

1 2

 

 

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別